【随時更新】編集部のピーマン栽培日記

無津呂 理沙

無津呂 理沙

このライターの記事一覧

公開日 :

暖かくなり、家庭菜園シーズン到来!編集部でもピーマンを育ててみることにしました。日々の生長や管理を記録していきます。ぜひ、参考にしてください♪

目次

ピーマン苗の植え付けにチャレンジ!

使用するもの

  • ピーマンの苗
  • プランター
  • 培養土
  • 鉢底石
  • 支柱
  • 麻紐

苗の紹介

今回使用するピーマンの苗はサントリー本気野菜の「若穫りライムホルン」。

早生で、上段までよく実り、 秋まで長く収穫できる苗。なんと言っても魅力はその甘さ。苦味がなく、フルーティで甘い果肉はお子様からも大人気!今から収穫が楽しみです♪

植え付け

まずは、バケツに水を用意して、苗を入れます。苗にしっかり水を吸収させます。

 

プランターはピーマンが生長することを考えて幅、深さともに30㎝程度のものがおすすめです。鉢底石を培養土を入れていきます。今回使用した瀬戸ヶ原花苑さんの「花と野菜のプレミアム培養土」は軽くて扱いやすいふわふわの土。元肥入りで肥料効果が約3ヵ月続くので、植え付け時の肥料が不要です。

 

土の量の目安はこのくらい。鉢いっぱいに土を入れると、水やりのたびに土があふれ出てしまうので、鉢の7~8分目ぐらいにしましょう。

 

ポット苗を指の間で押さえて、優しく取り出します。

 

土に穴を掘って苗を入れ、優しく土を入れて植え付けます。

 

苗の周りの土を少し凹まして、苗にしっかり水が浸透するようにします。

 

植えたばかりの苗は土に活着するまでに少し時間がかかります。その際根が乾燥してしまわないためにも、植え付けから1週間位はしっかりと水を与えます。

 

強風で茎が折れたり倒れたりしないように麻ひもで誘引します。苗を傷めないように、緩めに結んだら完成です♪

目次に戻る≫

植え付け1週間後

植え付けて1週間が経ちました。雨の日以外は毎日水を与えています。

少しづつ、葉が増えてきました。

 

もうすぐ一番花が咲きそうです!とても楽しみ。

ピーマンはあまり手のかからない野菜ですが、もう少し経ったらわき芽を摘んで、仕立てていこうと思います。次回もお楽しみに♪

目次に戻る≫

 

 

▼編集部のおすすめ

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「【随時更新】編集部のピーマン栽培日記」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

無津呂 理沙
無津呂 理沙

福岡県出身。幼いころから家族の影響でボーイスカウトに所属し、自然が身近にある環境でのびのびと育つ。高校からはデザインの勉強をし、大学ではエディトリアルデザインを専攻。卒業後に上京し、現在イラストの勉強中。好きな植物は花苗とハーブ。特に花苗はチューリップとパンジーが好き。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

migiwa フラワーベース ツヤあり

販売価格:4,400円(税込)

【送料無料】観葉植物 2個セット アクアテラポット ガラス鉢

販売価格:4,950円(税込)

ラバーグローブ VOIRY STORE

販売価格:1,320円(税込)

『ボタニカルライフ』デイリーアクセスランキング

SPECIAL

おすすめ