トリトマの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

トリトマの花言葉や種類、特徴をご紹介!トリトマは、たいまつをイメージさせるオレンジや黄色の花が咲き、株が育つと草丈60㎝~120㎝くらいまで生長する存在感たっぷりの多年草です。

 

トリトマの花言葉

「トリトマ」の花言葉は「恋するつらさ」「あなたを思うと胸が痛む」。

 

トリトマについて

科・属  ユリ科・シャグマユリ属
和名 赤熊百合
英名  Torch lily
学名 Kniphofia
原産地 南アフリカ共和国
開花期 5月~10月

 

トリトマの特徴

トリトマは、南アフリカ共和国原産の常緑多年草。トリトマの野生種の多くは南アフリカの高地に自生しているため、耐寒性に強い性質があります。

真っ直ぐに伸びる多数の花茎の先に、下向きで筒状のオレンジや黄色の花穂をつける姿は見ごたえたっぷりです。背が高くダイナミックに育つため、花壇の後方に植えるとアクセントになります。トリトマは大きく育つので、庭や花壇に植えるときはそれなりのスペースが必要です。

下向きに咲く筒状の花の色が咲き進むにつれて変化する様子が、燃えるたいまつ(トーチ)を連想させ、トーチリリーの英名がつきました。また、和名の赤熊百合の由来は、トリトマの花穂が赤く染めたヤクの尾の毛に似ているからだそうです。

トリトマは耐暑性、耐寒性ともに優れており、日当たりさえ良ければそれほど手をかけなくてもよく育つ丈夫な植物です。


▼トリトマの関連記事はこちら

 

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「トリトマの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス