イロハモミジ(イロハカエデ)の花言葉|種類、特徴、名前の由来

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

イロハモミジ(イロハカエデ)の花言葉や種類、特徴、名前の由来をご紹介!イロハモミジ(イロハカエデ)は紅葉が美しい代表的な樹木。古くから和風の庭づくりや盆栽などに使われ広く親しまれてきました。

目次

イロハモミジ(イロハカエデ)の花言葉

「イロハモミジ(イロハカエデ)」の花言葉は「大切な思い出」「美しい変化」

目次に戻る≫

イロハモミジ(イロハカエデ)について|基本情報

科・属 ムクロジ科・カエデ属
和名 楓、紅葉
英名 Japanese Maple
学名 Acer palmatum
原産地 日本、アジア
開花期 4月~5月頃

目次に戻る≫

イロハモミジ(イロハカエデ)とは|特徴、名前の由来

落葉樹の植え付け(植え替え)時期|イロハモミジ

カエデ属の中で最も有名な種がこのイロハモミジ(イロハカエデ)。カエデと聞くとカナダの国旗のイメージも強く、北アメリカなどに分布するカエデ類を想像しがちですが、イロハモミジ(イロハカエデ)は日本や中国などのアジア圏に自生するモミジの種類で、いわゆる「モミジ」というのはこのイロハモミジのことを指します。イロハモミジ(イロハカエデ)のちいさな子供の手のような葉は新緑の季節に美しい緑ですが、秋になると一斉に黄色から赤に紅葉します。

イロハモミジ(イロハカエデ)の「イロハ」は、葉の切れ込みの数を数えるのに「イロハニホヘト」を使ったことからついたと言われています。「カエデ」は、葉の形を「カエルの手」にたとえたもの、「モミジ」は、「草木の葉が赤、または黄色くなる」という意味の動詞「もみず」に由来するそうです。カエデの中で、特に目立って葉色が変わるものをモミジと呼ぶようになりました。

「モミジ」というのは気温の変化によって紅葉する植物の総称のようなものでもあり、植物名としては本当は「カエデ」というのが正しく、カエデ類と区別するため英名ではJapanese Mapleと呼ばれています。カエデ属に共通する特徴は、長い柄をもつ葉がすべて対生であることと、果実に2枚の翼があることなどです。

イロハモミジ(イロハカエデ)は東北以南の谷間や川べりに自生していて、たくさんの園芸品種も作られています。イロハモミジ(イロハカエデ)は和風の庭づくりに欠かせない木のイメージですが、葉が小さくて鉢植えにも向いていて、マンションのベランダなどでもコンパクトに仕立てて楽しむことができたり、盆栽としても親しまれています。

目次に戻る≫

イロハモミジ(イロハカエデ)の種類

イロハモミジ(イロハカエデ)の仲間には、オオモミジ、ヤマモミジなど「モミジ」の名がついているものから、ハウチワカエデ、トウカエデなど「カエデ」の名のついたものや、メグスリノキのようにカエデやモミジの名がつかないものもあります。

イロハモミジ(イロハカエデ)は水はけの良い場所を好みますが、ハウチワカエデはやや湿り気のある場所を好むなど、種類によって好む環境が違います。

目次に戻る≫

イロハモミジ(イロハカエデ)の花と実

モミジの花

イロハモミジ(イロハカエデ)は4月~5月頃に花が咲きます。花の大きさは小さくて直径5㎜ほど。紅い小さな花弁から白い雄しべが飛び出すようにして10~20個くらいの花を下向きのドーム型に咲かせます。

 

イロハモミジ

イロハモミジ(イロハカエデ)は花後に実をつけ、秋にその実が熟します。実には翼果(よくか)という羽のような2枚の翼(長さ1.5㎝ほど)がついていて、くるくると回りながらブーメランのように風に飛ばされ、実(種)が遠くまで運ばれるようになっています。

 

▼イロハモミジ(イロハカエデ)の詳しい育て方はこちら

 

▼イロハモミジ(イロハカエデ)の関連記事はこちら

 

▼366日誕生花一覧


▼前向きな花言葉一覧

 

目次に戻る≫

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「イロハモミジ(イロハカエデ)の花言葉|種類、特徴、名前の由来」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧