アルストロメリアの育て方|植物図鑑

植物名
アルストロメリア
学名

Alstromeria

英名
Lily of the Incas
和名
ユリズイセン・インカノユリ
別名・流通名
ペルーのユリ・インカ帝国のユリ
科名
ユリズイセン科
属名
ユリズイセン属
原産地
南アメリカ

アルストロメリアの特徴

アルストロメリアは南アフリカが原産の球根植物です。鉢植えでも地植えでも育てられます。

球根から伸びた茎は高さ30㎝程の小型種から1mになる高性種まで幅広い草丈の種類があります。原産地では湿地帯、森林、砂漠など様々な場所に50種類ほど自生しており品種によって生育環境が違います。アルストロメリアの葉は、はじめは茎から新芽を伸ばしますが根元の所でぐるりと反転して育ちます。私たちが見ている葉は実は裏返しなのです。茎の先端に花がついており、特徴的で個性的な色合いを見せています。

原種は50種類ほどだと言われていますが、現在では交配、品種改良が行われ100種類ほどあります。アルストロメリアの花は花弁が6枚。外側と内側3枚ずつ形が違います。外側は大きく丸みを帯びた花びら、外側よりも一回り小さな花びらが内側に3枚。花びらにはまだら模様、縞模様がついているのが特徴です。

アルストロメリアの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 30cm~1m
耐寒性 弱い
耐暑性 弱い
耐陰性 弱い
花色 白、ピンク、黄、オレンジ、紫、グリーン、赤、茶
開花時期 5月~7月頃

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング