ヒガンバナ(彼岸花・ひがんばな)の育て方|植物図鑑

植物名
ヒガンバナ(彼岸花・ひがんばな)
学名

Lycoris radiata

英名
Red spider lily
和名
彼岸花
別名・流通名
曼珠沙華
科名
ヒガンバナ科
属名
ヒガンバナ属
原産地
中国

ヒガンバナ(彼岸花・ひがんばな)の特徴

夏の終わりから秋にかけて咲く花。1本の真っ直ぐな緑色の茎の先端に、直径約10cm前後の花を咲かせます。花びらの色は品種改良が進み種類によって違いますが、日本で多くみられるのは赤。田んぼなどのあぜ道に咲いている風景をが印象的です。ヒガンバナ属はラテン読みのリコリスという名前で流通していることがあります。彼岸花の花弁は他の花に比べて独特。幅は5mm程度、長さは4cm程の花びらを6、7枚放射状に付けます。茎の長さは30~50cm。成人の膝丈程に伸びます。葉っぱも茎と同様細長く30~50cmのものをつけます。しかし、面白い事に花が咲く時期に葉っぱはつきません。花が枯れた後ににょきにょきと成長するのです。花と葉が同時に着かない事から「葉見ず花見ず」と言われています。

一般的に彼岸花で流通しているものは、秋の彼岸の頃に赤い花が咲く、リコリス・ラディアータと呼ばれる品種です。白花の彼岸花はリコリス・アルビフローラと呼ばれる交配種です。

ヒガンバナ(彼岸花・ひがんばな)の詳細情報

園芸分類 球根
草丈・樹高 30cm~50cm程度
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
花色 赤、白、黄
開花時期 7月~10月頃

数多くの歌手に歌われる「彼岸花」

秋に咲く花、別れの花。少しうら寂しいイメージは、音楽を作る人にとって創作意欲を沸き立てるよう。「彼岸花」というタイトルの曲を持つ歌手は沢山いらっしゃいます。例えば、森昌子さんが歌う「彼岸花」は阿久悠さん作詞。彼岸花の別名「曼珠沙華」というタイトルでは、工藤静香さん、藤あや子さん、山口百恵さんらがテーマにし歌っています。また山口百恵さんは「悲願花」という当て字にした曲も歌っています。これからも彼岸花をテーマにした名曲が生まれるかもしれませんね。

 

初カラー作品「彼岸花」

「東京物語」など数々の名作映画を作って来た日本の映画監督小津安二郎。その名監督初のカラー映画のタイトルをご存知でしょうか。それが「彼岸花」なのです。彼岸花は曲のみならず、映画など動画にも創作意欲を掻き立てるようです。小津安二郎監督が撮影した「彼岸花」は悲しいお話などではなく、娘を嫁に出す父の葛藤を描いた親子の物語。劇中に出てくる「彼岸花」というタイトルの「花」の部分だけ真っ赤な所が鮮明であり、彼岸花の情熱の赤を思わせる様。これを機に日本の名作に触れては如何でしょうか。

 

彼岸花には別名が沢山!

彼岸花とう名前が付けられれた経緯は、お盆を過ぎた9月辺りつまり「彼岸」の時期に咲くから彼岸花と名付けられたとされています。また、彼岸花の猛毒性に連想されこの花に触れると死ぬしかない。死=彼岸、から名づけられたともされています。悲しいイメージの付く彼岸花ですが、別名が存在します。皆さんがよく耳にするのは「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」ではないでしょうか。こちらは仏語から名づけられています。仏教の世界の彼岸花・曼珠沙華は純白。現世で咲く花とは一線を介す見た目になっているそうです。そして、彼岸花にはまだ別名が。彼岸花はリコリス属に属していることから園芸上では「リコリス」と呼ばれるのです。こんなに沢山ある呼び方はそれぞれに由来、使い道があるのですね。他にも呼び方や俗称があります。自分で探してみるのも面白いのではないでしょうか。

 

彼岸花の役割

彼岸花は墓地や畦に植えられていることが多いですよね。実はこの植えられている場所にも理由があったんです。彼岸花の球根にはアルカロイド系の毒が含まれており、誤って摂取すると中毒症状を引き起こす可能性があります。昔の人はこれを知っており、モグラやネズミなどから稲や野菜などの作物を守るために、侵入を防ごうとして彼岸花を畦に植えたと言い伝えられています。また、墓地に植えられているのは同じくモグラやネズミから埋葬された遺体を守るためと言い伝えられています。

 

彼岸花は食べられる?

球根に毒を持つ彼岸花ですが、飢饉の際には食用されていたそうです。彼岸花の持つ毒は、球根をすりおろし水に何回もさらすことで抜けると言われており、加工して食べられていたそうです。
※素人が食用とすることは大変危険です。絶対に食べないでください。

ヒガンバナ(彼岸花・ひがんばな)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
植え替え
剪定
肥料
開花

ヒガンバナ(彼岸花・ひがんばな)の栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりの良い場所を好みます。

用土

鉢植えなら市販されている培養土で良いです。地植えの場合は多くが自生していることからもわかる様にあまり土を選びません。しかし、腐葉土を混ぜて水はけを良くし、リン酸の多い化成肥料を混ぜると生育が良くなります。

ヒガンバナ(彼岸花・ひがんばな)の育て方のポイント

水やり

基本的に過度な水やりは必要ありません。地植えなら雨だけで生育します。鉢植えでしたら、土が乾いた時に水やりをしましょう。少し乾き過ぎかな?と思う位まで水やりを我慢して構いません。

肥料

地植え鉢植えともに追肥は必要ありません。但し、花壇などで何年も同じ場所に彼岸花を植えている状況であれば、2、3年に一度植えた時と同じ堆肥や腐葉土を混ぜると生育が悪くなるのを抑えられるでしょう。

病害虫

軟腐病という病気にかかりやすいです。水はけの悪い場所で育成するとこの病気に掛かってしまいます。軟腐病は菌が繁殖し養分の通り道を塞いで成長を妨げ腐ります。土の管理、雑草の除去をする事によって防ぐことが出来ます。

ヒガンバナ(彼岸花・ひがんばな)の詳しい育て方

選び方

彼岸花は全て球根で市販されています。球根の選び方は、大きい物を選びましょう。そして握ったり軽く叩いたりして硬いものを選ぶと失敗が少ないです。

植え付け

鉢植えでも地植えでも共通して言えることは、深く穴を掘り過ぎないで植えることです。球根分で構いません。しかし、地植えの場合、幾つも植えるのなら、最低でも15cmの間隔をあけて植えつけてください。

剪定・切り戻し

花が咲き終わる10月~11月にかけて。この時期は花がらを積極的に摘んでください。花がらを放置しておくと次の成長の妨げとなります。

7月~10月頃に花を咲かせます。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

彼岸花に種は出来ません。ですが、球根が別れる分球という方法で数を増やします。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング