アカシア・ブルーブッシュの育て方|植物図鑑

植物名
アカシア・ブルーブッシュ
学名

Acacia covenyi

英名
Blue bush
科名
マメ科
属名
アカシア属
原産地
主な原産地はオーストラリア

アカシア・ブルーブッシュの特徴

数多くあるアカシアのなかでも、シルバーブルーの葉色がとても美しいのが「ブルーブッシュ」という種。成長すると、高さは5mを超えることもあり、家のシンボルツリーにもよく活用されている品種です。美しいシルバーブルーの羽のような柔らかい葉と、3月くらいに咲く黄色の球状をしたふわっとした花との共演はまさに圧巻。日本でも人気の高いアカシアの一種です。

アカシア・ブルーブッシュの詳細情報

園芸分類 オーストラリアプランツ
耐寒性 やや弱い
耐暑性 やや強い
花色
開花時期 4月

アカシア・ブルーブッシュの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
開花

アカシア・ブルーブッシュの栽培環境

日当たり・置き場所

温かい場所が適しています。露地の場合は風が当たらない日差しが当たる場所に、鉢植えの場合は直射日光の当たる場所でよく育ちます。

温度

耐寒性は多少ありますが寒い地域では露地植えには適しません。鉢植えの場合は寒くなってきたら、日当たりのよい屋内へ移動し、日光が常に当たるようにしておくのがベストです。

用土

水はけのよい用土を好みます。やせた土地でもよく育ち、あまり土質を選びません。ただ湿っぽい土壌だと根が傷むので注意しましょう。

アカシア・ブルーブッシュの育て方のポイント

水やり

露地植えの場合は、水やりはとくに必要がありません。鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら水を上げる程度で十分です。 乾燥すると落葉しやすくなります。

肥料

美しい花を咲かせた後の5月から6月の間に、液肥や油粕を株元に施します。とくに肥料を与えなくても十分育つので少量でよいでしょう。

病害虫

うどんこ病に注意しましょう。

アカシア・ブルーブッシュの詳しい育て方

選び方

枝数が多く、形が整ったものを選ぶと手入れが簡単です。葉がピンとして元気が良く、根本がぐらぐらしていない株がおススメです。

植え替え・鉢替え

鉢植えの場合、成長が遅くなったら植え替えのタイミングです。最適時期は11月か春3~5月で水はけのよい用土に植え替えましょう。

冬越し

耐寒性は多少ありますが、なるべく暖かい環境で冬越しさせたほうが株には安心です。鉢植えの場合は屋内の温かい場所や霜などが降りない場所へ移動させましょう。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

種から育てます。植える前に種を熱湯でゆでて、冬眠状態から起こすというユニークな方法です。そのあとに水はけのよい用土に植えつけます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング