シャガ(著莪)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

シャガ(著莪)の花言葉や種類、特徴をご紹介!シャガ(著莪)は、春に白や薄紫色の花を咲かせる植物。耐陰性がありどんどん増えるので、日陰のグランドカバーとしてもよく用いられます。

 

シャガ(著莪)の花言葉

「シャガ(著莪)」の花言葉は「決心」「私を認めて」。

 

シャガ(著莪)について

科・属 アヤメ科・アヤメ属
和名 著莪
英名 fringed iris
学名 Iris japonica
原産地 中国
開花期 4月~5月

 

シャガ(著莪)の特徴

シャガ(著莪)は春に白や薄紫色の花を咲かせる常緑の多年草。雑木林の木陰など、明るい日陰の湿り気のある場所に多く自生していて日本各地でも見ることができます。日陰の下草やグランドカバーにも適していますが、あまり暗すぎると花つきが悪くなります。葉はやや厚く光沢があり、草丈は30~70㎝ほどです。

シャガ(著莪)の名前は、似ているヒオウギ(檜扇)と間違われてヒオウギ(檜扇)の中国名である射干(she gan)と呼ばれたことに由来していると言われています。射干を日本語読みしてシャガ(著莪)になったという説があります。

日本のシャガ(著莪)はタネをつくることはせず、長い地下茎を伸ばしてどんどん増えて次々と花を咲かせます。そんな独特の生態を選ぶ決断をしたというイメージから「決心」という花言葉が付けられたそうです。また、シャガ(著莪)があまり日当たりが良くない場所に自生して美しい花を咲かせることから「私を認めて」という花言葉が付きました。

シャガ(著莪)の種類

シャガ(著莪)の花色には、白、淡い紫、淡い青などがあります。

シャガ(著莪)の仲間として、草丈が低く花も小さいヒメシャガ(姫著莪)、葉に白いスジが入ってるスジシャガ(斑入りシャガ)などがあげられます。

 

▼シャガ(著莪)の関連記事はこちら

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「シャガ(著莪)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【数量限定・送料無料】"世界で1つだけの苔玉” みんなで作ろう!ストアオリジナル・初めての苔玉DIYキット(ポトス・グローバルグリーン)【10/29発送】

販売価格:3,850円(税込)

【事前予約・11月上旬発送】チューリップ 球根 スラワ 5球入り

販売価格:660円(税込)

【限定販売・10/27〆切】寒さに強く・長く咲く!フリル咲きビオラ「ミルフル 3苗」栽培セット(鉢・土・鉢底石付き)

販売価格:1,980円(税込)

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A