害虫「コガネムシ」対策。幼虫にも気を付けよう。

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

幼虫から成虫まで、さまざまな食害を起こすコガネムシ。

見た目はきれいでかわいいのですが、繁殖力が高く、根気よく駆除していかなくてはいけません。コガネムシが鉢に卵を産まないように気を付けることが一番ですが、発生してしまったら地道に成虫を駆除することと、卵を産ませないようにすることが大切です。

コガネムシの予防と対策、駆除の方法をお教えします!

目次

そもそもコガネムシとは?害虫なの?

体長17mm~23mmほどのきれいな緑色の甲虫で、発生時期について幼虫は一年中、成虫は5~8月です。成虫は葉を食害するため、大量発生するとあっという間に葉がレース状に食べられてしまうなどの被害があります。

幼虫はさらに強敵で、植物の根を食害します。水やりはしているのに植物になぜか元気がない、なんだかぐらぐらしている・・・そんな時はもしかしたら鉢の中にコガネムシの幼虫がいるかもしれません。

害虫かどうかは、人間が決めているだけなのですが、バラなどを育てている方にとっては根を食害されてしまうと生育に多大な影響が出るので害虫とみなされる場合が多いです。

目次に戻る≫

コガネムシが好きな植物

コガネムシの食餌植物(餌になる植物)はたくさんあります。成虫幼虫問わずダイズやインゲンなどマメ科の植物が特に好きですが、クリ、ブドウ、カキなどの果樹、カシ、ウバメガシ、イヌマキ、マサキやロシアンオリーブ、アカシア(ミモザ)、ヤナギなどの樹木にもよくつきます。バラやボタン、ラベンダーなどの花も大好きです。また、幼虫が2匹いればバラの鉢植えが一鉢ダメになってしまうほど、幼虫の食欲はとても旺盛です。

目次に戻る≫

コガネムシの被害

葉に食べられた後があったり、直径3mm程度の黒い糞がある場合は成虫がいる可能性があります。鉢や庭の土がふわふわ、こんもりとなっており、まるで小さいモグラでもいるのかな?という状態の場合は成虫が土の中に潜って卵を産み付けているかもしれません。

被害にあった植物を放っておくと

葉の食害の場合はある程度回復しますが、糞などが残っているとそのフェロモン臭に成虫が集まってきてしまうので、糞は取り除いた方がよいでしょう。また、幼虫に根を食べられてしまうと、養分の吸収が出来なくなって生育が悪くなり、大発生すると、苗だけでなく樹木でも枯れることがあります。

 

目次に戻る≫

 

 

\コガネムシの駆除方法はこちらへ/

 

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「害虫「コガネムシ」対策。幼虫にも気を付けよう。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ