タンポポの綿毛でドライフラワーを作ってみない?コツや楽しみ方

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

春になるとあちらこちらの道端で咲き始めるタンポポ。お日様のような明るい黄色は、見ている人の気持ちをほっこりさせてくれる愛らしいお花です。子どもの頃、タンポポの綿毛を吹いて飛ばして遊びませんでしたか。風に乗って見えなくなっていく綿毛を目で追いかけるのを楽しみませんでしたか。

そんなノスタルジックな気持ちにさせてくれるタンポポの綿毛をドライフラワーにして楽しんでみましょう。手のひらのなかで時間を止めたような感覚が味わえますよ。

タンポポの綿毛のドライフラワーの作り方をご紹介します。

目次

タンポポの綿毛を採取する

綿毛のドライフラワー実践編です。綿毛のドライフラワーを作るために、綿毛を採取しにいきましょう。ドライフラワーにするには開いていない綿毛から始めます。綿毛の蕾を風のない場所で開かせた方がきれいなまん丸が出来るからです。  お散歩しながら黄色のタンポポを目印に綿毛を探します。綿毛は、道端にも空き地にも公園の花壇にもアスファルトの割れ目や乾いた溝の中にまで。色んな所に生えています。  綿毛採取に最適なお天気と見極めポイントをご説明します。

綿毛のドライフラワー実践編です。綿毛のドライフラワーを作るために、綿毛を採取しにいきましょう。ドライフラワーにするには開いていないタンポポの綿毛から始めます。綿毛の蕾を風のない場所で開かせた方がきれいなまん丸が出来るからです。

お散歩しながら黄色のタンポポを目印に綿毛を探しましょう。タンポポの綿毛は、道端にも空き地にも公園の花壇にもアスファルトの割れ目や乾いた溝の中にまで。色んな所に生えています。

綿毛採取に最適なお天気と見極めポイントをご説明します。

お天気と条件

よく晴れた暖かい日を選びましょう。なぜならば気持ちがいいからです。というのは冗談で、雨の日は綿毛が固く閉じてしまっているからです。暖かい晴れの日の方が開きやすいタンポポの綿毛に出会えます。

見極めポイントとコツ

この写真くらいの状態のものがベストです。綿毛の蕾を摘んで帰って、自宅で開かせます。タンポポの綿毛は非常に繊細でちょっとの風や振動で崩れてしまいます。自宅の静かな部屋で一晩から二晩程度水に浸けておきましょう。びっくりするくらいまん丸できれいな綿毛になります。

この写真くらいの状態のものがベストです。タンポポの綿毛の蕾を摘んで帰って、自宅で開かせます。タンポポの綿毛は非常に繊細でちょっとの風や振動で崩れてしまいます。自宅の静かな部屋で一晩から二晩程度茎を水に浸けておきましょう。びっくりするくらいまん丸できれいな綿毛になります。

目次に戻る≫

上手にドライにするための下処理

それでは、採取してきたタンポポの綿毛を可愛く開かせるために下処理をしましょう。  ワイヤーを仕込む 綿毛の茎に#18~22のワイヤーを仕込みます。タンポポの茎の中は空洞になっているので、水分が落ちてハリが無くなるとくにゃくにゃになって途中で折れてしまいます。  綿毛を開かせたらすぐに吊るして飾るのであれば必要ないかもしれませんが、このワイヤーを仕込むひと手間で綿毛の頭がしゃっきりと上を向きます。

それでは、採取してきたタンポポの綿毛を可愛く開かせるために下処理をしましょう。

ワイヤーを仕込む

綿毛の茎にワイヤーを仕込みます。タンポポの茎の中は空洞になっているので、水分が落ちてハリが無くなるとくにゃくにゃになって途中で折れてしまいます。

タンポポの綿毛を開かせたらすぐに吊るして飾るのであれば必要ないかもしれませんが、このワイヤーを仕込むひと手間で綿毛の頭がしゃっきりと上を向きます。

目次に戻る≫

タンポポの綿毛が開いたら完成!

採取してきた綿毛の蕾にワイヤーを仕込み、花瓶などに入れて一晩置きます。早ければ翌朝、遅くても2日ほどでまんまるふわふわな綿毛が開きます。

採取してきたタンポポの綿毛の蕾にワイヤーを仕込み、花瓶などに入れて一晩置きます。早ければ翌朝、遅くても2日ほどでまんまるふわふわなタンポポの綿毛が開きます。

タンポポの綿毛が開いたら、花瓶の水をこぼしてそのままにしておきます。ワイヤーが入っているので綿毛が折れることもなく、そのままの形できれいにドライフラワーになります。

目次に戻る≫

デリケートなタンポポの綿毛。扱いはくれぐれも丁寧に

タンポポの綿毛はとっても繊細で、開いたらすぐに風に乗って飛んで行ってしまいます。春の柔らかい風に乗ってふわりと浮いてしまうくらいの脆さです。スプレーのりで固めても僅かな刺激で崩れてしまいます。取り扱いにはくれぐれもお気をつけください。

タンポポの綿毛はとっても繊細で、開いたらすぐに風に乗って飛んで行ってしまいます。春の柔らかい風に乗ってふわりと浮いてしまうくらいの脆さです。取り扱いにはくれぐれもお気をつけください。

壊れやすい儚さも魅力

屋外で咲いているタンポポの綿毛は開いたら1日で飛んで行ってしまうような儚いものです。そのもろく儚い刹那的な綿毛を手のひらのなかで楽しんでください。

目次に戻る≫

タンポポの綿毛をガーランドにしてみよう!

タンポポの綿毛のドライフラワーが出来たら、麻紐などに結びつけて上から吊るします。柔らかい綿毛のガーランドです。なんだかちょっとほんわかしますよね。

タンポポの綿毛のドライフラワーが出来たら、麻紐などに結びつけて上から吊るします。

柔らかい綿毛のガーランドです。なんだかちょっとほんわかしますよね。

目次に戻る≫

他にもある!タンポポの綿毛の楽しみ方

綿毛の瓶詰を作ってみました。野原を自分のものにしてしまったような、時間を止めてしまったような、そんな気分を楽しめます。

タンポポの綿毛の瓶詰を作ってみました。野原を自分のものにしてしまったような、時間を止めてしまったような、そんな気分を楽しめます。

タンポポの綿毛の瓶詰

口の広い瓶にピンセットで入れていきます。瓶の口に綿毛が触れるとそこで崩れてしまいますので、そーっと慎重にゆっくりと行ってください。

綿毛を瓶に詰めたり吊るしたり。ちょっと懐かしくて優しい気持ちになれるドライフラワーです。春、タンポポが次々と綿毛になっていく季節にちょっと遊んでみませんか。

目次に戻る≫

▼関連記事

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「タンポポの綿毛でドライフラワーを作ってみない?コツや楽しみ方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

おすすめ