オレガノ・ケントビューティーの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
オレガノ・ケントビューティー
学名

Origanum ‘Kent Beauty’

科名
シソ科
属名
ハナハッカ属(オリガヌム属)
原産地
ヨーロッパ

オレガノ・ケントビューティーの特徴

オレガノ・ケントビューティーは、本来のハーブのオレガノではなく、「花オレガノ」と呼ばれる、観賞用のオレガノで、日本で販売されるようになったのは、1990年代以降です。ホップに似た花はガクで、ガクの合間からピンクの小花が咲きます。四季咲き性があり、定期的に切り戻すと、長期間花が楽しめます。気温によって、ガクの部分が、グリーンの時と、ピンクの時があり、それぞれとてもきれいな色合いです。地植えの他、鉢植えや、少し垂れるように生長するので、ハンギングバスケットの素材としても利用できます。

オレガノ・ケントビューティーの詳細情報

園芸分類 ハーブ
草丈・樹高 20~30㎝
耐寒性 強い
耐暑性 普通
花色 ピンク
開花時期 5月~7月、9月~11月

オレガノ・ケントビューティーの栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりと風通しのよい場所を好みます。寒さには強いですが、高温多湿に弱いので、真夏はは風通しがよく、半日陰程度の光の場所に置いた方が夏越ししやすくなります。蒸れにとても弱いので、注意しましょう。
オレガノケントビューティーは、買ってきた直後、いきなり強い光にあうと、葉焼けしてしまうことがあります。お日様が大好きな植物ですが、夏場に苗を購入した場合は、環境に徐々に慣らすようにしましょう。

温度

寒さには強いですが、高温多湿に弱いです。

用土

水はけ、通気性のよい土が適しています。水はけがよい土が合うので、花用の培養土の他、ハーブ用の土、山野草の土なども適しています。

オレガノ・ケントビューティーの育て方のポイント

水やり

表面の土が乾いたらたっぷりとあげるようにします。蒸れると、葉っぱが傷みやすいので、水やりは土にやるようにして過湿にならないよう心がけましょう。

肥料

春と秋、剪定後に、必要に応じて与えます。多肥は禁物なので、使っている肥料の規定量より、少なめにあげるようにしましょう。オレガノケントビューティーは、肥料が多すぎると、葉の色が変色します。

病害虫

アブラムシ
アブラムシは、おもに植物の新芽やつぼみに群生して、植物の汁を吸い、生育を阻害します。さらに、ウィルス病を媒介するため植物にダメージを与え、大量のアブラムシに侵された植物はやがて枯れてしまします。早期発見が肝心です。見つけたら駆除していきます。

オレガノ・ケントビューティーの詳しい育て方

選び方

春以降、秋ごろまで流通しています。ヒョロヒョロと丈が伸びていない、葉が美しい苗を選びましょう。

種まき

植え付け

真夏と真冬以外の春と秋の陽気のよい時が適しています。

剪定・切り戻し

花が終った花がらを取り去りつつ、ひと通り花が終わるたびに、株元から1~2節残して、バッサリと切り戻しします。しばらくすると新芽がでてきて、開花します。

植え替え・鉢替え

鉢植えのオレガノケントビューティーは、2~3年に1回、植え替えます。

四季咲き性があるので、春の一番花以降は定期的に切り戻すと、長期間、花を楽しむことができます。

収穫

オレガノケントビューティーは、食用ではなく、観賞用のオレガノです。収穫した花は、切り花やドライフラワーとして楽しむことができます。

夏越し

オレガノケントビューティーは、夏の高温多湿が苦手です。夏前に切り戻して、スッキリとした株で夏を越すようにしましょう。

冬越し

気温によりますが、冬場は地上部は枯死します。冬前に、地上部分は、バッサリと切り詰めておきます。地下の根は生きているので、水は土が乾いたらあげるようにします。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

さし芽または株分けで増やすことができます。

さし芽のやり方
春と秋の陽気のよい時期に、茎の先端を10cmほど切って、さし木用の土に挿しておくと、しばらくすると発根します。発根するまでは、直射日光の当たらない、風通しのよい所で管理します。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング