タンポポ(蒲公英)の花言葉|種類、花の特徴、色別の花言葉

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

タンポポ(蒲公英)の花言葉と種類、花の特徴、色別の花言葉についてご紹介。タンポポ(蒲公英)は愛の花言葉を持つ春の野草。

目次

タンポポ(蒲公英)の花言葉

タンポポ

タンポポ(蒲公英)の花言葉は「愛の信託」「真心の愛」「幸福」

目次に戻る≫

タンポポ(蒲公英)について|基本情報

科・属  キク科・タンポポ属
和名  蒲公英
英名  Dandelion
学名  Taraxacum
原産地  ヨーロッパ
開花期  3月~5月

目次に戻る≫

タンポポ(蒲公英)とは|花の特徴と花言葉の由来

タンポポ

タンポポは可愛らしい黄色い花を咲かせるキク科の多年草です。春になると道端、空地、公園、お庭、アスファルトの割れ目まで、あらゆるところで見かけます。草丈は3cmくらいから10cmを超えるものまで、個体差があります。

 

タンポポの葉の特徴 タンポポの葉はロゼットといわれる放射状に広がります。さらに1枚1枚の葉にはノコギリのようなギザギザとした切れ込みが入っています。英名のdandelion(ダンデライオン)やドイツ語のLöwenzahn(レーヴェンツァーン)は、このギザギザした葉をライオンの歯に見立てて名付けられたと言われています。

タンポポの葉は地面に平たく、ロゼットと呼ばれるバラの花の形のような、放射状に広がる形をしています。ギザギザとした切れ込みの入った葉の中心から花茎を出し、花が開花します。その葉は冬の間もグリーンを絶やさず、静かに春の到来を待っています。

タンポポの花は1本の花茎に1つしか咲きません。タンポポによく似た花との見分け方として、1本の花茎から花がいくつも咲いていたらタンポポではないということがわかります。

 

たんぽぽの綿毛の特徴 丸くふわふわとしたたんぽぽの綿毛の魅力は筆舌に尽くしがたいものがあります。 たんぽぽの綿毛は実はタネ たんぽぽの綿毛とは、たんぽぽの種子です。花が終わるとつぼみむように閉じて、種子が熟すともう1度開きます。 種子の先端には羽毛のような綿毛がついています。たんぽぽの小さな花の数だけ種子ができるので、きれいな球体の綿毛が出来上がります。 綿毛を遠くに飛ばす仕組み たんぽぽの綿毛は種子が完熟して乾燥すると、風に吹かれて飛んでいきます。これは綿毛がパラシュートのような役割を果たしているからです。風でたくさんの種子を遠くまで飛ばしていく、たんぽぽの子孫を増やすための知恵です。 たんぽぽの綿毛は雨の日は開かない たんぽぽの綿毛は雨の日には開きません。雨で綿毛が濡れてしまうと飛ぶことができなくなるからです。効率よく種子を飛ばそうという、たんぽぽの賢さに感心させられます。

子供のころ、タンポポの綿毛を吹いて遊んだ方も多いのではないでしょうか。この綿毛はタンポポの種子です。花が終わるとつぼみむように閉じて、種子が熟すともう1度開きます。

タンポポの綿毛は、種子が完熟して乾燥すると、風に吹かれて飛んでいきます。これは綿毛がパラシュートのような役割を果たしているからです。風でたくさんの種子を遠くまで飛ばしていく、タンポポの子孫を増やすための知恵です。

タンポポの花言葉は、「タンポポの綿毛を一息で吹き切ることができれば恋心が叶う」というヨーロッパで昔から親しまれてきた恋占いに由来します。

目次に戻る≫

タンポポ(蒲公英)の種類

大きく分けるとタンポポは、在来種(もともと日本で育っていた種)と外来種(海外からやってきた種)があります。また、主に関西より南の地域に自生している白い花のシロハナタンポポがあります。

都心で見るタンポポ(蒲公英)のほとんどは外来種

都心で見るタンポポの多くは、セイヨウタンポポという種類で海外からやってきた外来種です。

日本のタンポポ(蒲公英)はどこに?

日本のタンポポも昔は近くに生息していましたが都市化の影響で生息地が減り、丈夫で強い外来種のタンポポが生息しています。

在来種のタンポポは、有性生殖(ゆうせいせいしょく)といって、2つの個体がいないと新たな子孫を作れないのに対し、外来種のセイヨウタンポポは単為生殖で1つの個体で子孫をつくることが出来ます。また、植物体を切ると出てくる白い液は、アレロパシー作用(他の植物や虫を寄せ付けない作用)を持つ乳液です。そのおかげで、虫に食べられないとも言われています。繁殖力が強い外来種のタンポポは都心に生息地を増やし、自然あふれる野山の地域には在来種のタンポポがいることから都市化の指標生物ともなっています。

在来種と外来種タンポポは、どこで見分けるのか。まずひとつは開花時期です。外来種のタンポポは通年咲いています。それに比べ、在来種のタンポポは春の短い期間に咲きます。また、日本のタンポポは外来種に比べて、少し小ぶりです。

咲き方の違いは、黄色い花の下にあるガク片の部分を総苞片(そうほうへん)と呼び、その部分が反りかえっているのは外来種のタンポポ。在来種のタンポポは、反りかえっていません。

 

▼タンポポ(蒲公英)の育て方

 

▼タンポポ(蒲公英)の関連記事

 

目次に戻る≫

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「タンポポ(蒲公英)の花言葉|種類、花の特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花と花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス