1月26日の誕生花|アマリリス

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

1月26日の誕生花は「アマリリス」です。「アマリリス」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

1月26日の誕生花

1月26日の誕生花は「アマリリス」。

「アマリリス」の花言葉は「誇り」「内気」。

 

アマリリスについて

科・属  ヒガンバナ科・ヒッペアストルム属
和名  アマリリス
英名  Amaryllis
学名  Hippeastrum
原産地  南アメリカ
開花期  4月~6月

 

アマリリスの特徴

アマリリスは花径20cmくらいの地中に鱗茎をつくる球根植物で、太い茎に赤やピンク、黄色などの花を数輪咲かせます。球根を植えて2、3か月で立派な花を楽しめるようになります。中輪の在来種は寒さに強いのですが大輪の品種は寒さに弱く、冬は室内へ移動するか、防寒対策が必要です。

 

アマリリスの種類

アマリリスの花色は白やピンク、赤などがあり、いとくちに赤といっても色々な種類があります。また、花びらに線状の模様が入るものや、葉にも斑が入るものなどがあり、種類は様々。咲き方は一重咲きだけでなく、八重咲きの品種もあります。

 

アマリリスの有毒部分

アマリリスはヒガンバナ科なので有毒植物です。毒があるのは、球根・花・葉部分で、中毒症状としては嘔吐、下痢、血圧低下、肝障害などがあるそうです。誤食はあまりないのですが、これは犬が食べても中毒症状を起こしてしまうことがあります。お庭に植えたアマリリスの球根を犬が掘り起こしてしまいかじって中毒症状になってしまう事例もあるようなので、注意が必要です。

▼アマリリスの育て方など詳しい情報はこちら

アマリリス

  • アマリリスはすっと真直ぐに伸びた茎の先に花径10~20cmくらいのユリに似た花を咲かせる球根植物です。春咲き種は4月~6月、秋咲き種は10月頃に花を数輪咲かせます。花色は赤やピンク、白などがあり、咲き方も一重から八重咲、花びらも尖ったものや丸みを帯びたものなどバリエーションが豊富です。

    アマリリスは花茎と同時に葉が出てくるタイプの球根植物です。葉は大きく30~50㎝程で、光沢のある緑色をしています。花が終わった後は葉のみが残り、気温の低下と共に茶色くなって枯れていきます。

    アマリリスは茎の中が空洞になっている為、自分の花の重みで花茎が折れてしまうことがあります。心配な場合は支柱をする等の工夫が必要です。

    アマリリスは鉢植えの他、切り花でも人気の高い植物です。鉢植えのアマリリスは春と秋が花期ですが、切り花のアマリリスは冬に多く出回ります。

▼アマリリスの関連記事

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「1月26日の誕生花|アマリリス」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ