アルストロメリアの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

アルストロメリアは存在感抜群の色鮮やかな花びらを持つ初夏の花。色別のアルストロメリアの花言葉と種類についてご紹介。

 

アルストロメリアの花言葉

色別のアルストロメリアの花言葉をご紹介。

アルストロメリア」の花言葉は「持続」「エキゾチック」。

蒼のアルストロメリアの花言葉は「知性」「冷静」。

ピンクのアルストロメリアの花言葉は「気配り」。

赤のアルストロメリアの花言葉は「幸い」。

黄色のアルストロメリアの花言葉は「持続」。

オレンジのアルストロメリアの花言葉は「友情」。

白のアルストロメリアの花言葉は「凛々しさ」。

 

アルストロメリアについて

科・属  ユリズイセン科・ユリズイセン属
和名  アルストロメリア
英名  Lily of the Incas
学名  Alstromeria
原産地  南アメリカ
開花期  4月~7月頃

 

アルストロメリアの特徴

アルストロメリアは球根の植物です。鉢植えでも地植えでも育てられます。球根から伸びた茎はおよそ50cmまで伸びます。アルストロメリアの葉は茎からその背を伸ばしますが、根元の所でぐるりと反転してそのまま育ちます。私たちが見ている葉は実は裏返しなのです。そして、茎の先端に花がついており、特徴的な色合いを見せています。

アルストロメリアの咲かせる花は花びらが6枚。外側と内側3枚ずつ形が違います。外側は大きく丸みを帯びた花びら、外側よりもひと回り小さな花びらが内側に3枚。花びらにはまだら模様、縞模様がついているのが特徴です。

学名の「Alstroemeria」は、アルストロメリアの種を南米の旅行中に採取したスウェーデンの植物学者であるリンネが、親友の名前にちなんでつけたといわれています。和名では「ユリズイセン」とも呼ばれますが、その花姿から「ペルーのユリ」などとも呼ばれています。

 

アルストロメリアの種類

アルストロメリアは品種がとても豊富な植物。原種は50種類ほどだと言われていますが、交配、品種改良が行われ100種類にも達すると言われています。色も赤、ピンク、白、黄、オレンジ、紫など目にも鮮やかなその色彩からガーデニングやフラワーアレンジメントなどにもよく使われます。

アルストロメリアの育て方など詳しい情報はこちら

アルストロメリア

  • アルストロメリアは球根の植物です。鉢植えでも地植えでも育てられます。

    球根から伸びた茎はおよそ50cmまで伸びます。葉は茎からその背を伸ばしますが、根元の所でぐるりと反転してたまま育ちます。私たちが見ている葉は実は裏返しなのです。そして、茎の先端に花がついており、特徴的な色合いを見せています。

    原種は50種類ほどだと言われていますが、交配、品種改良が行われ現在ではその数は100種類ほど。アルストロメリアの咲かせる花は花弁が6枚。外側と内側3枚ずつ形が違います。外側は大きく丸みを帯びた花びら、外側よりも一回り小さな花びらが内側に3枚。花びらにはまだら模様、縞模様がついているのが特徴です。

アルストロメリアの関連記事

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「アルストロメリアの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ