スイカズラ(ハニーサックル)の育て方|植物図鑑

植物名
スイカズラ(ハニーサックル)
学名

Lonicera japonica

英名
Honeysuckle,Woodbine
和名
吸葛
別名・流通名
金銀花、忍冬
科名
スイカズラ科
属名
スイカズラ属
原産地
日本

スイカズラ(ハニーサックル)の特徴

スイカズラ(ハニーサックル)は英名をHoneysuckle(ハニーサックル)とも言い、春に香りの良い花を咲かせる半落葉性つる植物です。

スイカズラ(ハニーサックル)の花は、咲き始めは白、次第に黄色と変化します。色が変化するので1本の株に白花と黄花が咲いているようにみえることから、「金銀花」という別名を持ちます。また、冬も緑の葉を絶やさないので「忍冬(ニントウ)」という別名もあります。

スイカズラ(ハニーサックル)は花の蜜を吸うと甘いことから「吸葛(すいかずら)」という名前が付きました。花の形が特徴的で、上下に大きく分かれた花びらの真ん中から雌しべと雄しべが飛び出すように付いています。日本原産の植物ですがヨーロッパで品種改良され、香りの良さから人気が出た植物です。非常に繁殖力が強いため、一部の国では害草として指定されています。

丸みを帯びた卵型の葉が茎に対し二枚両側に付き、葉の付け根から花が咲きます。花後2つの小さな実が付きます。夏の間は濃いグリーンをしていて、熟すと光沢のある黒に変化します。

スイカズラ(ハニーサックル)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 3~5m
耐寒性 強い
耐暑性 強い
耐陰性 強い
花色 白、黄
開花時期 4~5月

欧米で人気のスイカズラ

スイカズラ(ハニーサックル)は英名をHoneysuckle(ハニーサックル)、あるいはJapanese Honeysuckle(ジャパニーズハニーサックル)、Woodbine(ウッドバイン)と言い、日本からヨーロッパに渡り品種改良がされていった植物です。改良されたスイカズラ(ハニーサックル)はピンクや黄色、オレンジなど花色も豊富で華やかになりました。ヨーロッパのお庭の写真で、スイカズラ(ハニーサックル)がアーチやトレリスに優雅に絡まっているのを見かけます。春には香りの良い花を咲かせることから、好んで使われたようです。欧米の童話や小説にもスイカズラ(ハニーサックル)の花は良く登場します。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング