クレマチス・ジャックマニー系の育て方|植物図鑑

植物名
クレマチス・ジャックマニー系
学名

Clematis Hybrid (Jackmanii Group)

英名
Clematis
和名
鉄線
科名
キンポウゲ科
属名
センニンソウ属

クレマチス・ジャックマニー系の特徴

中~大輪系のジャックマニー系のクレマチスは、四季咲きのクレマチスです。花のサイズは中~大輪で、ツルの長さは2~3メートルくらい伸びます。5月~10月に花が開花し、剪定のやり方次第で一年に複数回の花を楽しむことができます。

一度根付ければ剪定が簡単なので、初心者にもおすすめのクレマチスの系統です。ツル性なのでトレリスやオベリスクなどに這わせると見事です。初夏の開花はバラの開花の時期ともあうため、バラの背景にもあうクレマチスの系統です。

クレマチス・ジャックマニー系の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 2~3メートル
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 白、ピンク、紫系濃淡、赤
開花時期 5月~10月

クレマチス・ジャックマニー系の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
開花
剪定

クレマチス・ジャックマニー系の栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりと風通しの良い場所に植え付けましょう。明るめの半日陰程度なら問題なく育ちますが、花つきに影響があります。

用土

水はけの良い土が適しています。鉢植えの場合は、草花用の培養土でも問題なく育ちます。

クレマチス・ジャックマニー系の育て方のポイント

水やり

根付いてからの水やりの必要はありません。鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、鉢底から流れ出てくるくらいたっぷりと水やりをしましょう。

肥料

ジャックマニー系のクレマチスは、初夏から秋まで開花します。開花期間中、使用している肥料の頻度を守って肥料を施しましょう。

病害虫

比較的病害虫には強い系統です。風通しの悪いところに植え付けると、梅雨や長雨の時期にうどん粉病にやられることがあります。

クレマチス・ジャックマニー系の詳しい育て方

植え付け

クレマチスは直根性です。移植を嫌う性質なので、地植えにする場合は定植する場所をよく考えて植えます。3号のポット苗で購入したクレマチスは、いきなり地植えにせず、鉢に植え替えて株を大きく育ててから地におろしましょう。使用する鉢は深さのある鉢が適しています。

植え付ける時は、地上部の1~2節が土に埋まるように深植えします。

仕立て方

ジャックマニー系のクレマチスは、鉢植えでも地植えでも栽培可能です。ツル性なのでトレリスやオベリスク、フェンス、行燈仕立て、などツルを這わせる何かが必要です。

ツルが折れやすいため、若いうちからその都度誘因すると、折れるのを予防することができます。

剪定・切り戻し

ジャックマニー系のクレマチスは、「強剪定」をします。シーズン中は花が終わったら地際から2~3節の節と節の間を剪定し、秋の最後の開花が終わったら地際でカットします。

剪定する時は、節と節の間を切ると、剪定によって枝が枯れ込み、芽も枯れてしまうことを防ぎます。剪定後、しばらくすると節から新しいツルが伸びてきます。

ジャックマニー系のクレマチスの一番花が開花するのが5月、そこから数回咲き、10月くらいまでの四季咲き性があります。

咲きだすと1カ月近く花が開花しているので、開花期間が長いのも魅力のひとつです。花の後は剪定しておくと、剪定から1~2カ月後に再度開花。1シーズンの開花の回数は、2~3回くらいです。この回数の違いは剪定のタイミングが大きく影響します。

夏越し

クレマチスは乾燥を嫌います。真夏はマルチングをすると、土の乾燥と地熱の上昇を防ぐことができます。

クレマチスの芯止まり
夏場にツルが伸びなくなることがあります。これは、生長時になんらかのストレス(鉢植えの場合は肥料が足りない、水が切れる、地植えの場合は強すぎる日差しなど気象に耐えられない……など)を受けて、生長がストップしてしまった状態です。ツルが伸びないということは、そのままにしておくと、次の花を咲かすことができません。こうなってしまったらすぐに剪定をします。

芯止まりのクレマチスの剪定方法
芯止まりになってしまったら、1~2節下で芽が動いている所で剪定します。再びそこから生長が始まります。人間も夏バテ気味の時は、クレマチスにとってもストレスが多い時期です。常日頃から、ツルの様子を観察して、変な症状が出たら、すぐに対処していきます。

冬越し

ジャックマニー系のクレマチスは、冬は落葉します。新枝咲きなので、冬前に地際で剪定します。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ジャックマニー系のクレマチスは、挿し木で増やすことができます。

種苗登録品種は、登録者の許可無く増殖および販売を行うことはできないので注意しましょう。(趣味で増殖させる分には問題ありませんが、譲渡等をした場合は育成者権の侵害に当たる可能性があるので、注意しましょう。)

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

人気の植物ランキング