ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)の育て方|植物図鑑

植物名
ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)
学名

Phytolacca decandra

英名
Pokeweed , Inkberry
和名
ヨウシュヤマゴボウ
別名・流通名
アメリカヤマゴボウ
科名
ヤマゴボウ科
属名
ヤマゴボウ属
原産地
北アメリカ

ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)の特徴

ヨウシュヤマゴボウは北米原産の大型多年草で、草丈1~2mほどになり、公園や住宅地などで見かけることが出来ます。夏~秋にかけて白い花を咲かせ、紫色のブルーベリーのような実を総生りにつけます。日本に古くから自生して食用にもされているヤマゴボウと違い、ヨウシュヤマゴボウは全草に毒性があり、特に根の誤食と種子を口にしないよう注意が必要です。

ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 1~2m
耐寒性 強い
耐暑性 強い
耐陰性 強い
花色
開花時期 夏~秋

ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花

ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)の栽培環境

日当たり・置き場所

ヨウシュヤマゴボウは強健なため、直射日光の当たる場所でも木漏れ日が差すような日陰でも大丈夫です。

温度

特に気にする必要はありません。

用土

特に気にする必要はありません。鉢植えで管理する場合は観葉植物用の土や花用の培養土が良いでしょう。

ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)の育て方のポイント

水やり

土の表面が乾燥したら水やりをするようにします。

肥料

特に必要はありません。

病害虫

目立った病害虫はありません。

ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)の詳しい育て方

総状花序で白い花を咲かせます。

収穫

実が生りますが、口に含んではいけません。

夏越し

特に気にすることはありません。

冬越し

地上部が枯れることがありますが、根が生きていれば暖かくなった頃に動き出します。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング