琉球朝顔(ノアサガオ)の育て方|植物図鑑

植物名
琉球朝顔(ノアサガオ)
学名

Ipomoea indica

和名
琉球朝顔
別名・流通名
宿根アサガオ、イポメア・インディカ、ケープタウンアサガオ、オーシャンブルー
科名
ヒルガオ科
属名
サツマイモ属
原産地
沖縄

琉球朝顔(ノアサガオ)の特徴

琉球朝顔(ノアサガオ)は、一般的な一年草の朝顔と違い、沖縄原産の宿根の性質を持つ朝顔です。アサガオの園芸品種が、「琉球朝顔」、「宿根朝顔」、「イポメア・インディカ」という名前や代表品種の「オーシャンブルー」という様々な名前で流通しています。代表品種は、美しいブルーの品種のオーシャンブルーですが、その他にも淡い紫、ピンクがかった紫、白などの色もあり、中には葉がモミジのような形のモミジ葉タイプのものもあります。

いずれの品種も生長力がたくましく、地植えにすると10m以上伸びます。繁殖力が旺盛なので植える場所には注意しましょう。つる性なので、フェンスやトレリス、誘因ネットなどに誘因すると、たくましくどんどん立ちのぼっていくため、夏のグリーンカーテンの素材としても人気があります。

一般的な朝顔との違いは、花の時期です。琉球朝顔(ノアサガオ)は晩秋まで花が開花し、最も花数が多いのは秋の10月頃です。花は複数の花が房状についているので、花も大きいことから開花時はとても見事です。一般的な朝顔は昼過ぎにはしぼんでいきますが、琉球朝顔(ノアサガオ)は夕方まで花が開いています。

琉球朝顔(ノアサガオ)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 ~10m
耐寒性 弱い(0℃)
耐暑性 強い
花色 ブルー、紫、ピンク、白
開花時期 6月~11月

琉球朝顔(ノアサガオ)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
開花
肥料

琉球朝顔(ノアサガオ)の栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりと風通しの良い場所で育てましょう。琉球朝顔(ノアサガオ)はつる性植物です。

地植えにすると10m以上伸びる可能性があるため、這わせる何かを用意しましょう。つるが地面に接地すると、あっという間に広がるので注意が必要です。

用土

朝顔類は有機物の多い土を好みます。市販された培養土でも可能です。

琉球朝顔(ノアサガオ)の育て方のポイント

水やり

朝の涼しい時間帯にたっぷりと水を与えます。真夏の植物なので、水切れを起こさないように注意します。夕方になって水切れを起しているようなら、涼しくなってから再度水を与えましょう。

肥料

地植えの琉球朝顔(ノアサガオ)は、土が肥えているなら肥料を与える必要はありません。肥料が足りない場合、葉が黄色くなってくるなどのサインを出すので、様子を見て施肥します。

鉢植えの琉球朝顔(ノアサガオ)は、元肥として緩効性肥料を施した後、定期的に肥料を施します。

病害虫

オンシツコナジラミ、ホコリダニなどが葉裏につくことがあります。早めに気づけば、葉裏に水を掛けると駆除できますが、死滅させたいのであれば市販の対応薬剤も有効です。

その他、ヨトウムシにやられることがあります。夜の間に食害されているようなら、ヨトウムシの仕業です。昼間は鉢底などに潜んでいることがあるので捕殺します。

琉球朝顔(ノアサガオ)の詳しい育て方

選び方

初夏から夏に苗が流通しています。葉がきれいな緑色で虫に食われていない苗を選びましょう。

植え付け

琉球朝顔(ノアサガオ)は生育が旺盛です。できれば地植えで育てるのに向いています。つる性植物なので這わせる何かを植え付け時に用意しましょう。

仕立て方

琉球朝顔(ノアサガオ)はつる性です。誘因ネット、フェンスなどに絡ませて仕立てます。

夏のグリーンカーテンにも最適です。手が届く範囲のうちは、縦方向だけでなく、横方向に誘因を手伝ってやると、隙間なくきれいな景観になります。とても生育旺盛のつるのため、弱いネットでは重さに耐えられない場合があります。

琉球朝顔(ノアサガオ)の花は、暑くなると花が多くなり、一日の花数が最も多くなるのは秋になってからです。花は一日花なので、手が届く範囲の花がらは摘み取るとよいでしょう。

冬越し

晩秋の花が終わったら地際で株を切り取り、マルチングや盛り土で保温します。冬の気温が0℃程度の地域では野外での越冬が可能です。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

株分けか挿し木で増やすことができます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

人気の植物ランキング