リムナンテスの育て方|植物図鑑

植物名
リムナンテス
学名

Limnanthaceae

英名
poached egg plants
科名
リムナンテス科
属名
リムナンテス属
原産地
アメリカ

リムナンテスの特徴

リムナンテスはアメリカ西海岸原産の草花で、4月~6月に開花する秋まき一年草です。ほふく性で広がるように生長し、春から初夏までたくさんの花が開花します。

ネモフィラの花を一回り大きくしたような花姿ですが、ネモフィラとは植物分類的には別の植物です。

黄色に白の縁取りの複色カラーが最も流通量が多い品種です。その花姿から英名では「ポーチドエッグプランツ~poached egg plants」と言われています。他には白や黄色の単色もあります。

リムナンテスの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 15cm~20cm
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
花色 黄色×白、黄色、白
開花時期 4月~6月

リムナンテスの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
開花

リムナンテスの栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりと風通しが良い場所が適しています。半日陰程度でも育ちますが、日当たりが良い場所の方が花つきが良くなります。

用土

すでに草花が育っている土なら問題なく育ちます。リムナンテスは過湿に弱いため、水はけの良い土に植え付けましょう。

鉢植えの場合は、草花用の培養土でも栽培可能です。

リムナンテスの育て方のポイント

水やり

地植えの場合は、植え付け後、根付いてからの水やりは降雨に任せて問題ありません。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりと水やりをしましょう。過湿を嫌い、水のやりすぎは根腐れを起こします。乾燥気味に育てましょう。

肥料

肥料を与えすぎると葉が極端に茂り、見た目が悪くなるため、やや少なめに与える方がよいでしょう。

病害虫

春、暖かくなってくると、アブラムシが発生することがあります。

リムナンテスの詳しい育て方

選び方

葉っぱが生き生きとしたグリーンで、徒長していない株を選びましょう。できれば一番花が咲き始めた程度の若い株を早めに植え付けた方が、長い期間たくさんの花を楽しめます。

種まき

9月下旬から10月中旬に種まきをします。移植に弱いため、直まきかポット苗に種をまいて間引く方法が確実です。

植え付け

種まきから育てた苗は、根をいじらないようにして霜が降りる前の秋のうちに植え付けましょう。1株でも広がるので、複数株を植える場合は、株と株の間を広めにあけましょう。

仕立て方

リムナンテスは、ほふく性で這うように生長します。花壇のフロントやグランドカバー、寄せ植えの縁取り、ハンギングなどに適しています。

植え替え・鉢替え

一年草のため、植え替えの必要はありません。

リムナンテス

Adobe Stock

4月~6月に開花します。終わった花をそのままにしておくと、種をつける方にエネルギーが回るので、花がらはまめに摘み取ると、長い間たくさんの花を楽しむことができます。

夏越し

梅雨前までの寿命の一年草のため、夏越しの必要はありません。

冬越し

寒さには強いので特別な冬越しの必要はありません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

種で増やすことができます。

種を採る場合は、終わった花をそのままにしておきます。リムナンテスは、こぼれ種でも発芽することがあります。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

人気の植物ランキング