ポポーの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
ポポー
学名

Asimina triloba

英名
Pawpaw
科名
バンレイシ科
属名
ポポー属
原産地
北アメリカ

ポポーの特徴

見た目の特徴としては、庭などに地植えされているポポーは背丈が10m位まで生長します。アケビのような実を付け、果肉は黄色や薄オレンジ色をしています。完熟した実は自然に落ちるので、食べごろがわかります。 雄雌同株の植物なので、両方植えないと実がならないです。果実の匂いは強く独特な匂いがします。1~2年目のポポーの木はあまり生長しませんが、3年目以降になると急生長します。温帯で生育する植物ですが、耐寒性があるのでマイナス30℃くらいの寒さでも耐えられます。日本各地でポポーの木は生育しています。

ポポーの詳細情報

園芸分類 果樹
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 黒紫色
開花時期 5月頃

ポポーの種類・品種

ポポーは種類や品種が多い植物です。種類によって果肉の色が異なります。ミッシェルの品種は、一番果実が大きいです。耐寒性があり、果肉は色と香りはバナナの用です。ペンシルバニア・ゴールデンの呼ばれている品種は、ニューヨーク育ちです。果実は中ぐらいの大きさですが、おいしくて甘いです。ベカリフォルニアで育成されたベッカーズ・ゴールドは、味が濃厚ですが、果実のサイズが小ぶりです。

ポポーの果実の美味しい食べ方

ポポーの果実はあまり市場では見かけませんが、栄養も豊富に含んでいるので、花言葉通り「健康」によい果物です。種類にもよりますが、バナナに似た味をしている品種が多いです。 ポポーの果実の美味しい食べ方として、ジャムやシャーベットなどがあります。ジャムは、ポポーの皮を取り、果肉、砂糖、レモン汁を鍋に入れて煮ればジャムが出来上がります。作る量にもよりますが10分前後でできるので、手軽にできるレシピです。 シャーベットは、つぶした果肉を冷凍庫で冷して作ります。 色々加工してもおいしいですが、一番簡単でおいしいポポーの果実の食べ方は、ナイフで半分にして果実をそのまま食べることです。

ポポーの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
植え替え
剪定
開花
収穫
肥料

ポポーの栽培環境

用土

鉢植えの場合は、小粒の赤玉と腐葉土と川砂を配合した用土で植えます。庭に地植えにする場合は、腐葉土を耕した土に混ぜて植えます。

ポポーの育て方のポイント

水やり

庭に地植えをしてあるポポーは、特に水やりの必要はないです。鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら水を与える程度で大丈夫です。

肥料

2~3月、8月~10月ぐらいに骨粉入りの油っ粕や有機肥料を与えると、果実も沢山実ります。

病害虫

ポポーは比較的病害虫には強い植物ですが、イラガやアブラムシなどがつきやすいです。市販されているスプレータイプの殺虫剤でも防ぐことができますが、見つけたら駆除することもできます。
アブラムシ:アブラムシは3月から5月に多く発生する害虫です。新芽や茎、若い葉や葉の裏にくっついて吸汁して株を弱らせます。春から秋に発生するので見つけ次第、駆除しましょう。

ポポーの詳しい育て方

選び方

育苗ポットの中にしっかりと根を張り、幹や枝の生育が良い苗を選びます。また、病害虫についてもチェックします。

種まき

ポポーの種は、温度が25℃以上にならないと発芽しないので、春先の5月から7月頃が良いです。赤玉や園芸用の培養土などが入っている育苗ポットの中に種を一つづついれて蒔きます。水やたっぷりと与えます。

植え付け

ポポーの苗木は、葉が落ちてから植付けをします。育苗ポットから苗を取り出す時に、根の周りについている土は取らないで根を傷めないように注意が必要です。庭に複数の苗木を植える場合は、3~5mくらいの間隔を開けて植えないと混み合ってしまいます。

剪定・切り戻し

ポポーの剪定は、樹木の葉が落ちてから行いますので、12月から1月が適期です。ポポーの花芽は前の年に伸びた枝の基の部分についているのでこの芽は切らないように剪定をします。伸びた枝の先端の方から切り詰めていくと花芽を切ってしまう心配がないです。また、混み合ったいたり、風通しがわるい部分の枝も切り落とします。

収穫

ポポーの実は9月から10月上旬にかけて収穫できます。実が熟してくると自然に落ちてきますが、果実の外側が柔らかくなってきたら熟しています。食べごろは、収穫してから2~3日おいて、果実の香りが出て来た頃です。

ポポーを種から育てる”コツ”

ポポーは種(実生)からも育てることができる植物ですが、他の植物の種蒔きと異なり、ちょっとした“コツ”があります。そのコツは、蒔く前に一度種を冷蔵庫で冷やすことです。ポポーの種は、発が前に寒さを与えないと発芽しない特性を持っているためです。 熟した果実から取り出した種は、綺麗に洗い、濡れたキッチンペーパーなどに包み、乾燥しないようにビニール袋に入れて冷蔵庫に入れておきます。 また、種まきをする時期は、気温が25度以上にならないと発芽しないので、5月から7月頃に種まきをします。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング