【植物の種に注目】モミジやカエデは新緑の季節も魅力がいっぱい!

アバター画像

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

モミジの種

トゥデイズプランツ、今回ご紹介するのは「モミジやカエデの種」

モミジを含めたカエデの仲間たちが注目されるのは、美しく色づいた紅葉の時期が多いですが、春から初夏にも魅力がいっぱい。

まずは春の4月頃、線香花火みたいな小さな花を無数に咲かせます。とても小さくて正直地味な花ですが、近づいてよく見てみると、なんともかわいらしい花の形をしています。

まずは春の4月頃、線香花火みたいな小さな花を無数に咲かせます。とても小さくて正直地味な花ですが、近づいてよく見てみると、なんともかわいらしい花の形をしています。

 

花が終わった初夏の5月。とてもユニークな形をした種が木に無数にぶら下がっている様を見ることができます。この形を「プロペラ」と表現する人もいれば、ドラえもん世代は「タケコプター」と言う人もいます。

花が終わった初夏の5月。とてもユニークな形をした種が木に無数にぶら下がっている様を見ることができます。この形を「プロペラ」と表現する人もいれば、ドラえもん世代は「タケコプター」と言う人もいます。

 

このプロペラ状の種のことを専門用語で「翼果(よくか)」と言います。これが夏の間、木にぶら下がって、少しずつ乾燥して茶色くなった頃、風にのって木から旅立ち、プロペラのようにくるくると回転して着地した場所で発芽していくという仕組みです。植物たちの子孫を残す力はすごいものです。

このプロペラ状の種のことを専門用語で「翼果(よくか)」と言います。これが夏の間、木にぶら下がって、少しずつ乾燥して茶色くなった頃、風に乗って木から旅立ち、プロペラのようにくるくると回転して着地した場所で発芽していくという仕組みです。植物たちの子孫を残す力はすごいものです。

▼植物の種についてご紹介しています

 

 茶色くなる前の種が見られるのは初夏から夏。赤いものもあればグリーンのものもあります。

茶色くなる前の種が見られるのは初夏から夏。赤いものもあればグリーンのものもあります。

 

こちらは都内でも街路樹としてよく使われているトウカエデの種。

こちらは都内でも街路樹としてよく使われているトウカエデの種。

 

青葉と種の優しい色あいが見られる新緑のモミジやカエデ。散歩のときに探してみてください。

トウカエデ

青葉と種の優しい色あいが見られる新緑のモミジやカエデ。散歩のときに探してみてくださいね。

 

▼イロハモミジについて詳しくご紹介しています

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「【植物の種に注目】モミジやカエデは新緑の季節も魅力がいっぱい!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー、ライター。 2022年6月、日東書院本社より「植物のきもち ~がんばりすぎないガーデニング」出版。 ギフトや装花などのフラワーコーディネート、自身でコーディネートした作品の撮影、雑誌や会員情報誌への提案など幅広く活動中。現在は植物に関する記事の執筆にも携わる。庭仕事はライフワーク。映画「余命1ヶ月の花嫁」ブーケ製作。

このライターの記事一覧

デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス