アマリリスの育て方|植物図鑑

植物名
アマリリス
学名

Hippeastrum

英名
Amaryllis
科名
ヒガンバナ科
属名
ヒッペアストルム属
原産地
南米

アマリリスの特徴

アマリリスはすっと真直ぐに伸びた茎の先に花径20cmくらいの大きな花を咲かせる球根植物で、4月~6月、10月頃に太い茎に赤やピンク、黄色などの花を数輪咲かせます。アマリリスは球根を植えてから2、3か月で立派な花を楽しめるようになります。最近は輸入の球根も多く出回るようになりました。品種によっては初夏に咲くものもありますので、ほぼ通年楽しめます。

アマリリスは一般的に、球根か苗から育てます。球根を選ぶときは、大きくて重さがあり、カビの生えていない球根を選びましょう。苗の場合は太い茎と濃い葉の色のものを選びましょう。葉や茎に赤い斑点がないか葉の裏にダニがいないかを確認して選びます。

アマリリスの詳細情報

園芸分類 球根
草丈・樹高 30cm~60cm
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
花色 赤、白、ピンク、複色
開花時期 4月~6月、10月

アマリリスの種類

アマリリスの品種は豊富なので、簡単に説明をするのは難しいのですが、大きく分けるとアマリリスには原種系と改良された園芸品種とがあります。原種系は花の大きさも小さく、派手さは少ないものが多いです。反して園芸品種のアマリリスは花も大きく、咲き方も一重から八重咲まで。花色も単色から複色までバリエーションが豊富です。

 

アマリリスの有毒部分

アマリリスはヒガンバナ科なので有毒植物です。毒があるのは、球根・花・葉部分で、中毒症状としては嘔吐、下痢、血圧低下、肝障害などがあるそうです。誤食はあまりないのですが、これは犬が食べても中毒症状を起こしてしまうことがあります。お庭に植えたアマリリスの球根を犬が掘り起こしてしまいかじって中毒症状になってしまう事例もあるようなので、注意が必要です。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング