5月18日の誕生花|バイカウツギ(梅花空木)

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

バイカウツギ(梅花空木)は5月18日の誕生花。バイカウツギ(梅花空木)の花言葉についてご紹介します。

 

5月18日の誕生花

5月18日の誕生花は「バイカウツギ(梅花空木)」

「バイカウツギ(梅花空木)」の花言葉は「思い出」「気品」

 

バイカウツギ(梅花空木)について|基本情報

科・属 アジサイ科・バイカウツギ属
和名 梅花空木
英名 Mock orange
学名 Philadelphus coronarius
原産地 アジア、ヨーロッパ
開花期 5月~7月

 

バイカウツギ(梅花空木)とは|花の特徴と花言葉由来

バイカウツギ

バイカウツギ(梅花空木)は、初夏に白い4枚の花びらをもつ花を咲かせる落葉低木(樹高2mほど)。枝分かれして生長し、ブッシュ状の樹形になります。日本では本州以南の山野に自生しています。

バイカウツギ(梅花空木)はやや湿り気のある通気性の良い肥沃な場所を好みますが、乾燥する場所や粘土質の土壌にも耐える力があり丈夫で育てやすい樹木です。花(花径3㎝~4㎝ほど)は見た目も香りもとても爽やかで、切り花としてもとても人気があります。

バイカウツギ(梅花空木)は花の形が梅の花に似ていて、枝が空洞なことや枝葉の特徴がウツギに似ていることからバイカウツギ(梅花空木)という名前が付きました。中国では、山梅花と呼ばれています。バイカウツギ(梅花空木)の英名のMock orangeとは「オレンジまがい」という意味で、花がオレンジに似た香りがすることから付きました。

人は香りをかぐことで記憶が呼び起こされ、バイカウツギ(梅花空木)の花の香りがふんわりとやわらかくて甘いことから、「思い出」という花言葉が付きました。また、バイカウツギ(梅花空木)の純白の花が清楚で凛としていることから、「気品」という花言葉が付きました。

バイカウツギ(梅花空木)は挿し木で増やすことができます。3月~4月は前年枝の挿し木の適期です。6月~7月は当年枝の挿し木の適期です。

 

バイカウツギ(梅花空木)の種類

バイカウツギ(梅花空木)の花色は基本的に白ですが、まれに花びらの中心がピンク色のものもあります。また、咲き方には一重咲きだけでなく、八重咲きの品種もあります。

ベル・エトワール

白い花の中心がわずかに紅色の美しい花を咲かせ、香りが強く人気があります。

バージナル

八重咲きの大輪種。花色は白で、良い香りがします。

イエローヒル

新芽が明るい黄金色。白花で、香りのある大輪品種です。

イノセンス

新芽に鮮やかな黄色の斑が入る品種です。白い花が咲きます。

スノーベル

白の八重咲き品種。花付きが良く育てやすく人気があります。


▼バイカウツギ(梅花空木)の関連記事はこちら

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「5月18日の誕生花|バイカウツギ(梅花空木)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス