お部屋ですこやかに育てる!水栽培のおさらい

shibuyan

shibuyan

23378views
公開日 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

夏や秋に始めた水栽培。気温もまだ暖かく植物もいきいきと気持ちよさそうに成長している姿はうれしいものです。さて、水栽培についておさらいしましょう。

 

水栽培のメリット

虫が付きにくい

外で栽培している場合はどうしても気になるのは害虫。気を付けていても知らぬまに飛来していることもあります。飛来を防ぐためにネットを掛けたり対策が必要な植物もあります。室内での管理になるため害虫被害は外で育てているものよりは低くなります。

水やりの心配がいらない

土が乾いてから・・・などの心配がなくなります。そのためちょっとした旅行などて家を空けることがあっても枯らす心配はなくなります。
IMGP8355

 

水栽培のデメリット

カビの発生・根腐れすることもある

水やりはしなくてもよいですが、放置してしまうカビの発生、根腐れの原因になります。

 

水栽培に大事なポイント!

メリット、デメリットがわかったところで植物を健やかに育てるため水栽培で大事なことをおさらいしましょう。

水はこまめに変えよう

水に漬かっているから大丈夫ではありません。その水はきれいですか?何日も放置している水は濁ったり、嫌なとろみがでたりします。気持ちのよいものではないです。植物が気持ちよく過ごせる環境にしてあげましょう。

bottle_water

 

容器はきれいですか?

水は変えているけれど・・・どうも濁って見える。容器もきれいに洗っていますか?せっかく水をかえても入れ物にヌメヌメが付着していたら意味がないですね。花瓶、水栽培専用のスポンジを一つ用意しておき水換えの時に一緒に容器もしっかりと洗いましょう。

 

空調の場所と置き場の関係

水栽培の容器はどこに置いていますか。空調が当たる場合は場所を移動させましょう。
img_0449

 

水温は?

冬場の水は冷たいですよね。急に冷たい水につけるよりは少し汲み置きしておくなどして常温の水を使ってあげたりしてもよいでしょう。

 

球根の水栽培

秋から冬にかけては球根の水栽培も室内で楽しめます。春にお花を咲かすために気を付けたいことを見ていきましょう。

発根するまでは暗い場所で管理

球根を器にセットしたら発根するまでは遮光が大事。暗い場所がない場合は空き箱などで覆うなどして遮光しましょう。。水替えは1、2週間に1度取り替えます。
bo_kyukon


水換えの頻度は?

図2

続きを読む

Pages: 1 2

「お部屋ですこやかに育てる!水栽培のおさらい」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

shibuyan
shibuyan

いろいろな花・植物と暮らしています。特にバラなどのお花やハーブが好きですが、多肉植物なども育ててみたり。たまにハンドメイドやDIYにも挑戦したりしています。

 

オススメ特集