クリスマスの花24種。ギフトにおすすめの切り花、鉢植え、ドライフラワー

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

クリスマス花と言えば?クリスマスの頃に見かける花、プレゼントしたい花や鉢植え、リースやスワッグにおすすめのドライフラワーなど。

他にもクリスマスに花を贈る理由からクリスマスフラワーと呼ばれる花について、クリスマスに飾りたい花、贈りたい花を紹介します。

目次

クリスマスに花を贈る意味

クリスマスに花を贈る意味

クリスマスは本来イエス・キリストの誕生を祝うキリスト教のお祭りです。キリストの誕生日とされている12月25日がクリスマスです。キリスト教圏では、クリスマスを迎える前夜の12月24日をクリスマス・イブと呼び、家族や親しい人とご馳走を食べてゆっくりと過ごします。

現在の私たちの生活でも、クリスマスの前夜であるクリスマス・イブには家族や友人、恋人など親しい人とプレゼントを贈り合い、ディナーを食べて特別な日として過ごす習慣が定着しました。

クリスマスは一年の最後を彩る大きなお祭り。キリストの誕生を祝い合い、親しい人へ一年の感謝の気持ちを伝えるイベントです。クリスマスには永遠を象徴するリースを飾り、さらにテーブルや室内も花やキャンドルで飾ります。

クリスマスに花を贈る意味は、生命を感じる色鮮やかな花を贈って一年の感謝を伝え、共に幸せであることを祈り祝い合うためです。

目次に戻る≫

クリスマスに贈りたい花の色と意味

クリスマスのイメージカラーと言えば赤とグリーン、白それからゴールド。

クリスマスに贈る花や飾る花も赤、グリーン、白、ゴールドがメイン。クリスマスの花の色にはちゃんとした意味があります。クリスマスに贈る花の色の意味を紹介します。

クリスマスに贈りたい花の色|赤の意味

クリスマスに贈りたい花の色|赤の意味

クリスマスに赤を多く見かけるようになるのは、赤はキリストの血を象徴する色だからというい理由です。神の子であるイエス・キリストの体内に流れる血は、愛と生命を象徴します。クリスマスには赤い花や赤い実が多く流通するようになります。

クリスマスに贈りたい花の色|グリーンの意味

クリスマスに贈りたい花の色|グリーンの意味

クリスマスは北半球では冬です。この寒い冬に枯れることなくグリーンの葉を保ち続ける常緑樹は永遠の象徴とされ、神聖視されてきました。クリスマスに飾られる青々とした針葉樹のリースは、終わることのない永遠を象徴して作られています。

クリスマスに贈りたい花の色|白の意味

クリスマスに贈りたい花の色|白の意味

白は雪の色です。クリスマスのイベントが発祥したヨーロッパの北の方の国々では、12月25日には一面真白な雪景色となります。穢れのない純白の雪を象徴する色として、クリスマスには白い花が好まれます。

クリスマスに贈りたい花の色|ゴールド(金色)の意味

クリスマスに贈りたい花の色|ゴールド(金色)の意味

クリスマスにゴールドが好まれる理由は、ベツレヘムの星の色だからです。イエス・キリストが生まれた時に空に現れ、東方の三賢者をキリストのもとに導いたとされている星です。クリスマスツリーの一番上に飾る星のオーナメントも、このベツレヘムの星を象徴しています。クリスマスには染色した金色の枝や実が出回ります。

目次に戻る≫

クリスマスフラワーといえば?

クリスマスの頃になるとよく見かけるようになる花の名前はポインセチア。一部ではクリスマスフラワーとも呼ばれています。クリスマスを象徴するような花の正体に迫ります。

クリスマスフラワーといえばポインセチア!

ポインセチア

  • 植物名:ポインセチア
  • 学名:Euphorbia pulcherrima
  • 英名:Poinsettia
  • 科名:トウダイグサ科
  • 分類:常緑低木
  • 花期:11月~1月

ポインセチアはトウダイグサ科の常緑低木。メキシコ原産の植物です。ポインセチアの花弁のように見える部分は、実は花びらではなく苞というがく片が変化したものです。

ポインセチアは1825年、当時のメキシコ大使であるポインセット氏によってアメリカに輸入されました。ポインセチアという名前の由来もここからきています。アメリカに輸入されたポインセチアは、冬にグリーンの葉と真赤な花をつけることからクリスマスフラワーとして人気が出たようです。

 

ポインセチア

私たちがよく目にするのは鉢植えの小さなポインセチアですが、現地では数mの高さまで生長します。古くからこの花から赤い染料を採ったり、葉茎を傷つけると出る白い乳液を薬用にしていたと言われています。

今では赤だけでなくクリーム色やピンクなど、また大輪咲きの豪華なものなどたくさんの園芸品種も出回り、クリスマスに欠かせない花となっています。

 

目次に戻る≫

クリスマスに人気のヤドリギ

クリスマスにまつわるヤドリギの伝説

クリスマスに人気の植物といえばヤドリギ。ちょっと変わったそのフォルムとクリスマスの伝説が相俟って一層人気に拍車かけたようです。

ヤドリギは寄生植物です。高木の枝に丸い鳥の巣のようなフォルムで寄生します。冬に多くの木が葉を落とし、枯れたような姿になるなかで青々と丸く葉を茂らせるヤドリギは永遠の生命の象徴として神聖視されてきました。欧米ではその聖なるヤドリギの枝をクリスマスツリーに飾って祝うという習慣があります。

クリスマスにまつわるヤドリギの伝説とは「ヤドリギの枝の下に立っている女の子にはキスしてもいい」というお話。欧米ではクリスマスツリーにヤドリギの枝を飾ります。この飾られたヤドリギの枝の下に立っている女の子にはキスしてもいいのだそうです。ちょっとロマンティックな伝説です。

 

目次に戻る≫

クリスマスギフト!花束やアレンジメントに赤い花3種

バラ

クリスマスにおすすめの赤バラ

一年を通して流通している赤バラはクリスマスの頃にも人気がでます。幾重にも重なった花びらが美しいバラの花は一輪でも絵になる美しさです。深みのあるグリーンの葉と一緒に花束やアレンジメントにすれば、一気にクリスマスムードが高まります。

ダリア

クリスマスにおすすめの赤いダリア

ダリアの切り花は冬も流通しています。大輪の花を咲かせるダリアは単体でも豪華な雰囲気を持っています。すっきりと長い茎を活かすと絵になります。

スキミア(シキミア)

クリスマスにおすすめの赤いシキミア

小さな粒々としたつぼみがかわいらしいスキミアは赤い花のアレンジや花束の陰の立役者です。スキミア単体では主役には向いていませんが、バラやアマリリスのような派手な花の横にスキミアを添えるとぐっと奥深い複雑な表情を見せてくれます。

目次に戻る≫

クリスマスギフト!花束やアレンジメントにクリスマスの白い花3種

バラ

クリスマスにおすすめの白バラ

花の女王と言われるバラはどんなシーンでも華やかな表情を見せてくれます。なかでも白バラはグリーンがかった白、純白、オフホワイトなど表情豊か。オフホワイトの白バラは温かみのある雰囲気を、グリーンがかった白バラは凛とした雰囲気を作り出してくれます。白バラを贈るなら、そのシーンに合わせた暖かみまで考えて選ぶとよいでしょう。

アマリリス

クリスマスにおすすめのアマリリス

白いアマリリスは凛とした高貴なイメージの花。深いグリーンのコニファー類との相性も良い花です。花束の他、キャンドルを入れたクリスマスのテーブルアレンジなどにも似合います。

アマランサス・イヤーミングデザート

クリスマスにおすすめのイヤーミングデザート

マランサス・イヤーミングデザートはケイトウの仲間です。白くふわふわとした花が可愛らしい花です。大きな花の脇役として使用すると、全体を優しい野原のような雰囲気に仕上げてくれます。

目次に戻る≫

クリスマスギフト!花束やアレンジメントにクリスマスのグリーン3種

コニファー

クリスマスにおすすめのコニファー

真冬にグリーンの葉を絶やさない常緑樹のなかでもコニファーと呼ばれる針葉樹はクリスマス時期に欠かせないグリーンです。スギやヒバの仲間など、針のような細い葉を持つコニファー類は香りの良い種類も多く、クリスマスの花束やアレンジメントの他、リースやスワッグでも活躍します。コニファー類と赤や白の花を束ねるだけで、一気にクリスマスムードが高まります。

ヒイラギ

クリスマスにおすすめのヒイラギ

クリスマスに欠かせないグリーンの一つとして有名なのはヒイラギ。クリスマスを代表するモチーフにもなっています。クリスマスにヒイラギを飾る理由は、キリストが被せられていた茨の冠を象徴していると言われています。

ローズマリー

クリスマスにおすすめのローズマリー

ローズマリーは常緑のハーブ。クリスマスの頃にもグリーンの香りの良い葉を茂らせています。ローズマリーの葉で編んだリースは香りが良く、室内を爽やかにしてくれます。切り花としても長持ちするので、クリスマスのテーブルに飾るグリーンとしておすすめです。

目次に戻る≫

クリスマスのリースやスワッグにおすすめ!ドライフラワー8種

コットンフラワー

クリスマスのリースやスワッグにおすすめ!コットンフラワー

コットンフラワーは日本語では綿花とも呼ばれる綿の果実です。遠くから見ると白い花のように見えるからコットンフラワーや綿花と呼ばれるようになりました。

雪を思わせるような真白なふわふわとした可愛らしい実です。

バラの実

クリスマスのリースやスワッグにおすすめ!ノバラの実

秋に赤く色づくノバラの実はそのままドライフラワーにして飾ることができます。コニファー類で作ったシンプルなリースやスワッグのアクセントに使用すると、クリスマスらしい雰囲気作りに一役買ってくれます。

ペッパーベリー

クリスマスのリースやスワッグにおすすめ!ペッパーベリー

ピンク色の小さな実が可愛らしいペッパーベリー。少しくすんだピンクはグリーン以外に茶系との相性も良く、茶色っぽくなりがちなドライフラワーのなかで可愛らしいアクセントになってくれます。

ユーカリ

クリスマスのリースやスワッグにおすすめ!ユーカリ

ユーカリは香りがよくきれいにドライフラワーになってくれます。ユーカリにはたくさんの品種があり、葉の大きさやフォルムも様々です。小さなつぼみや実がついているものもあるので、上手に利用するとドライフラワーのリースやスワッグに複雑な表情を作ることができます。

ブルーアイス

クリスマスのリースやスワッグにおすすめ!ブルーアイス

香りの良さが魅力のコニファーの仲間です。ちょっと青みがかったグリーンがきれいなブルーアイスは、他のドライフラワーと合わせると雰囲気に深みを出してくれます。

リューカデンドロン

クリスマスのリースやスワッグにおすすめ!リューカデンドロン

リューカデンドロンは南半球原産の植物。きれいにドライフラワーになる上に先端のつぼみの部分は松ぼっくりを思わせるようなフォルムをしています。クリスマスのリースやスワッグにぴったりの花材です。

スズメウリ

クリスマスのリースやスワッグにおすすめ!スズメウリ

まだ若いうちはグリーン、熟すと赤く色づくスズメウリはそれだけでクリスマスカラーという優れものです。風通しの良い室内につるしておけばきれいなドライフラワーになります。

スターアニス

クリスマスのリースやスワッグにおすすめ!スターアニス

スターアニスは八角とも呼ばれる香りの良いスパイスです。スターアニスのフォルムをベツレヘムの星に見立てて、クリスマスのリースやスワッグといったアイテムに利用します。

目次に戻る≫

クリスマスに贈りたい花の鉢植え3種

ポインセチア

ポインセチア

ポインセチアはクリスマスを代表する花です。クリスマスが近づくと鉢植えで流通します。生花店やホームセンターの店頭で簡単に入手できます。赤の他、クリーム色やピンクなど、多くの園芸種が作出されていますので好みのポインセチアを見つけてください。

ポインセチア

  • ポインセチアは、トウダイグサ科トウダイグサ属の常緑性低木です。赤と緑が特徴的なポインセチアは、クリスマスの定番の植物として冬になると多くのお店で飾られ、街を彩ります。花屋さんや園芸店で鉢植えのポインセチアが出回るのもこの時期です。 ポインセチアの赤く色付いた花に見える部分は苞で、その中央に小さく黄色に集まった部分が花です。花の周りの苞は生育期の夏の間は緑色をしています。日照時間によって色づく性質のため、10月頃から短日処理という育成方法で段ボール箱などを被せ16時くらいから12時間真っ暗になる環境を作ってやると、12月頃に葉を赤くすることができます。 ポインセチアは冬に見かけることが多いため、寒い季節の植物だと思われがちですが、実は熱帯の植物なので、冬は室内で育てるのが適当です。室内でも玄関や窓辺の暖房が切れた後に気温が低くなる場所では寒さで枯れてしまうため、置き場所に気をつける必要があります。 ポインセチアは、日本では鉢植えで育てる事が多く草丈も低く小さなサイズですが、本国メキシコのポインセチアは、地植えで数メートルの高さもあり野趣あふれる樹木です。日本でも沖縄などでは地植えで数メートルの高さに育ち、庭木としても楽しまれています。

シクラメン

クリスマスに贈りたい花の鉢植えシクラメン

冬に美しい花を咲かせるシクラメンは、クリスマスの頃にたくさんの鉢植えが流通するようになります。クリスマスらしい赤や白のシクラメンの他、ピンクやパープルもあります。花付きが良く寒い間ずっと花を咲かせてくれるので、贈り物に向いています。

シクラメン

  • このページでは、室内で育てるシクラメンについて説明していきます。 シクラメンはサクラソウ科シクラメン属の球根植物です。冬に室内で育てる花鉢の代表と言える花で、お歳暮や贈答用にもよく用いられます。寒い冬の時期に、室内を上品に明るく彩ってくれます。 シクラメンは、青々としたハート形の葉が茂り、葉の中央に細い茎を伸ばして頂点に花を咲かせます。花色は赤やピンク、白、紫などがあり、花びらは丸弁で反り返るようにして咲くのがスタンダードタイプ。愛好家の多いシクラメンは品種改良や新種開発も盛んで、今では数多くのシクラメンが存在します。花びらの形も、フリル咲き、フリンジ咲き、八重咲きなど多様にあります。株のサイズも両手で抱える大株のシクラメンもあれば、手のひらに乗ってしまう小さなミニシクラメンまで存在します。斑入りの緑葉のほかに、シルバーリーフ、プラチナリーフと呼ばれる銀色の葉をもつタイプも登場し、最近は香りが楽しめる品種も注目されています。   Cyclamen Creator Yasuhiro Takahashi(CCYT) 月下 シクラメンは11月頃から出まわり、寒さに弱いため室内で育てます。上手に育てると4月頃まで花が咲き、その後は少しずつ花や葉が減り、5月頃になると花が咲かなくなります。シクラメンは暑さも苦手なため、ワンシーズン限りの楽しみ方をする方も多いですが、本来は球根植物なので夏越しができれば何年でも花を咲かせることができます。 また、シクラメンの仲間には屋外で育てるガーデンシクラメンがあります。ガーデンシクラメンは、ミニシクラメンの中から特に耐寒性の強い系統を選抜し、冬に屋外でも育てられるように改良されたものです。ミニシクラメンとガーデンシクラメンは姿が似ているので、小さいシクラメンを屋外で育てる場合は、耐寒性があるかどうか(ガーデンシクラメンかどうか)の確認が必要です。 ▼屋外で育てるガーデンシクラメンについてはこちら ガーデンシクラメン 球根 ガーデンシクラメンとは名前からもわかるように、シクラメンを品種改良した品種です。シクラメンは冬に室内で楽しむ鉢花の代表ですが、ガーデンシクラメンは、耐寒性があり寒い冬も屋外で楽しむことができます。寄せ植えなどに使う冬のガーデニング植物の定番としてよく用いられます。 寒さに弱いシクラメンのウィークポイントを克服するため、ミニシクラメンの中から特に耐寒性の強い系統を選抜し、冬に屋外でも育てられるように改良されたものがガーデンシクラメンです。冬から春にかけて次々に花を咲かせ、花の少ない時期のお庭を明るく盛り上げてくれます。花の色はシクラメンとほぼ変わらず赤や白、ピンク、紫などがあります。花形もバリエーションが豊富で、選ぶ楽しみが広がっています。 ガーデンシクラメンの育て方|夏越しさせて毎年咲かせるコツもご紹介! ガーデンシクラメンの育て方を紹介します。ガーデンシクラメンは丈夫で育てやすく、秋から春までの長い間次々と花を… 戸松敦子 2020.11.02 多年草・宿根草

クランベリー

クリスマスに贈りたい花の鉢植え3種クランベリー

秋から冬にかけてグリーンの葉と真赤な実をつけるクランベリーは、クリスマスそのもの。特に最近は果実の大きなオオミノツルコケモモなど、観賞価値の高い種類もたくさん流通しています。優美なつると赤い実の可愛らしいクランベリーは贈る方も贈られた方も楽しいギフトになります

クランベリー

  • うつむき加減に咲く白い花のあとに、丸くてつややかな可愛らしい赤い果実を実らせます。樹高が20cmほどの常緑低木です。本来は湿地や沼地に自生することから、乾燥を嫌い湿気を好みます。暑さにも弱いです。また酸性土を好むので用土に気をつける事がポイントです。暑さに弱いですが、寒さには非常に強く、-40℃でも耐えられるといわれています。それゆえ、暖地では生育が悪く、果実も本来の味になりません。 果実は酸味がとても強いので生食よりも、ジャム、ケーキ、シャーベット、果実酒、料理のソースに利用されています。果実は安息香酸を含有しているため注意が必要です。自家結実性があるので1本だけでも結実します。 果実はほとんど流通しておらず加工品がほとんどです。苗は年中手に入りますが、夏や実が付いている時期のみというところも多いようです。

目次に戻る≫

クリスマスと名前につく花3種

クリスマスローズ

クリスマスローズ

クリスマスの頃から初春まで花を楽しめるクリスマスローズ。冬のお庭の強い味方です。クリスマスローズという名前の由来は、原種のヘレボラス・ニゲルがクリスマスの頃に真白な花を咲かせるからです。その他の種類は年明けから初春にかけて開花するものがほとんどです。

クリスマスローズ

  • クリスマスローズは、クレマチス、ラナンキュラス、アネモネなどと同じキンポウゲ科の植物です。クリスマスローズは、冬の花が少ない時期に花を咲かせる常緑の植物です。 日本ではヘレボルス属を全てひとくくりにクリスマスローズと呼びますが、本来のクリスマスローズはクリスマスの頃に開花する「ヘレボルス・ニゲル」を指す名前です。 他には咲き方や色が豊富な「ヘレボルス・オリエンタリス」や、グリーンの特徴的な花の形状が面白い「ヘレボルス・フェチダス」等、たくさんの種類があります。 クリスマスローズにはグリーンの葉を低く繁らせた中から茎を長く伸ばす有茎種と、茎の低い無茎種があります。 クリスマスローズ・ニゲル

クリスマスブッシュ

クリスマスブッシュ

画像:PIXTA

クリスマスブッシュはオーストラリアなど南半球原産の植物です。花は白ですが、花の後のクリスマスの頃にガクが赤く色づくことからクリスマスブッシュと呼ばれています。ただしクリスマスの頃に赤く色づくのは南半球で、日本での開花時期は初夏です。

クリスマスホーリー

クリスマスと名前につく花クリスマスホーリー

クリスマスホーリーは西洋ヒイラギのこと。モチノキ科の常緑低木です。クリスマスの頃にグリーンの葉と赤い実をつけることからクリスマスホーリーと呼ばれているようです。

クリスマスホーリー(西洋ヒイラギ)

  • クリスマスの季節に鉢物や切り花として出回るクリスマスホーリー(西洋ヒイラギ)。 日本の伝統行事、節分に使われるヒイラギはモクセイ属、クリスマスホーリーはモチノキ属なので、植物的には違う分類です。和名の「西洋ヒイラギ」は、ギザギザの葉がヒイラギに似ていることからです。トゲトゲの葉が生長するとトゲは少なくなっていきます。 クリスマスホーリー(西洋ヒイラギ)は、ちょうど実が赤く色づくのが晩秋のため、クリスマスの季節に鉢ものとして流通します。クリスマスホーリー(西洋ヒイラギ)は、アレンジやリースの花材としてもよく利用されています。

 

目次に戻る≫

クリスマスに贈りたい花、飾りたい花は決まりましたか?クリスマスを迎えるのは寒い冬の時期。暖かい部屋のなかにエネルギーを感じる色鮮やかな花を飾って、素敵なクリスマスを過ごしてください。

 

▼編集部のおすすめ

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「クリスマスの花24種。ギフトにおすすめの切り花、鉢植え、ドライフラワー」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス