バプテシア(ムラサキセンダイハギ)の花言葉|種類、花の特徴

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

Adobe Stock

バプテシア(ムラサキセンダイハギ)の花言葉や種類、花の特徴をご紹介。バプテシア(ムラサキセンダイハギ)は、初夏にルピナスに似た花が開花する北アメリカ原産のマメ科の宿根草。

目次

バプテシア(ムラサキセンダイハギ)の花言葉

バプテシア(ムラサキセンダイハギ)の花言葉は、「やわらかな心」「誠実」

目次に戻る≫

バプテシア(ムラサキセンダイハギ)について|基本情報

科・属 マメ科ムラサキセンダイハギ属
和名 紫先代萩
英名 Blue false indigo
学名 Baptisia
原産地 北アメリカ
開花期 5月~6月

目次に戻る≫

バプテシア(ムラサキセンダイハギ)とは|花の特徴

adobe ムラサキセンダイハギ

Adobe Stock

バプテシア(ムラサキセンダイハギ)は、北アメリカ原産のマメ科の宿根草で、初夏にルピナスに似た花が開花します。黄色い花のセンダイハギに似た紫の花を咲かせることが名前の由来です。基本種のムラサキセンダイハギの花色は青紫色ですが、園芸品種が増え花色が豊富になりバプテシアの名で流通しています。

ハギというと秋の花をイメージしますが、バプテシア(ムラサキセンダイハギ)の開花時期は晩春から初夏です。植え付けて数年して大株になると、たくさんの長い花穂を立ち上げ、見ごたえのある風景になります。

暑さ寒さに強く丈夫で植えっぱなしで管理でき、年々大株になる存在感がある宿根草で、広い庭や花壇に植えると効果を発揮します。葉の明るい緑色も初夏から夏の庭を明るくしてくれる存在になります。

目次に戻る≫

バプテシア(ムラサキセンダイハギ)の種類

パプテシア

バプテシア・ダッチ チョコレート

チョコレート色の花でシックでおしゃれな雰囲気。

バプテシア・バニラクリーム

茎の色はダーク系、つぼみは黄色、開花するとバニラ色になる。基本種より背丈が低め。

バプテシア・ペンデュラ(アルバ)

白花で、花茎やガクの部分はシックなダークカラー

バプテシア・ミッドナイト

基本種よりさらに深い紫色。

バプテシア・ピンク トラッフルズ

グレイッシュな大人っぽいピンクの花。

バプテシア・ブルーベリーサンデー

ムラサキセンダイハギの選抜品種。花上がり、花つきが良く、ボリューム感がある。

バプテシア・カロライナ ムーンライト(カロリナ ムーンライト)

クリームイエローの花。花茎はグレイッシュな色。

バプテシア・トワイライトプレーリーブルース

濃い紫色と黄色のシックな複色。咲き進むと色が変化する。

 

▼バプテシア(ムラサキセンダイハギ)の育て方

 

▼編集部のおすすめ

 

▼前向きな花言葉一覧

 

▼366日誕生花一覧

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「バプテシア(ムラサキセンダイハギ)の花言葉|種類、花の特徴」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス