2月17日の誕生花|ボケ(木瓜)

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

2月17日の誕生花はボケ(木瓜)です。ボケ(木瓜)について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

2月17日の誕生花

2月17日の誕生花はボケ(木瓜)

ボケ(木瓜)の花言葉は「先駆者」「妖精の輝き」

 

ボケ(木瓜)について

科・属  バラ科・ボケ属
和名  木瓜
英名  flowering quince, Japanese quince
学名  Chaenomeles speciosa
原産地  中国
開花期  1月~5月

 

ボケ(木瓜)の特徴

ボケ

ボケ(木瓜)は、早春から春に梅のような丸みのある花を咲かせ、春の訪れを知らせてくれる落葉低木です。中国原産で、平安時代に日本に渡来して各地に広がりました。

ボケ(木瓜)は、庭木として植えられる他、鉢植えや生垣、盆栽、切り花などとしても人気が高く、春の花として親しまれています。

まだ寒い頃から葉に先立って咲くボケ(木瓜)の花は、春になると枝が見えないほど鈴なりにつきます。葉は、先がとがったタマゴ形で縁に鋭いギザギザがあります。

生長がとても早く、枝の伸びも良いですが、背丈は大きくなっても2~3m程度で高くなりません。新梢や枝先にはトゲがあるので注意が必要ですが、侵入防止の生垣に使われるなど重宝されている側面もあります。

ボケ(木瓜)の果実は、西洋ナシに似た形で香りが良く、果実酒やジャムを作ることができます。漢方の世界では、ボケ(木瓜)の果実は疲労回復や利尿効果が期待できると言われ、ボケ(木瓜)の実を乾燥させたものが「木瓜実(モッカジツ)」と呼ばれています。

ボケ(木瓜)は、原産地の中国では「放春花」という名前で表記され、『どの花よりも先に春の香りを放っている花』という意味があるそうです。ボケ(木瓜)が早春に他の花に先駆けて咲くことから「先駆者」の花言葉が付きました。また「妖精の輝き」という花言葉の由来は、葉が出る前に美しい紅色の花が咲く姿が神秘的に見えることから付けられたと言われています。

 

ボケ(木瓜)の種類

ボケ(木瓜)の品種は200種類以上あるとされており、花も一重や八重咲きなど様々です。花色も鮮やかな朱色や赤、白、ピンク、まだらに色が入るタイプ、一本の株に紅と白の花をつけるものなどがあります。

クサボケAdobe stock

Adobe Stock

クサボケ Chaenomeles japonica

日本に自生するクサボケの花は朱色の一重咲きで、果実は丸形です。有名品種の「東洋錦」は1株で赤、白、白地に赤の絞りなど様々な花を咲かせます。「黒光」は黒ずんだ濃い紅色の花が特徴です。「金鵄殿」はクリームがかった八重咲きの花をつけ人気があります。さらに、咲き始めは淡い桃色で徐々に色が濃くなっていく「雪の輝」や「港の曙」なども大変人気の高い品種です。

ボケ(木瓜)は一般的に早春から咲き始める品種が多いですが、11月頃から咲き始める寒木瓜や四季咲きの品種もあります。最近ではヨーロッパでも品種改良が進み、大輪のボケ(木瓜)が日本に逆輸入されています。

▼ボケ(木瓜)の育て方など詳しい情報はこちら

▼ボケ(木瓜)の関連記事はこちら

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「2月17日の誕生花|ボケ(木瓜)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス