マーガレットの育て方|剪定のコツとマーガレットを使った寄せ植えもご紹介!

戸松敦子

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

マーガレットの育て方や花をたくさん咲かせる剪定のコツを紹介します。マーガレットは丈夫で育てやすく、秋から春までの長い間次々と可愛い花を咲かせるのでとても人気があります。庭植え、寄せ植え、ハンギングバスケットなど幅広く使うことができます。マーガレットを使った寄せ植えについてもお話しします。

目次

マーガレットはどんな植物?

マーガレットはキク科の半耐寒性多年草。開花期は11~5月と長く、ガーデニングでとても人気のある花です。代表的なものは花の中心が黄色で、白く細い花びらが特徴のタイプ。葉はギザギザしていて、スラリとした茎を伸ばして花を咲かせます。一重から八重咲き、ポンポン咲きなど変化に富み、花色も豊富に流通しています。草丈は品種によって様々で、30~100㎝まであります。  マーガレットは霜に当たらなければ戸外でも冬越しができ、秋から春まで長い間花を楽しめます。高温多湿が苦手なため、梅雨時や真夏の高温期には花を休みます。(涼しい地域では夏場も花を楽しめます。)  マーガレットは庭植え、鉢植えどちらでも育てられます。地植えにして上手に夏越しできると、年々株が大きくなりたくさんの花を咲かせます。  マーガレットの花言葉のひとつとして「真実の愛」があります。ウエディングにもぴったりな花言葉を持つ花としても人気があり、花嫁さんのブーケの花材にも用いられます。

マーガレットはキク科の半耐寒性多年草。開花期は11~5月と長く、ガーデニングでとても人気のある花です。代表的なものは花の中心が黄色で、白く細い花びらが特徴のタイプ。葉はギザギザしていて、スラリとした茎を伸ばして花を咲かせます。一重から八重咲き、ポンポン咲きなど変化に富み、花色も豊富に流通しています。草丈は品種によって様々で、30~100㎝まであります。

マーガレットは霜に当たらなければ戸外でも冬越しができ、秋から春まで長い間花を楽しめます。高温多湿が苦手なため、梅雨時や真夏の高温期には花を休みます。(涼しい地域では夏場も花を楽しめます。)

マーガレットは庭植え、鉢植えどちらでも育てられます。地植えにして上手に夏越しできると、年々株が大きくなりたくさんの花を咲かせます。

マーガレットの花言葉のひとつとして「真実の愛」があります。ウエディングにもぴったりな花言葉を持つ花としても人気があり、花嫁さんのブーケの花材にも用いられます。

マーガレットの植物図鑑はこちら

マーガレット

  • マーガレットは、日本には明治時代の末期にヨーロッパから伝わって来た常緑多年草です。品種によっては一年草扱いされることもあります。庭に植え付けると、年々株が大きくなり春にたくさんの花を咲かせます。一重の白い花を咲かせるマーガレットが有名ですが、園芸品種も多く出回っており、一重から八重咲まで咲き方や花色ともに豊富です。葉は細く尖端がギザギザと尖っているのが特徴です。

    品種によって丈が様々で、背丈のある品種は1mを超えるものもあります。深い切れ込みの入った葉の中に密集するように沢山の花を咲かせます。一輪一輪の可憐な雰囲気は、切り花としても人気があります。

 

目次に戻る≫

マーガレットの種類

定番のマーガレットといえば、花の中心が黄色くて真っ白い花びらがつくこのタイプの一重咲き。白と黄色のコントラストが可愛いシンプルな姿はとても可憐なイメージです。

定番のマーガレットといえば、花の中心が黄色くて真っ白い花びらがつくこのタイプの一重咲き。白と黄色のコントラストが可愛いシンプルな姿はとても可憐なイメージです。

 

一重咲きタイプには、花の中心が黄色で花びらが桃色、花の中心が濃い黄色で花びらが淡い黄色の種類もあります。一重咲きはすっきりとした上品さを好む方におすすめです。

一重咲きタイプには、花の中心が黄色で花びらが桃色、花の中心が濃い黄色で花びらが淡い黄色の種類もあります。一重咲きはすっきりとした上品さを好む方におすすめです。

 

このように、濃いピンクと淡いピンクの花が混ざって咲くタイプもあります。

このように、濃いピンクと淡いピンクの花が混ざって咲くタイプもあります。

 

この写真は白い八重咲きのマーガレット。ポンポン咲きとも言われます。コロンとした丸みがとてもラブリーです。

この写真は白い八重咲きのマーガレット。ポンポン咲きとも言われます。コロンとした丸みがとてもラブリーです。

 

これはタンポポ咲きと言われるマーガレット。咲き進むにつれて、花の中心部がタンポポのように丸くなっていく姿が可愛らしいタイプです。  マーガレットの咲き方は、その他に花の中心がアネモネのようにこんもりと咲くアネモネ咲きと言われる品種もあります。

これは松原園芸さんオリジナル品種「たんぽぽ咲きマーガレット」。咲き進むにつれて、花の中心部がタンポポのように丸くなっていく姿が可愛らしいタイプです。

マーガレットの咲き方は、その他に花の中心がアネモネのようにこんもりと咲くアネモネ咲きと言われる品種もあります。

マーガレットの花言葉はこちら

 

目次に戻る≫

マーガレットの日当たり・植え付け

マーガレットは日当たりが良い場所を好みます。寒さにそれほど強くない性質ですが、温暖地では戸外で冬越ししている姿をよく見かけます。寒冷地では寒い間は室内の明るい窓辺で管理しても良いでしょう。  マーガレットは真夏の高温多湿もあまり得意ではありません。できれば暑い時期は直射日光を避けて、風通しの良い明るい日陰で育てることをおすすめします。暑さ寒さに少し注意が必要ですが、マーガレットは基本的に丈夫なので環境が合えばそれほど手をかけなくてもよく育ちます。  マーガレットの苗は、株がしっかりしてぐらついていないものを選びましょう。葉につやがあり蕾がたくさんついているものがおすすめです。  マーガレットは市販の草花用培養土で問題なく育ちます。庭に植える際、水はけが悪い場合ば腐葉土をすき込むなどして土をふかふかにしてから植え付けましょう。  マーガレットを植え付ける適期は春か秋。鉢植えの場合ば根がつまってきたら一回り大きな鉢に植え替えましょう。

マーガレットは日当たりが良い場所を好みます。寒さにそれほど強くない性質ですが、温暖地では戸外で冬越ししている姿をよく見かけます。寒冷地では寒い間は室内の明るい窓辺で管理してもよいでしょう。

マーガレットは真夏の高温多湿もあまり得意ではありません。できれば暑い時期は直射日光を避けて、風通しの良い明るい日陰で育てることをおすすめします。暑さ寒さに少し注意が必要ですが、マーガレットは基本的に丈夫なので環境が合えばそれほど手をかけなくてもよく育ちます。

マーガレットの苗は、株がしっかりしてぐらついていないものを選びましょう。葉につやがあり蕾がたくさんついているものがおすすめです。

マーガレットは市販の草花用培養土で問題なく育ちます。庭に植える際、水はけが悪い場合ば腐葉土をすき込むなどして土をふかふかにしてから植え付けましょう。

マーガレットを植え付ける適期は春か秋。鉢植えの場合ば根がつまってきたら一回り大きな鉢に植え替えましょう。

目次に戻る≫

マーガレットの水やり

マーガレットはどちらかというと乾燥気味を好みます。乾燥気味の方が根の生長も良くなり、株全体も状態良く育ちます。  水のやりすぎに注意して、土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをします。なるべく花や葉に水がかからないように株元に水やりしましょう。冬場は土が乾きにくいので、さらに水やりの回数を少なくします。

マーガレットはどちらかというと乾燥気味を好みます。乾燥気味の方が根の生長も良くなり、株全体も状態良く育ちます。

水のやりすぎに注意して、土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをします。なるべく花や葉に水がかからないように株元に水やりしましょう。冬場は土が乾きにくいので、さらに水やりの回数を少なくします。

目次に戻る≫

マーガレットの剪定・切り戻し

マーガレットは5月頃に開花がひと段落したら、一度切り戻しをして草丈を整えます。切り戻ししないでそのままにしてしまうと、ひょろひょろと伸びて弱い株になってしまいます。梅雨前に切り戻すことで蒸れや過湿を防ぐこともできます。  秋も同じく開花後に切り戻しを行います。草丈を半分くらいに切り戻すと翌春に新芽が出やすい状態になり、たくさんの花を咲かせてくれます。

マーガレットは5月頃に開花がひと段落したら、一度切り戻しをして草丈を整えます。切り戻ししないでそのままにしてしまうと、ひょろひょろと伸びて弱い株になってしまいます。梅雨前に切り戻すことで蒸れや過湿を防ぐこともできます。

秋も同じく開花後に切り戻しを行います。草丈を半分くらいに切り戻すと翌春に新芽が出やすい状態になり、たくさんの花を咲かせてくれます。

目次に戻る≫

マーガレットの肥料のやり方・病害虫

肥料

植え付け時に肥料入りの培養土を使ったときは、1カ月後から肥料を与えましょう。

基本的に、春と秋に緩効性肥料を置き肥します。夏の生長が止まる時期には肥料は与えません。

マーガレットは肥料を与えすぎると葉が黄色くなるサインを出します。過肥には注意しましょう。

病気と害虫

マーガレットがかかりやすい病気は立ち枯れ病です。病原はカビの一種です。主に地際部の茎が褐色になって腐敗し細くくびれ、倒れて枯れてしまいます。高温多湿時に発生しやすいため、乾燥気味に管理しましょう。

マーガレットにつきやすい虫はアブラムシとヨトウムシです。見つけたらすぐに対処しましょう。

マーガレットの病害虫についてはこちら

 

目次に戻る≫

マーガレットを使った寄せ植え

花の中心が黄色いシンプルなマーガレットに、黄色いラナンキュラス、ネメシア、コロニラ、ロータスブリムストーンを合わせ、紫のブラキカムを指し色に使い、白いスーパーアリッサムで爽やかさをプラス。アイビーとカレックスがアクセントになっています。  この寄せ植えは、早春から5月頃まで楽しめる組み合わせです。まだ肌寒さが残る2月頃、ビタミンカラーの明るい黄色でコーディネートした寄せ植えを飾ると元気に春を迎えられそうですね。

「花の寄せ植えレッスン!どんな組み合わせにする?」この寄せ植えは、渋谷園芸の樺澤智江さんに教わりました。

花の中心が黄色いシンプルなマーガレットに、黄色いラナンキュラス、ネメシア、コロニラ、ロータスブリムストーンを合わせ、紫のブラキカムを指し色に使い、白いスーパーアリッサムで爽やかさをプラス。アイビーとカレックスがアクセントになっています。

この寄せ植えは、早春から5月頃まで楽しめる組み合わせです。まだ肌寒さが残る2月頃、ビタミンカラーの明るい黄色でコーディネートした寄せ植えを飾ると元気に春を迎えられそうですね。

▼渋谷園芸の樺澤智江さんに教わった、マーガレットを使った寄せ植えはこちら

 

白いポンポン咲きのマーガレットに、紫のレースラベンダー、フレンチラベンダー、ブラキカムを合わせた寄せ植えです。アクセントとして、セネシオ、ハツユキカズラ、ミスキャンタスなどの白っぽいリーフを使っています。さらに、白い器を合わせることで清潔感のある爽やかで上品なイメージの寄せ植えになっています。

白いポンポン咲きのマーガレットに、紫のレースラベンダー、フレンチラベンダー、ブラキカムを合わせた寄せ植えです。アクセントとして、セネシオ、ハツユキカズラ、ミスキャンタスなどの白っぽいリーフを使っています。さらに、白い器を合わせることで清潔感のある爽やかで上品なイメージの寄せ植えになっています。

目次に戻る≫

マーガレットを育てよう!

マーガレットは庭植えにするとワイルドにのびのびと育ち、鉢植えや寄せ植えに使うとコンパクトに楽しめます。温暖地では秋から春まで長い期間花を咲かせ、上手に夏越しできると毎年花を楽しむことができます。ぜひ、お気に入りのマーガレットをみつけて育ててみてはいかがでしょうか。

マーガレットは庭植えにするとワイルドにのびのびと育ち、鉢植えや寄せ植えに使うとコンパクトに楽しめます。温暖地では秋から春まで長い期間花を咲かせ、上手に夏越しできると毎年花を楽しむことができます。ぜひ、お気に入りのマーガレットをみつけて育ててみてはいかがでしょうか。

目次に戻る≫

 

 

▼編集部のおすすめ

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「マーガレットの育て方|剪定のコツとマーガレットを使った寄せ植えもご紹介!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料】観葉植物 2個セット アクアテラポット 陶器鉢 ホワイト ガジュマル×パキラ

販売価格:4,950円(税込)

ソダテマス 盆栽栽培セット さくら

販売価格:1,100円(税込)

ハイポネックス 錠剤肥料オリーブの肥料12-12-12

販売価格:704円(税込)

SPECIAL

おすすめ