マーガレットの育て方|植物図鑑

植物名
マーガレット
学名

Argyranthemum frutescens

英名
Marguerite
和名
木春菊(モクシュンギク)
科名
キク科
属名
モクシュンギク属
原産地
カナリア諸島

マーガレットの特徴

マーガレットは、日本には明治時代の末期にヨーロッパから伝わって来た常緑多年草です。品種によっては一年草扱いされることもあります。庭に植え付けると、年々株が大きくなり春にたくさんの花を咲かせます。一重の白い花を咲かせるマーガレットが有名ですが、園芸品種も多く出回っており、一重から八重咲まで咲き方や花色ともに豊富です。葉は細く尖端がギザギザと尖っているのが特徴です。

品種によって丈が様々で、背丈のある品種は1mを超えるものもあります。深い切れ込みの入った葉の中に密集するように沢山の花を咲かせます。一輪一輪の可憐な雰囲気は、切り花としても人気があります。

マーガレットの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 30㎝~100㎝
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
耐陰性 強い
花色 白、ピンク、黄色、クリーム色、アプリコット色
開花時期 11~5月頃

マーガレットの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
肥料
開花

マーガレットの栽培環境

日当たり・置き場所

マーガレットは日当たりのよい場所を好みます。地植えにする場合は、日当たりがよく寒風の当たらない、水はけのよい土に植え付けます。

温度

マーガレットの育成の適正温度は15℃~20℃ですが、寒さにも強く日当たりのよい暖かい場所では、真冬でも花を咲かせることもあります。真夏の気温が高い季節は生長が鈍ります。

用土

マーガレットは水はけよく肥沃な土壌を好みます。鉢植えは市販の培養土でも問題なく育ちます。地植えのマーガレットは、植え付け前に腐葉土をすき込み、ふかふかの土にしましょう。

マーガレットの育て方のポイント

日常の管理

マーガレットの花が終わったら、花を茎の根元から摘み取ります。黄色くなった古い葉は摘み取ります。

水やり

マーガレットは乾燥気味を好みます。過度な水やりには注意しましょう。土の表面が乾いたら、鉢底から流れ出るくらいたっぷりと水やりをします。

肥料

マーガレットの花付きを良くしたい場合は腐葉土などを土に混ぜ込むか、春と秋に緩効性肥料を置き肥します。夏の生長が止まる時期には肥料は与えないようにしましょう。マーガレットは肥料を与えすぎると葉が黄色くなるサインを出します。過肥には気を付けましょう。

病害虫

病気
立ち枯れ病

害虫
マーガレットの害虫で、被害が出てやっと気づいた時にはもう遅い、という害虫がいます。それは「センチュウ」です。これは他の害虫と違い、花や葉に着くのではなく、植物体に寄生するので発見が難しい害虫です。予防としてマーガレットを植え付ける際、土に薬剤を散布する方法が一番良く効きます。その他、アブラムシヨトウムシに気を付けましょう。

マーガレットの詳しい育て方

選び方

マーガレットの苗は春ごろ出回ります。苗は株元がしっかりしていてぐらついていない、花芽が沢山ついている株がよいでしょう。アブラムシがついていないかをチェックし、葉の先端が黄色くなっていないものを選びます。

マーガレットの丈は品種によって30~100cmと様々です。寄せ植えの材料としてマーガレットを使う際は、矮性タイプのマーガレットを選びましょう。庭や花壇にマーガレットを植栽する場合は、最終的な生長丈を確認してから適切な場所に植え付けます。

植え付け

マーガレットの植え付けは3~6月、9~10月に行います。

仕立て方

マーガレットの仕立て方で大切なのは「切り戻し」です。一度も剪定や切り戻しをしないで生長させると、株元に葉がない状態になることが多いので、春と秋の開花後、思い切って半分程度に切り戻しをします。切り戻しをすると、そこから枝分かれして葉や茎が生長してくるため、株元まできれいな葉がびっしりとついた安定感のある見た目の美しい株になります。

ただし、切り戻しをする際は、枝に葉を残して剪定をするようにしましょう。剪定して葉がまったくなくなってしまうと、株が枯れてしまう可能性があります。

剪定・切り戻し

マーガレットは3~6月の花が終わったら花の終わった枝を切り戻します。わき目から秋に二番花を咲かせてくれます。

秋も同じく開花後に切り戻しを行います。大きく草丈が伸びたものを半分以下に切り戻すと翌春に沢山の花を咲かせます。

植え替え・鉢替え

マーガレットは根が詰まってきたら、一回り大きな鉢に植え替えます。真冬と真夏は避けて、4~5月、10月頃の暖かい日に行いましょう。

マーガレットは11月~5月頃に開花します。

収穫

マーガレットの花は切り花でも流通しています。庭で育てたマーガレットを収穫する際は、朝か夕方以降の時間帯に収穫しましょう。

夏越し

マーガレットは夏の暑さに弱い草花で、真夏に株元が蒸れて弱ってしまうことが多いようです。マーガレットは夏の間はほとんど生長しないため、肥料などは与えず風通しのよい場所で管理しましょう。

夏をうまく越せたマーガレットは、2年目以降は古い茎は木質化してきます。

冬越し

マーガレットは関東平野部や暖地程度の気温なら問題なく冬越し可能です。寒冷地では霜が当たらない様に屋外なら軒先など屋根のある場所で管理しましょう。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

マーガレットの増やし方として、一般的なのは挿し木です。太くしっかりとした茎を選び、穂先をカットします。過度な水分の蒸発を避けるために2~3枚の葉を残し、他の葉は落とします。しっかりと水につけて吸水させた後、水はけのよい土に挿して根が出るのを待ちます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング