泰山木(タイサンボク)の花言葉|種類、花の特徴、花言葉の由来

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

泰山木(タイサンボク)の花言葉と種類、花の特徴、花言葉の由来についてご紹介。泰山木(タイサンボク)は、初夏に優しい香りのする大輪の花が咲くモクレン科の常緑高木。

目次

泰山木(タイサンボク)の花言葉

泰山木(タイサンボク)の花言葉

泰山木(タイサンボク)の花言葉は「前途洋々」「威厳」

目次に戻る≫

泰山木(タイサンボク)について|基本情報

科・属  モクレン科・モクレン属
和名  泰山木
英名  Southern magnolia
学名  Magnolia grandiflora
原産地  北アメリカ
開花期  6月~7月

目次に戻る≫

泰山木(タイサンボク)|花の特徴と花言葉の由来

タイサンボク(泰山木)の特徴

泰山木(タイサンボク)は、樹高が20mにもなるモクレン科の常緑高木で庭木や公園樹として親しまれています。6月~7月に咲く花はとても香りが良いことで知られ、マグノリアとは、モクレンやコブシ、泰山木(タイサンボク)、オオヤマレンゲなどのモクレン科モクレン属の植物の総称です。香水の原料や化粧品の香料の「マグノリア」は、泰山木(タイサンボク)のことです。

▼マグノリアについて詳しくご紹介しています。

 

タイサンボク

つぼみ

初夏に良い香りを漂わせ、直径20cm以上の白い大輪の花を咲かせますが、枝の上の方に花が付くので気づかないこともあります。

 

タイサンボク

泰山木(タイサンボク)の葉は、表は光沢のある深い緑、裏はブラウンのリバーシブルです。独特な雰囲気の葉は枝ものとして流通し、装飾や花束、アレンジ、リースやスワッグの材料として人気があります。生花としては「マグノリアリーフ」という名前がついていることが多いようですが、それはこの泰山木(タイサンボク)のことです。

泰山木(タイサンボク)の花言葉「前途洋々」「威厳」は、艶のある葉と大きく枝を広げて生長する力強さやたくましさを感じる樹形からつけられたようです。

目次に戻る≫

泰山木(タイサンボク)の種類

タイサンボク

ホソバタイサンボク

タイサンボクの変種。基本種より細い葉で、花はやや大きい。花は若いうちから開花する。

タイサンボク・リトルジェム

矮性種。生長は穏やかで樹高3~5m程度。四季咲きで若いうちから開花する。

ヒメタイサンボク

基本種より樹高も花も一回り小さめで、樹高は10m程度。本来は常緑だが、寒冷地では落葉することもある。

ヒメタイサンボク・マッティ メイ スミス

常緑の斑入り品種で樹高5~10m程度。四季咲きで若いうちから開花する。

 

▼泰山木(タイサンボク)の育て方

 

▼泰山木(タイサンボク)の関連記事

 

▼366日誕生花一覧


▼素敵な花言葉一覧

 

目次に戻る≫

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「泰山木(タイサンボク)の花言葉|種類、花の特徴、花言葉の由来」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス