ニオイバンマツリの花言葉|花の特徴と名前の由来

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

ニオイバンマツリの花言葉や花の特徴、名前の由来をご紹介。ニオイバンマツリの花は、咲き始めは紫、最終的には白に変化し、花にはさわやかな香りがある常緑の低木です。

目次

ニオイバンマツリの花言葉

ニオイバンマツリの花言葉は「幸運」「夢の名」「浮気な人」

目次に戻る≫

ニオイバンマツリについて|基本情報

科・属 ナス科・バンマツリ属(ブルンフェルシア属)
和名 匂蕃茉莉
英名 Yesterday-today-and-tomorrow
学名 Brunfelsia latifolia
原産地 南アメリカ・ブラジル
開花期 4月~7月

目次に戻る≫

ニオイバンマツリの特徴|花の特徴、名前の由来

canva ニオイバンマツリ

ニオイバンマツリは、春から初夏にさわやかな香りを漂わせながら開花するナス科の常緑低木。南米やブラジル原産で、自然の環境下での開花時期は4月~7月ですが、温室などでこの気候と同等の温度を保っていれば、ほぼ一年中花を咲かす周年開花をします。

 

canva ニオイバンマツリ

ニオイバンマツリの花弁は5枚で、同じ場所から2輪ほど咲かせる特徴があります。株を覆いつくすほどたくさんの花が咲き、紫~薄い紫~白と色が変化し、木全体の色合いも日毎に変わります。このような特徴から英名では、「Yesterday-today-and-tomorrow」と呼ばれています。

漢字の「匂蕃茉莉」は、「匂」は香り、「蕃」は外国、「茉莉」はジャスミンを意味し、「外国から来たジャスミンの香りがする花」ということでつけられましたが、実際にはナス科の植物なので、ジャスミンとは分類上は別の植物です。

目次に戻る≫

 

ニオイバンマツリの育て方はこちら

 

▼366日誕生花一覧


▼前向きな花言葉一覧

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ニオイバンマツリの花言葉|花の特徴と名前の由来」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス