4月25日の誕生花|ビジョナデシコ(美女撫子)

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

4月25日の誕生花は「ビジョナデシコ(美女撫子)」です。「ビジョナデシコ(美女撫子)」について、花言葉や基本情報、種類や名前の由来など気になる情報をご紹介!

 

4月25日の誕生花

4月25日の誕生花は「ビジョナデシコ(美女撫子)」

「ビジョナデシコ(美女撫子)」の花言葉は「純粋な愛情」「細やかな想い」

 

ビジョナデシコ(美女撫子)について|基本情報

科・属 ナデシコ科・ナデシコ属
和名 美女撫子
英名 Sweet William
学名 Dianthus barbatus
原産地 ヨーロッパ
開花期 5月~6月

 

ビジョナデシコ(美女撫子)とは|花の特徴

canva ビジョナデシコ

ビジョナデシコは、手毬のようなかわいい花を咲かせる耐寒性多年草。春から初夏に茎先に花径1~2cmほどの花が集まって花房をつくり開花します。暑さにやや弱く、日本では一年草扱いされることがありますが、夏越しがうまくいけば多年草として育てることができます。花色は、白、ピンク、赤、橙、紫や複色など変化に富みます。花もちが良いため、切り花としても親しまれています。

ビジョナデシコ(美女撫子)の英名はSweet William(スイートウイリアム)ですが、その名のとおりほのかに甘い香りがします。花もちが良いので庭で咲いた花を切り花にして部屋に飾って香りを楽しむこともできます。

ナデシコの名前の由来は、「撫でし子」が転じて「なでしこ」になったと言われていて、撫でたくなるくらい可愛らしい花という意味を含んでいます。ビジョナデシコ(美女撫子)は、日本に入って来たナデシコの中でもこんなに美しい花は見たことがないと言われたことからその名が付けられたと言われています。

 

canva ビジョナデシコ

ビジョナデシコ(美女撫子)の別名には、ヒゲナデシコやアメリカナデシコがあります。ヒゲナデシコは総苞が長く髭のように伸びていることにちなみます。もうひとつの別名アメリカナデシコは、ヨーロッパ原産のビジョナデシコ(美女撫子)ですが、アメリカを経由して日本に導入されたのが由来ではないかと言われています。

 

ビジョナデシコ(美女撫子)の種類

canva ビジョナデシコ

ビジョナデシコ(美女撫子)の花色は白、ピンク、赤、橙、紫、複色などがあります。一般的な開花時期は春から初夏ですが、環境が合えば周年咲く四季咲きタイプもあります。草丈は矮性種と高性種があります。

ナデシコ・ノベルナクラウン

花色が白からピンク、赤、紫に変化する品種です。

テマリソウ

ビジョナデシコの改良品種で、緑の総苞が丸いボール状になっています。切り花としては通年出回っています。

 

▼ビジョナデシコ(美女撫子)の育て方


▼ビジョナデシコ(美女撫子)の関連記事

 

▼366日誕生花一覧


▼前向きな花言葉一覧

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「4月25日の誕生花|ビジョナデシコ(美女撫子)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A