猫草(ネコグサ)の育て方|植物図鑑

植物名
猫草(ネコグサ)
学名

Avena fatua

英名
Cat grass、Avena sativa
和名
猫草
科名
イネ科
属名
カラスムギ属
原産地
ヨーロッパ

猫草(ネコグサ)の特徴

猫草として販売されている種はあまりよい環境で管理されておらず、花をつける前に枯れてしまうことがほとんどです。収穫を目的としたエンバク(猫草)の場合、3月に種をまき、6月になると茶色の花をつけます。花言葉はありません。 収穫前の皮に包まれた種がツバメに似ていることから「燕草」の名前がつけられました。 カラスムギの種は生存戦略として、水分に触れると回転することで知られています。地表に落ちてから雨が降ると、ねじるような動きで土中に侵入。種の周りには細かい毛が生えており、フックのような役割を果たして地面に侵入します。

猫草(ネコグサ)の詳細情報

園芸分類 芝・グラス
耐寒性 やや弱い
耐暑性 やや強い

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング