黒花ポピー・ブラックマジックの育て方|植物図鑑

植物名
黒花ポピー・ブラックマジック
学名

Papaver macrostomum ‘Black Magic’

科名
ケシ科
属名
ケシ属

黒花ポピー・ブラックマジックの特徴

黒花ポピー・ブラックマジックは、3月~5月に光沢のある黒い花を咲かせる耐寒性一年草です。流通が始まったのは最近で、まだ流通量は少なめです。

アイスランドポピーやシャーレーポピーと比べると、草丈は低めで花のサイズも小さめです。ひとつひとつの花の開花期間は平均2~3日と短いですが、次から次へとたくさんの花が開花します。

黒花ポピー

性質は強く、環境に合った場所に植えれば育て方は簡単です。つぼみの時はうなだれたような姿をしていますが、開花間際になるとつぼみが起き上がり、開花すると太陽を向きます。次から次へと開花する小さな黒い花は、庭や花壇にアクセントとして使うとおもしろい素材です。茎が細く、そよそよと風に揺れるように咲く姿はナチュラルな雰囲気も演出してくれます。

黒花ポピー・ブラックマジックの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 30~50cm
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
花色
開花時期 3月~5月

黒花ポピー・ブラックマジックの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花
種まき

黒花ポピー・ブラックマジックの栽培環境

日当たり・置き場所

黒花ポピー・ブラックマジックは、日当たりと風通しの良い場所で育てましょう。

用土

すでにほかの草花が育っている場所なら植え付け可能です。過湿を嫌うので、水はけの良い土が適しています。

鉢植えは草花用の培養土で問題なく育ちます。

黒花ポピー・ブラックマジックの育て方のポイント

水やり

乾燥気味を好む草花です。地植えは、植え付け時以外は雨にまかせて問題ありません。

鉢植えは、鉢の表面の土が乾いたら、鉢底から流れ出てくるくらいたっぷりと水やりをしましょう。

肥料

肥料が多すぎると花付きが悪くなるので、元肥以外は少なめに施しましょう。

地植えは、すでに草花が植えられている土なら肥料をやらなくても育ちます。

病害虫

アブラムシ:新芽や茎、若い葉や葉の裏にくっついて吸汁して株を弱らせます。

黒花ポピー・ブラックマジックの詳しい育て方

選び方

下葉だけの状態の苗が早春に流通します。葉の色がきれいな苗を選びましょう。

種まき

黒花ポピーの種まきは、夏の暑さが落ちついた9月中旬以降~10月が適時です。

ポピー類は直根性の根の性質を持つので、直まきかポット苗に種をまき、間引いて育苗するのが簡単です。

植え付け

ポピー類は植え替えを嫌います。ポットから出した苗は、根をほぐさずそのまま植え付けましょう。

3月~5月に開花します。種を採る目的以外は、終わった花茎を早めに摘み取った方がたくさんの花が楽しめます。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

黒花ポピー 種

種で増やすことができます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

人気の植物ランキング