ラナンキュラス・ゴールドコインの育て方|植物図鑑

植物名
ラナンキュラス・ゴールドコイン
学名

Ranunculus repens ‘Gold coin’

和名
ハイキンポウゲ(這い金鳳花)、ヤエキンポウゲ(八重金鳳花)
科名
キンポウゲ科
属名
キンポウゲ属

ラナンキュラス・ゴールドコインの特徴

ラナンキュラス・ゴールドコインはキンポウゲ科の宿根草。ハイキンポウゲの園芸品種です。4月~5月に小さな黄色い花が開花します。

環境に合うと野生化するほど性質は丈夫で、手入れをしなくてもランナーを出しながら広がっていきます。好む環境が半日陰~明るめの日陰なので、日陰の庭のグランドカバーとしても利用できます。花の開花時はキラキラと輝くように咲き誇り、地面が黄色のカーペットのような状態になります。

ラナンキュラス・ゴールドコインは、一般的な球根のラナンキュラスとは別種で宿根草です。また、ゴールドコインと言う名のキク科の宿根草とも違う植物です。

ラナンキュラス・ゴールドコインの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 15~20cm
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 黄色
開花時期 4月~5月

ラナンキュラス・ゴールドコインの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花

ラナンキュラス・ゴールドコインの栽培環境

日当たり・置き場所

ラナンキュラス・ゴールドコインは、半日陰程度~明るめの日陰が適しています。花が咲く頃の春は日当たりの良い場所でも問題ありませんが、真夏に日差しが強い場所は不向きです。地植えで育てる際は、夏の日の当たり具合を考えて植え付けましょう。ランナーを出して広がっていくので、隣の植物とのスペースを十分にとって植え付けます。鉢植えでも育てることができます。

用土

排水性の良い土が適しています。野生化するほどなので、さほど土質は選びません。一般的な草花が育つ場所なら栽培可能です。

鉢植えは、草花用の培養土で問題なく育ちます。

ラナンキュラス・ゴールドコインの育て方のポイント

水やり

地植えの場合は、植え付け直後以外は降雨に任せて問題ありません。

鉢植えの場合は、鉢の表面の土が乾いたらたっぷりと与えます。

肥料

すでに草花が育っている場所なら無肥料でも育ちます。生育が悪い場合のみ与えましょう。

鉢植えの場合は春と秋に緩効性肥料を与える程度で十分です。

病害虫

目立った病害虫の害はありません。

ラナンキュラス・ゴールドコインの詳しい育て方

選び方

葉が傷んでいない、きれいな色の葉の苗を選びましょう。

植え付け

春と秋が植え付けの適時です。

4月~5月に開花します。

冬越し

耐寒性があるため特別な冬越しの必要はありません。寒冷地では冬期は地上部分の葉がなくなることがあります。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ラナンキュラス・ゴールドコインは、ランナーが伸びて広がっていきます。伸びたランナーは、土に接地したそれぞれの節から根を出します。独立した苗として増やしたい場合は、ポットに土を入れ、ランナーの節を土に接地させておくと根を下ろします。根付いたのを確認したら元株から切り離しましょう。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

人気の植物ランキング