【永久保存版】植木鉢の種類・サイズ・土の量

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

植物を植えるのに必須の鉢って、号数とか大きさだけじゃなくて深さも素材も形も種類がありすぎて、正直何が何だかわからない!初心者さんはもちろん、長年ガーデニングしている方でも、理解しきれていない方は多いのではないでしょうか。鉢の大きさ・号数・素材・必要な土の量・適している植物など、鉢に関する、わからない!教えて!情報を全てまとめました!

目次

鉢の号数

植木鉢の大きさは、円の直径を意味する「号」で表されます。1号=約3cmなので、3号鉢は直径が9cmの鉢のことを指します。鉢の厚さや高さによって土の量なども変わってきますが、ここでは一般的な鉢を目安として表記します。

目次に戻る≫

鉢の大きさのメリット・デメリット

まずはじめに、鉢が適切なサイズよりも大きいとき、小さいときのメリットとデメリットをご紹介します。  鉢が大きいとき ○根を広く張れるので、大きく育つことができる  ○保水量が多くなるので水やりの間隔をあけられる  ○夏場の水切れが起こりにくい  ×土の量が増え、重くなる  鉢が小さいとき ○狭いスペースでも育てられる  ○株をこれ以上大きくしたくないときには有効  ○土の量が少ないので軽く、移動がしやすい  ×水切れが起こりやすく、こまめな管理が必要  ×根が詰まりやすく、株が大きく育たない

まずはじめに、鉢が適切なサイズよりも大きいとき、小さいときのメリットとデメリットをご紹介します。

鉢が大きいとき

根を広く張れるので、大きく育つことができる

保水量が多くなるので水やりの間隔をあけられる

夏場の水切れが起こりにくい

×土の量が増え、重くなる

鉢が小さいとき

狭いスペースでも育てられる

株をこれ以上大きくしたくないときには有効

土の量が少ないので軽く、移動がしやすい

×水切れが起こりやすく、こまめな管理が必要

×根が詰まりやすく、株が大きく育たない

目次に戻る≫

 

 

 

\色々なサイズの鉢のはこちらへ/

 

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「【永久保存版】植木鉢の種類・サイズ・土の量」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ