初心者におすすめ!植えっぱなしOKの植物たち

大宮栞

大宮栞

公開日 :

gi_logo_grey

ガーデニング初心者さんの第一の関門は、植物を枯らさずにお手入れをすること。

植えっぱなしでも毎年咲く植物は、手入れが簡単なだけでなく丈夫な植物が多いので、手間いらずできちんと季節になると花を咲かせてくれます。今回は、そんな植えっぱなしOKで毎年花を咲かせてくれる植物を紹介します。

目次

植えっぱなしOKの多年草

植えっぱなしOKのハーブ

植えっぱなしOKの球根植物

植えっぱなしで日陰もOKの植物

 

植えっぱなしOKの多年草

シュウメイギク

シュウメイギクはキンポウゲ科の植物で、漢字で書くと「秋明菊」です。花色は白とピンクがあり、夏から秋にかけて花を咲かせます。清楚で美しい花が人気です。大きくなってくると支柱が必要。

▼育て方などの情報はこちら

シュウメイギク(秋明菊)

  • シュウメイギクは漢字で書くと「秋明菊」となり、菊に似た白やピンクの花を咲かせる宿根草です。キンポウゲ科の植物で、花の形はアネモネに似ています。

    シュウメイギクは「貴船菊」、「秋牡丹」などの別名でも呼ばれ、欧米ではボーダーガーデンや日本風のガーデンには欠かせない植物となっています。英名や学名も日本の植物のように表記されていますが、実は中国が原産となる帰化植物で、野山に多く自生しています。

    シュウメイギク(秋明菊)は一枝でも見栄えが大変良いため、華道の素材としてや秋の茶花としても大変喜ばれます。花はがくが花弁化したもので実際には花弁はありません。最近では八重咲のものや矮性のものもあります。

 

マーガレット

マーガレットはキク科の植物で、晩秋から春にかけて長期間花を咲かせます。花色は白、ピンク、黄色、薄いオレンジ、赤などがあります。一重咲き、八重咲き、ポンポン咲きなど様々な種類があります。

▼育て方などの情報はこちら

マーガレット

  • マーガレットは、日本には明治時代の末期にヨーロッパから伝わって来た、比較的、寒さには強い植物です。生育適正温度は15~20℃で、温かい春になると生長をはじめ花を咲かせ始めます。耐寒性もありますが、寒冷地の場合、冬は霜にあたらない場所で管理する事をおすすめします。一重の白い花を咲かせるマーガレットが有名ですが、園芸品種も多く出回っており、一重から八重咲まで咲き方や花色ともに豊富です。葉は細く尖端がギザギザと尖っているのが特徴です。花は毎年株で大きくなっていきます。木立性の品種もあり、大きくなると1mを超えるものもあります。深い切れ込みの入った葉の中に密集するように沢山の花を咲かせるので見ごたえのある華やかな植物です。

 

ランタナ

クマツヅラ科の植物で、春から秋にかけて花を咲かせます。花は白、赤、黄色、オレンジ、ピンクなど鮮やかな色が多くあります。

▼育て方などの情報はこちら

ランタナ

  • ランタナはクマツヅラ科の常緑低木。本来は常緑ですが冬の寒さや霜に弱く枯れてしまう事があるので一年草扱いされる場合もあります。暖かい地域では冬越しも可能で低木になっていきます。茎葉には細かいトゲがあり触るとチクチクします。葉っぱも触り心地は表面がざらついています。熱帯地方原産の花で、日本では小笠原諸島など暖かい地方に分布をしてます。鉢花や挿し木の苗が多く流通し、園芸用に楽しまれています。ランタナは、次々とわき芽を増やし、横に広がって成長していきます。花は1mm四方の小さな花が一か所にいくつもひしめき合って徐々に花が咲ます。咲き進むたびに花色が一色だけではなく、グラデーションのような花色が楽しめます。ランタナは常緑低木なため、背丈もそんなに高くなく20cm程。高くても100cmに満たないです。また横幅も30cm前後なのでコンパクトに咲く花としても知られています。

目次に戻る≫

植えっぱなしOKのハーブ

ローズマリー

ローズマリーはシソ科のハーブで、抗酸化作用を持ち「若返りのハーブ」とも呼ばれています。秋から春にかけて淡い青色の花を咲かせます。香りが強く、料理に使われるだけでなくサシェなどにもよく利用されます。

▼育て方などの情報はこちら

ローズマリー

  • 「ローズマリー」は、地中海沿岸地方が原産のハーブです。清々しい香りが特徴で、乾燥させてお茶や料理などに使われています。「若返りのハーブ」として知られています。春から秋にかけて、小さな青から青紫の花が咲きます。環境さえ良ければ四季咲きです。

 

セージ

セージはシソ科のハーブで、免疫力を助ける「長寿のハーブ」とも呼ばれています。種類ごとに違いますが、主な花期は初夏から秋で、赤、ピンク、白、紫、青などの花を咲かせます。

▼育て方などの情報はこちら

セージ

  • セージは、ヨーロッパ地中海原産のシソ科のハーブ。和名は「ヤクヨウサルビア」と呼ばれてます。セージは「コモンセージ」「ホワイトセージ」、「ゴールデンセージ」、「パープルセージ」など種類が豊富にあるのも人気の理由のひとつ。古代ギリシア・ローマの時代から免疫力を助ける薬草や香辛料として活用されていたようで、長寿のハーブの呼び名も。料理のスパイスやハーブティーなどに利用されてます。

 

センテッドゼラニウム

センテッドゼラニウムはフウロソウ科の植物です。花色はピンクや赤などがあります。同じ仲間には、バラの香りのローズゼラニウムのほか、ミント、オレンジ、りんご、レモンなどの香りを持ったものがあります。

▼育て方などの情報はこちら

ローズゼラニウム

  • ゼラニウムの中で、最も代表的な種がローズゼラニウムです。香りがバラの香りで、オイルの他、お茶や料理などの香りづけ、クラフトなど多岐にわたって利用されていまます。性質は大変強く、挿し木で簡単に増やすことができます。最近はローズゼラニウムをはじめとしたゼラニウム類は、切り花の葉もの素材としても通年出回るようになりました。花は初夏にピンクのかわいい花が咲きます。

▼植えた花の虫対策や収穫してブーケにする方法

目次に戻る≫

 

 

\植えっぱなしOKの球根植物や日陰でもOKの植物もご紹介/

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS 10%OFFキャンペーン実施中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「初心者におすすめ!植えっぱなしOKの植物たち」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

大宮栞
大宮栞

植物が大好きな母に育てられ、東京農業大学農学部に進学。大学では植物介在療法学研究室に所属。現在はLOVEGREEN編集部のディレクターとしてガーデニングや花関連の記事を担当。

おすすめ