泰山木(タイサンボク)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

泰山木(タイサンボク)は白い大きな花から香る優しい香りの花。香りで人気のマグノリアは泰山木(タイサンボク)が原料です。タイサンボク(泰山木)の花言葉と種類についてご紹介。

 

泰山木(タイサンボク)の花言葉

タイサンボク(泰山木)の花言葉は「前途洋々」「威厳」。

 

タイサンボク(泰山木)について

科・属  モクレン科・モクレン属
和名  泰山木
英名  Southern magnolia
学名  Magnolia grandiflora
原産地  北アメリカ
開花期  6月~7月

 

タイサンボク(泰山木)の特徴

泰山木(タイサンボク)は庭木として親しまれている木です。泰山木(タイサンボク)の花は初夏に大きな白い花が咲き、花からは優しい香りがします。泰山木(タイサンボク)は大きくなるので公園などに植えられていますが、小さめに抑えても花が咲くので庭木としても用いられています。泰山木(タイサンボク)が属するモクレン科の植物は、原始的な特徴をよく残していると言われています。

 

タイサンボク(泰山木)の種類

泰山木(タイサンボク)はモクレンやコブシなどのマグノリアの仲間です。

マグノリアの仲間は、とてもよい香りがする種が多いですが、一般的に「マグノリア」という名前で香水などの香りの成分として使われるマグノリアは、この泰山木(タイサンボク)です。

▼泰山木(タイサンボク)は育て方など詳しい情報はこちら

泰山木(タイサンボク)

  • 泰山木(タイサンボク)は、樹高が20mにもなるモクレン科の常緑高木です。初夏に白く大きな花を咲かせますが、上の方の枝に花が付くので、下から見上げても気付かないことが多いくらいです。花は直径20cm以上はある大きな花で芳香があります。

    香水の原料や化粧品の香料として「マグノリア」と言われる場合は泰山木(タイサンボク)のことを指します。マグノリアとは、モクレン( Magnoliaceae)科モクレン( Magnolia)属の植物の総称です。モクレンやコブシ、泰山木(タイサンボク)、オオヤマレンゲなど全て含まれます。泰山木(タイサンボク)は中でも香りが良い為、香料とし利用されます。

    泰山木(タイサンボク)は葉の表面がツルツルとしていて光沢があるのが特徴です。反面葉の裏側は茶色く、少し毛羽立ったような手触りが特徴です。クリスマス時期になると出回るマグノリアのリースやマグノリアボールなどは、この泰山木(タイサンボク)の葉を使って作られています。

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「泰山木(タイサンボク)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ