アネモネ・シルベストリスの育て方|植物図鑑

植物名
アネモネ・シルベストリス
学名

Anemone sylvestris

英名
snowdrop anemone
和名
梅花一華
別名・流通名
スノードロップ・アネモネ
科名
キンポウゲ科
属名
イチリンソウ属
原産地
ヨーロッパ

アネモネ・シルベストリスの特徴

アネモネ・シルベストリスは、キンポウゲ科の初夏に咲く原種のアネモネのひとつです。アネモネというと球根の花が一般的ですが、シルベストリスは宿根草の草花です。花の咲く時期以外は下葉だけなので丈は低めですが、春になると株元から花茎が立ち上がり、晩春から初夏に白い花が開花します。白い花は可憐でやさしい雰囲気で、大株になるととても見事な景観になります。

アネモネ・シルベストリスは、とても丈夫でこぼれ種でも増えるほどです。

アネモネ・シルベストリスの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 40cm
耐寒性 強い
耐暑性 普通
花色
開花時期 4月~10月

アネモネ・シルベストリスの栽培環境

日当たり・置き場所

アネモネ・シルベストリスは、春は日当たりがよく、夏場は西日が強すぎないような場所で、風通しのよい場所が適しています。

庭植えのアネモネ・シルベストリスは、落葉樹の株元のような場所が適しています。

用土

草花用の培養土で問題なく育ちます。

アネモネ・シルベストリスは、肥沃で水保ち、水はけの両方よい土が好みです。

アネモネ・シルベストリスの育て方のポイント

水やり

庭植えのアネモネ・シルベストリスは、根付いてからは水やりの必要はありません。

鉢植えのアネモネ・シルベストリスは、鉢の表面が乾いたらたっぷりと水やりをします。極端な乾燥には弱いですが、蒸れにも弱いので、梅雨の時期や真夏の水やりは注意しましょう。

肥料

開花前の春と開花後に施す程度で十分です。

病害虫

目立った病害虫の害はありません。

アネモネ・シルベストリスの詳しい育て方

選び方

花の開花中以外は、下葉だけの状態です。下葉の状態がきれいな株を選びましょう。アネモネ・シルベストリスの流通は、3月ごろから4月が一番多く出回ります。

種まき

秋に種から育てることもできます。ポット苗に数粒ずつ蒔いて、間引く方法が一番簡単な方法です。

植え付け

植え付けは秋早めか、霜の心配がなくなった春以降に植え付けましょう。アネモネ・シルベストリスは、地植えにすると年々見事な株になります。草丈が40cm前後なのでボーダー花壇だと中間に植えるのに適しています。

植え替え・鉢替え

鉢植えのアネモネ・シルベストリスは、1年に1回、一回り大きな鉢に植え替えるか、植え替えのタイミングで株分けをすることができます。

アネモネ・シルベストリスの花は晩春に開花します。純白の花は、とても可憐で清楚な雰囲気があります。球根のアネモネと同様、アネモネ・シルベストリスの花は、太陽に反応して開き、夜に閉じる性質です。

株は年々見事になり、大株になるとたくさんの花が咲きます。

アネモネ・シルベストリスの主な開花期は春ですが、夏から秋も若干開花します。

夏越し

特別な夏越しの必要はありませんが、真夏の直射日光が一日中当たるような場所に植え付けたり、鉢を置くのは避けましょう。

冬越し

アネモネ・シルベストリスは冬場は地上部分が落葉するか、若干葉が確認できる程度です。耐寒性があるので、特別な冬越しの必要はありません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

アネモネ・シルベストリスは株分けと種まきで増やすことができます。アネモネ・シルベストリスは環境に合えば、こぼれ種で増えることもあります。ポット苗で流通している時点で、株元に種がこぼれて発芽している場合もあります。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング