ピーマンの育て方 〜お手入れ編〜

古幡真恵

古幡真恵

公開日 :

皆さんのピーマンは順調に育っていますか?

今回はピーマンの初期生育時に多い病害虫チェックや追肥の方法、水やりなど日頃のお手入れについてご紹介します。

目次

ピーマンの病害虫チェック

ピーマンの追肥

ピーマンの水やりなど

ピーマンの病害虫チェック

葉の裏にハダニが発生してないか、新芽の先にアブラムシはいないかよく確認しましょう。  特にハダニは乾燥すると発生しやすいので水分を与えることでかなり防ぐことができます。ニームや木酢液などを希釈してスプレーしてあげましょう。日頃からスプレーすることで病害虫を防ぐだけでなく、ニームや木酢液は葉に栄養も与えることができます。追肥による栄養補給以外にも、葉からの栄養補給も有効といわれています。  スプレー後、希釈液が余ったら土にそのまま与えても肥料代わりとなります。

葉の裏にハダニが発生してないか、新芽の先にアブラムシはいないかよく確認しましょう。

特にハダニは乾燥すると発生しやすいので、水分を与えることでかなり防ぐことができます。ニームや木酢液などを希釈してスプレーしてあげましょう日頃からスプレーすることで病害虫を防ぐだけでなく、ニームや木酢液は葉に栄養も与えることができます。追肥による栄養補給以外にも、葉からの栄養補給も有効といわれています。スプレー後、希釈液が余ったら土にそのまま与えても肥料代わりとなります。

 

目次に戻る≫

ピーマンの追肥

ピーマンは、肥料を好むお野菜です。植え付けて2週間後から追肥を始めましょう。その後は2週間ごとに、苗の状態を見ながら追肥をしてください。  肥料を施す位置は、葉が広がった先よりも少し先の方に施します。というのも、だいたい根の広がりというのは葉の広がりと同じくらいといわれています。そのため葉の先を目安に肥料を施します。  今回はプランターで育てているので、出来るだけ苗から離したプランターの外側に追肥をしましょう。

ピーマンは、肥料を好むお野菜です植え付けて2週間後から追肥を始めましょう。その後は2週間ごとに、苗の状態を見ながら追肥をしてください。

肥料を施す位置は、葉が広がった先よりも少し先の方に施します。というのも、だいたい根の広がりというのは葉の広がりと同じくらいといわれています。そのため葉の先を目安に肥料を施します。

今回はプランターで育てているので、出来るだけ苗から離したプランターの外側に追肥をしましょう。

目次に戻る≫

ピーマンの水やりなど

肥料同様、ピーマンはお水を好む性質がありますが、加湿にもまた弱い一面があります。  せっかく咲いたピーマンの花は、乾燥すると落花しやすくなります。日頃から土を乾燥させないように適度な水分を保ちましょう。  (ピーマンの水やりはあまり葉に水がかからないようにしてあげた方が、病気になりにくいように思われます。)  通常、畑で栽培する際は雨のはね返りによる病害虫を防いだり、夏の乾燥を防ぐために敷きわらを敷きます。  春夏のプランター栽培は、バーク堆肥などを敷いて梅雨時期の雨のはね返り・乾燥を予防するといくぶんそれらを防ぐことができますので、お試しください。

肥料同様、ピーマンはお水を好む性質がありますが、反対に加湿にも弱い一面があります

例えば、ピーマンの花は乾燥すると落花しやすい性質があります。日頃から土を乾燥させないように、適度な水分を保ちましょう。

ちなみに、ピーマンの水やりの際にはあまり葉に水がかからないようにしてあげた方が、病気になりにくいようです。水やりをする際は、ピーマンの株元に与えるようにしましょう。

通常、畑で栽培する際は雨のはね返りによる病害虫を防いだり、夏の乾燥を防ぐために敷きわらを敷きます。

春夏のプランター栽培は、バーク堆肥などを敷いて梅雨時期の雨のはね返り・高温期の乾燥を予防すると、いくぶんそれらを防ぐことができますのでお試しください。

 

いかがでしたか?

しっかりお手入れすることで、ピーマンの苗は茎も太くなり、大きく生長してくれます。そして、じきに収穫時期になります。とっても楽しみですね♪

▼編集部のおすすめ

ピーマン

  • ピーマンは、ナス科トウガラシ属の南アメリカ原産の一年草で、属名からわかるようにトウガラシの仲間です。比較的病害虫にも強く、プランターでも育てることができるので、ベランダやお家で育てやすい野菜の1つです。

    ピーマンの幼苗の頃は、トウガラシ、パプリカと葉の形、枝の付き方、花なども見分けがつかないほどよく似ています。

目次に戻る≫

 

 

▼関連ワード

「ピーマンの育て方 〜お手入れ編〜」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

おすすめ