四角豆(シカクマメ)の花言葉|花と実の特徴や食べ方

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

四角豆(シカクマメ)の花言葉や花と実の特徴と食べ方をご紹介。四角豆(シカクマメ)は熱帯アジアが原産のマメ科の野菜。

目次

四角豆(シカクマメ)の花言葉

四角豆(シカクマメ)の花言葉は、「思いやり」

目次に戻る≫

四角豆(シカクマメ)について|基本情報

科・属 マメ科シカクマメ属
和名 四角豆(しかくまめ)、うりずん豆(沖縄での呼び名)
英名 Winged bean(英語)、haricot aile(フランス語)
学名 Psophocarpus tetragonolobus
原産地 熱帯アジア
開花期 7月~9月

目次に戻る≫

四角豆(シカクマメ)とは|花と実の特徴

四角豆(シカクマメ)は熱帯アジアが原産のマメ科の野菜で、サヤの断面が四角形をしていることが名前の由来です。野菜としての出回りは若干量なので、今のところ珍しい野菜かもしれません。沖縄では「うりずん豆」と呼ばれます。

シカクマメ

四角形のサヤの四隅は翼のようなひだがあり、ギザギザした形のユニークな見た目をしています。この翼のようなサヤから、英名は「Winged bean」という名がついています。

 

四角豆(シカクマメ)

夏から秋にかけてスイートピーに似た、美しい淡い青~紫色の花が開花し、その後サヤが10~15cmくらいになったら収穫の目安です。サヤを食べるのが一般的ですが、花や葉、塊根、豆も食べることができます。

 

シカクマメ

明るい緑色のサヤは、サヤインゲンと同じような調理法で食べることができ、サヤも不思議な形をしていますが、刻むと断面もユニークで、料理の飾りつけに使うと面白い素材です。

 

四角豆(シカクマメ)

本来は多年草ですが、耐寒性はないため、日本では一年草として扱われます。明るい緑色の葉のつるは2~4mほど伸びるので、観賞目的のグリーンカーテン素材として使われることもあります。

目次に戻る≫

四角豆(シカクマメ)の食べ方

四角豆(シカクマメ)は、シャキシャキとした食感でほのかな苦味があり、サヤインゲンのような味わいです。サラダ、天ぷら、お浸し、炒め物、和え物、スープなどの汁物など、さまざまな料理に活躍します。

下ごしらえ

天ぷらは下茹でなしで調理することもありますが、その他の料理には下茹でしたものを使うのが一般的です。茹で方は、塩を入れた熱湯で1~2分程度下茹でします。熱湯から上げたら冷水に取り色止めをします。茹ですぎると色が悪くなるので注意しましょう。

 

▼四角豆(シカクマメ)の育て方

 

▼366日誕生花一覧


▼前向きな花言葉一覧

 

目次に戻る≫

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「四角豆(シカクマメ)の花言葉|花と実の特徴や食べ方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花と花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス