クロッカスの育て方|植物図鑑

植物名
クロッカス
学名

Crocus

英名
Crocus
科名
アヤメ科
属名
クロッカス属
原産地
地中海沿岸

クロッカスの特徴

クロッカスの見た目の特徴は、葉が細長く縦に伸び、その葉に白い溝があり、その細長い葉の間から蕾が出てきて花を咲かせることです。また、小さな球根ですが6枚の花びらを持った大きな花を咲かせます。クロッカスを注意深く観察するとわかりますが、春の暖かな晴天の日は、綺麗な花を咲かせますが、気温が下がると花は閉じてしまいます。クロッカスの花は種類も豊富で約80種類以上あると言われています。花の色も黄色、紫、白、赤紫、薄紫や縦の筋や網目状の模様が入っているものもあります。 クロッカスの大きな特徴は、一見茎が無いように思われますが、球根の部分が茎である球茎であり、春咲きと秋咲きの2種類あることです。

クロッカスの詳細情報

園芸分類 球根
草丈・樹高 ~30cm程度
耐寒性 やや強い
耐暑性 弱い
花色 黄色、紫、白、赤紫、薄紫など
開花時期 2月~4月(秋咲きの場合は10月~11月)

クロッカスの種類・品種

春咲きのクロッカスの種類には、黄色の花に多いクリーサントゥスやフラーブス、寒い時期に白い花を咲かせるシーベリ、春先に紫や白色の花を咲かせるベールヌスなどがあります。 秋咲きの種類には、お料理のスパイスとして使用されているサフラン、薄紫色の花に青色の筋があるスペキオスス、薄紫に濃い紫色の筋が入った花を咲かせるメディウスがあります。サフランやスぺキオスは10月頃、メディウスは11月頃開花します。

見栄えのするクロッカスの植付け方

見栄えのするクロッカスの植付け方は、鉢やプランター、あるいは庭に地植えをする場合でもクロッカスのみ単独で植え付ける場合と他の植物と一緒に寄せ植えをする場合、それぞれポイントがあります。 クロッカスだけ植付けをする場合、球根の間隔を広く開けたりまばらにして植付けをするとクロッカスの存在感が無くなってしまうので、ある程度間隔を詰めたり、まとまり感のあるような植付けをすることがポイントです。クロッカスの花も引き立ち、開花後の葉だけになった状態で見栄えがします。 また、他の植物と一緒に寄せ植えにする場合、クロッカスの花の開花時期は1~2週間くらいなので他の花より開花時期が短いため、一緒に植える植物の開花時期を考慮して寄せ植えすることがポイントです。クロッカスと同じ丈の植物や草類を選び、丈の低いクロッカスが見えるように手前に植えると全体的なバランスも良く、クロッカスの存在感もあります。 クロッカスは小さな花ですが、開花時期を考慮しながら、単独で植えたり、寄せ植えしたりすることで、見栄えのする植付けをすることができます。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング