ニオイバンマツリの育て方|植物図鑑

植物名
ニオイバンマツリ
学名

Brunfelsia australis

英名
Yesterday-today-and-tomorrow
科名
ナス科
属名
ブルンフェルシア属
原産地
南アメリカ・ブラジル

ニオイバンマツリの特徴

ニオイバンマツリの開花時期は4月~7月の温暖な気候の時期ですが、この気候と同等の温度を保っていれば次から次へとほぼ一年中花を咲かす周年開花をします。剪定や植えつける場所によって成長度合いは変わって良き、大きく育てたいのならうまくいくと3m近い樹木になります。広がる枝から無数の葉をつけ、形は楕円形、触ると固く、色は濃い緑です。花は花弁が5枚集まり、同じ場所から2輪ほど咲かせます。ニオイバンマツリの花はその色が最も特徴で、咲きはじめは濃い紫、そして時間が経つにつれて、薄い紫、最終的には白い色に変色します。一つの種類で三色もの色が楽しめる、とてもお得な花なのです。

ニオイバンマツリの詳細情報

園芸分類 庭木、常緑
耐寒性 やや弱い
耐暑性 普通

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング