初心者におすすめ!植えっぱなしOKの植物たち

大宮栞

大宮栞

167171views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

gi_logo_grey

ガーデニング初心者さんの第一の関門は、植物を枯らさずにお手入れをすること。

植えっぱなしでも毎年咲く植物は、手入れが簡単なだけでなく丈夫な植物が多いので、手間いらずできちんと季節になると花を咲かせてくれます。今回は、そんな植えっぱなしOKで毎年花を咲かせてくれる植物を紹介します。

 

目次

植えっぱなしOKの多年草

植えっぱなしOKのハーブ

植えっぱなしOKの球根植物

植えっぱなしで日陰もOKの植物

 

植えっぱなしOKの多年草

シュウメイギク

シュウメイギクはキンポウゲ科の植物で、漢字で書くと「秋明菊」です。花色は白とピンクがあり、夏から秋にかけて花を咲かせます。清楚で美しい花が人気です。大きくなってくると支柱が必要。

▼育て方などの情報はこちら

シュウメイギク(秋明菊)

  • シュウメイギクは漢字で書くと「秋明菊」となり、菊に似た白やピンクの花を咲かせる宿根草です。キンポウゲ科の植物で、花の形はアネモネに似ています。

    シュウメイギクは「貴船菊」、「秋牡丹」などの別名でも呼ばれ、欧米ではボーダーガーデンや日本風のガーデンには欠かせない植物となっています。英名や学名も日本の植物のように表記されていますが、実は中国が原産となる帰化植物で、野山に多く自生しています。

    一枝でも見栄えが大変良いため、華道の素材としてや秋の茶花としても大変喜ばれます。花はがくが花弁化したもので実際には花弁はありません。最近では八重咲のものや矮性のものもあります。

 

マーガレット

マーガレットはキク科の植物で、晩秋から春にかけて長期間花を咲かせます。花色は白、ピンク、黄色、薄いオレンジ、赤などがあります。一重咲き、八重咲き、ポンポン咲きなど様々な種類があります。

▼育て方などの情報はこちら

マーガレット

  • マーガレットはカナリア諸島の温暖な気候で自生する植物です。一年で株の寿命が終わってしまう一年草ではなく、毎年花を咲かせる多年草なので多くの園芸家から愛されています。暑すぎも寒すぎもマーガレットは苦手な為、温室で育てられることもあります。現在は品種改良の結果、地植えでも十分育てられ景観の一種として路上に植えられることもあります。マーガレットは草丈がなんと1mも成長します。花は中央が黄色で花びらが白色のものが最も多く出回っています。原種だと一重咲きの物しかありません。葉っぱは細く尖端がギザギザと尖っているのが特徴。

 

ランタナ

クマツヅラ科の植物で、春から秋にかけて花を咲かせます。花は白、赤、黄色、オレンジ、ピンクなど鮮やかな色が多くあります。

▼育て方などの情報はこちら

ランタナ

  • クマツヅラ科の常緑低木。本来は常緑ですが冬の寒さや霜に弱く枯れてしまう事があるので一年草扱いされる場合もあります。暖かい地域では冬越しも可能で低木になっていきます。茎葉には細かいトゲがあり触るとチクチクします。葉っぱも触り心地は表面がざらついています。熱帯地方原産の花で、日本では小笠原諸島など暖かい地方に分布をしてます。鉢花や挿し木の苗が多く流通し、園芸用に楽しまれています。ランタナは、次々とわき芽を増やし、横に広がって成長していきます。花は1mm四方の小さな花が一か所にいくつもひしめき合って徐々に花が咲ます。咲き進むたびに花色が一色だけではなく、グラデーションのような花色が楽しめます。ランタナは常緑低木なため、背丈もそんなに高くなく20cm程。高くても100cmに満たないです。また横幅も30cm前後なのでコンパクトに咲く花としても知られています。

 

植えっぱなしOKのハーブ

ローズマリー

ローズマリーはシソ科のハーブで、抗酸化作用を持ち「若返りのハーブ」とも呼ばれています。秋から春にかけて淡い青色の花を咲かせます。香りが強く、料理に使われるだけでなくサシェなどにもよく利用されます。

▼育て方などの情報はこちら

ローズマリー

  • 「ローズマリー」は、地中海沿岸地方が原産のハーブです。清々しい香りが特徴で、乾燥させてお茶や料理などに使われています。抗酸化作用もあり「若返りのハーブ」とも呼ばれます。花色や形は種類によって異なりますが、小さな花が連なり咲きます。

 

セージ

セージはシソ科のハーブで、免疫力を助ける「長寿のハーブ」とも呼ばれています。種類ごとに違いますが、主な花期は初夏から秋で、赤、ピンク、白、紫、青などの花を咲かせます。

▼育て方などの情報はこちら

セージ

  • セージは、ヨーロッパ地中海原産のシソ科のハーブ。和名は「ヤクヨウサルビア」と呼ばれてます。セージは「コモンセージ」「ホワイトセージ」、「ゴールデンセージ」、「パープルセージ」など種類が豊富にあるのも人気の理由のひとつ。古代ギリシア・ローマの時代から免疫力を助ける薬草や香辛料として活用されていたようで、長寿のハーブの呼び名も。料理のスパイスやハーブティーなどに利用されてます。

 

センテッドゼラニウム

センテッドゼラニウムはフウロソウ科の植物です。「ペラルゴニウム」とも呼ばれ、花色はピンクや赤などがあります。同じ仲間には、バラの香りのローズゼラニウムのほか、ミント、オレンジ、りんご、レモンなどの香りを持ったものがあります。

▼育て方などの情報はこちら(ローズゼラニウム)

ローズゼラニウム

  • ゼラニウムの中で、最も代表的な種がローズゼラニウムです。香りがバラの香りで、オイルの他、お茶や料理などの香りづけ、クラフトなど多岐にわたって利用されていまます。性質は大変強く、挿し木で簡単に増やすことができます。最近はローズゼラニウムをはじめとしたゼラニウム類は、切り花の葉もの素材としても通年出回るようになりました。花は初夏ごろにピンクのかわいい花が咲きます。

 

植えっぱなしOKの球根植物

スイセン

スイセンはヒガンバナ科の球根植物で、花期は冬から早春です。花色は白と黄色があります。耐寒性が強く、丈夫な植物です。

▼育て方などの情報はこちら

スイセン(水仙・すいせん)

  • 春の球根の花の中では、開花が早い球根です。草丈は20cm~40cmで白と黄色以外にピンクや緑、オレンジ、など色とりどりの花が咲きます。最近は、八重咲種など、咲き方にも色々な特徴のある品種がでてきました。数年間は植えっぱなしで管理できて、環境が合えば球根がどんどん増え、年々花が見事になるので、群生すると見事です。

 

ムスカリ

ムスカリはユリ科の球根植物で、その見た目から「グレープヒヤシンス」とも呼ばれます。花色はよく目にする青や紫のほか、白やピンク、黄色などもあります。秋植え球根で早春から開花します。

▼育て方などの情報はこちら

ムスカリ

  • ムスカリは草丈15cmくらいで葡萄のような花を咲ます。とても耐寒性の強い花で、こぼれ種や自然分球で増え、毎年自然に花が咲きます。 小さな花ながら、花壇に群生させたムスカリが一斉に咲きそろった光景は見事です。チューリップなどの同じ時期に咲く球根花との色のコントラストも美しく、チューリップの脇役として使われます。一度植えると、数年は植えっぱなしでも大丈夫なので、管理が楽な球根花です。

 

スノードロップ

スノードロップはヒガンバナ科の球根植物で、春一番に咲くことから春を告げる花として人気があります。花は白に緑の斑点があります。

▼育て方などの情報はこちら

スノードロップ

  • 「マツユキソウ(待雪草)」とその仲間を総称して「スノードロップ」と呼びます。秋頃から地中で根を伸ばし、まだ寒い時期に芽を出し、他の花も咲かない早春に花をつけることから、人々に春の始まりを告げる存在として親しまれてきました。雪の残る中でも花茎をすっと伸ばし、一輪ずつ花を咲かせます。下向きの白い花は、まさに雪がしずくとなったようです。つややかな光沢のある葉もまた美しいものです。 日本では「ジャイアント・スノードロップ」や「フロレ・プレノ」など数種が中心ですが、イギリスでは品種改良がとても盛んで数百種に達するともいわれています。

    スノードロップは、一度植え付けてしまえば、特別な手入れをする必要がないので、育てやすい草花です。

 

植えっぱなしで日陰もOKの植物

ツルニチニチソウ

ツルニチニチソウはキョウチクトウ科のつる性植物で、紫や白、青の花を咲かせます。春から初夏にかけて花を咲かせ、グランドカバーとしても利用されます。葉に斑が入る品種は少し花付きが劣ります。

▼育て方などの情報はこちら

ツルニチニチソウ

  • 常緑半低木の植物で株元から多数の茎をのばしてつる状になり、葉は5センチ~8センチほどで光沢があります。3月~5月頃に咲く淡い紫色の花は筒状で花弁が五つに分かれています。一斉に咲くわけではありませんが、長い期間次から次へと花が咲きます。庭園の傾斜地や半日陰地、常緑樹の足元などグラウンドカバーに使われることが多く性質は非常に強健です。寒さや乾燥にも耐え、半日陰でも良く育ち、繁殖も株分けで容易にできます。耐寒性にやや劣りますが美しいクリーム色の斑が入る品種が多く栽培されます。寒冷地ではヒメツルニチニチソウの方が若干耐寒性に優れるためよく用いられます。

 

クリスマスローズ

クリスマスローズはキンポウゲ科の植物で、白、ピンク、クリーム色、紫などの花を冬から早春にかけて咲かせます。丈夫で育てやすく、花色や形のバリエーションが多くあります。

▼育て方などの情報はこちら

クリスマスローズ

  • クリスマスローズは、クレマチス、ラナンキュラス、アネモネなどと同じキンポウゲ科の植物です。日本では他のヘレボルス属を全てひとくくりにクリスマスローズと呼びますが、欧米ではヘレボルスが一般的な名前です。クリスマスローズには根から茎が真っ直ぐ立ち上がって葉を茂らせ、茎の先端に花を咲かせる「有茎種」と根から葉の茎と花の茎が別々に育ちそれぞれに葉と花を咲かせる「無茎種」が存在します。

 

いかがでしたか?植えっぱなしにできちゃう植物でちょっと楽してガーデニングを楽しみませんか?

midolas

「初心者におすすめ!植えっぱなしOKの植物たち」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
大宮栞
大宮栞

花や植物があふれる庭と植物が大好きな母に育てられ、東京農業大学農学部に進学。大学では植物介在療法学研究室に所属。園芸療法士資格取得の一環として、園芸療法活動をはじめ、植物を使った作業活動や植栽、医療や看護介護の分野についても、病院や介護施設での実習を通して学ぶ。現在はLOVEGREEN編集部のディレクターとしてガーデニングや花関連の記事を担当。休日は舞台演劇を観て過ごす。市民吹奏楽団に所属し、クラリネット奏者としても活動。