アスチルベの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

アスチルベの花言葉や種類、特徴をご紹介!アスチルベは、小さな花が集まって円錐形にふわふわと咲きます。日本の気候に合った育てやすい丈夫な多年草です。

 

アスチルベの花言葉

アスチルベの花言葉は、「恋の訪れ」「自由」「落ち着いた明るさ」。

 

アスチルベについて

科・属 ユキノシタ科・アスチルベ属
和名 チダケサシ、アワモリショウマ
英名 Astilbe
学名 Astilbe
原産地 東アジア、北アメリカ
開花期 5月~9月

 

アスチルベの特徴

アスチルベは日本の山野にも自生する多年草。円錐形の花茎を伸ばし、白やピンクの小さな花をふんわりと可憐に咲かせます。優しい印象でナチュラルな花姿は和風にも洋風にもよく合います。梅雨の時期から咲き始めますが、雨に当たっても花が傷まない特長があります。  日本の多湿が苦手な園芸品種が多い中、アスチルベは多湿に強く根腐れの心配もありません。耐陰性もあるので半日陰や明るい日陰でも育ち、シェードガーデンに彩を添えてくれます。花が終わった後も冬まで葉をよく茂らせるため、グランドカバーとしても使えます。真冬は地上部を枯らして越冬します。  アスチルベの学名Astilbeは、ギリシア語の「a(~がない)」と「stilbe(ギリシャ神話の輝きの妖精、きらめきを意味する)」が合わさっていて、葉につやがなく、花が小さく地味であまり目立たないことに由来すると言われています。  アスチルベの花言葉「恋の訪れ」は、小さなつぼみがたくさんつき、やがてふわふわした花を咲かせる様子から付けられました。「自由」は、花穂が風にゆれている様子からイメージされています。「落ち着いた明るさ」は、華やかではないけれど奥ゆかしい控え目な可愛らしさがあることから付けられました。

アスチルベは日本の山野にも自生する多年草。円錐形の花茎を伸ばし、白やピンクの小さな花をふんわりと可憐に咲かせます。優しい印象でナチュラルな花姿は和風にも洋風にもよく合います。梅雨の時期から咲き始めますが、雨に当たっても花が傷まない特長があります。

日本の多湿が苦手な園芸品種が多い中、アスチルベは多湿に強く根腐れの心配もありません。耐陰性もあるので半日陰や明るい日陰でも育ち、シェードガーデンに彩を添えてくれます。花が終わった後も冬まで葉をよく茂らせるため、グランドカバーとしても使えます。真冬は地上部を枯らして越冬します。

アスチルベの学名Astilbeは、ギリシア語の「a(~がない)」と「stilbe(ギリシャ神話の輝きの妖精、きらめきを意味する)」が合わさっていて、葉につやがなく、花が小さく地味であまり目立たないことに由来すると言われています。

アスチルベの花言葉「恋の訪れ」は、小さなつぼみがたくさんつき、やがてふわふわした花を咲かせる様子から付けられました。「自由」は、花穂が風にゆれている様子からイメージされています。「落ち着いた明るさ」は、華やかではないけれど奥ゆかしい控え目な可愛らしさがあることから付けられました。

 

▼アスチルベの詳しい育て方はこちら


▼アスチルベの関連記事はこちら

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「アスチルベの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス