ベランダガーデニングをはじめる前に見ておきたいポイント

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

49768views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

花・植物のある暮らしって憧れますよね。室内で観葉植物を育てたりするのも楽しいですが、部屋の中で外につながる空間「ベランダ」や「バルコニー」にグリーンの空間をつくると、もっと楽しくなります。

 

目次

ベランダガーデニングを始めたい

ベランダガーデニングに見ておきたい5つのポイント

ベランダのスペース

ベランダの日当たり

ベランダの風通し

ベランダの水場

ベランダの排水溝

ベランダガーデニングの注意点

家族みんなで育てる体験型、Kさん宅ベランダを紹介

拝見!みんなのベランダ空間

理想のベランダづくりにチャレンジ!

 

ベランダでガーデニングを始めたい!

最近、ベランダやバルコニーで花・植物を育てたり、家庭菜園として楽しんだりしている方が増えてきていますね。ベランダやバルコニーでガーデニングをはじめたい!グリーンのコーナーを作りたいという方も多いはず。  新しいお家に引っ越したら、ベランダでガーデニングをしたい!という方いると思います。ベランダガーデニングを始める前に見ておきたいポイントを紹介します。

gi_logo_grey

最近、ベランダやバルコニーで花・植物を育てたり、家庭菜園として楽しんだりしている方が増えてきていますね。ベランダやバルコニーでガーデニングをはじめたい!グリーンのコーナーを作りたいという方も多いはず。新しいお家に引っ越したら、ベランダでガーデニングをしたい!という方いると思います。ベランダガーデニングを始める前に見ておきたいポイントを紹介します。

 

見ておきたい5つのポイント

ベランダやバルコニーは、生活する上で大切な空間。洗濯物を干す場所や物置きとしている方もいると思いますが、少しでもグリーンがあると癒しの空間へ変わりますよ。新しいおうちに引っ越す時、ベランダガーデニングをやるうえで見ておきたいポイントとは?

1.ベランダのスペースはどう?

まず、最重要ポイントはベランダのスペースです。大きいベランダに小さい植物ならいいのですが、小さいベランダに大きい果樹などの植物は置けませんよね。一度メジャーなどで寸法(長さ)を測り、メモ帳などにざっくりとした見取り図と一緒にメモしておくと良いと思います。エアコンの室外機の前などは植物によっては枯れてしまうことがあるので、その分のスペースは除けておくか、分かるようにメモに記入しましょう。

スマホのメモ帳などを使うと、写真も一緒に保存出来て便利です。多肉植物やエアプランツなどは夏場は遮光が必要な植物を育てようとしている場合は、遮光ネットをかけることが出来るかどうかも一緒に見ておきましょう。また、雨が直接吹き込んでくる部分がどれだけあるのかも知っておくと良いです。塊根植物や多肉植物など一部の植物以外には、雨は非常にありがたいもの。長時間植物が濡れていることになるので、普段の水やりでは補え切れない分の水を供給してくれます。

 

2.ベランダの日当たりはどう?

ガーデニングをする上で、ここも重要ですね。  植物にとって日光は主食とも言えるので、朝から日が沈むまでの日光の入り方を一度確認してみてください。  また、季節によっても日の入り方は変わってくるので、できれば春夏秋冬すべての季節で確認した方が良いと思います。  日光は強すぎても葉焼けをしてしまいますし、弱すぎても徒長をしてしまいます。  また、日のあたる時間も植物の開花には大きく影響してくるので、日当たりが悪いベランダは植物育成ライトの導入なども考えておきましょう。

gi_logo_grey

ガーデニングをする上で、ここも重要ですね。植物にとって日光は主食とも言えるので、朝から日が沈むまでの日光の入り方を一度確認してみてください。また、季節によっても日の入り方は変わってくるので、できれば春夏秋冬すべての季節で確認した方が良いと思います。日光は強すぎると葉焼けをしてしまい、弱すぎても徒長をしてしまいます。また、日のあたる時間も植物の開花には大きく影響してくるので、日当たりが悪いベランダは植物育成ライトの導入なども考えておきましょう。

 

3.ベランダの風通しはどう?

いくらベランダが広くても、風通しが悪いと植物たちは元気に育ってくれません。  特に真夏の蒸し暑い時期に風通しが悪い場所に置いてしまうと株元が蒸れてしまったり、根腐れを起こしてしまうことがあります。  風が常に吹いている必要はないので、空気が流れるようなベランダかどうかを確認してください。  もし空気の流れが無いようなベランダであれば、扇風機やサーキュレーターの導入を検討してみてください。  逆に、風通しが良すぎるベランダがある、という方は、乾燥と強風対策が必要になってきます。  風通しが良いということはその分乾燥してしまうので、水やりの回数やタイミングを調整する必要があります。基本的に日が沈む夕方頃~夜にかけて水やりをすると、乾燥しにくくなりますよ。  また、風通しが良いというのは風を遮る障害物がないということになります。  普通の陽気であれば心配することはないのですが、台風などのときには注意が必要です。  台風の猛烈な風がそのままベランダへ入り込んでくることになるので、鉢や植物棚が飛ばされないようにしっかりと固定しなければなりません。  急な突風が吹いて鉢が倒れないか心配!という方はシステムトレーなどを導入してみてください。

gi_logo_grey

いくらベランダが広くても、風通しが悪いと植物たちは元気に育ってくれません。

特に真夏の蒸し暑い時期に風通しが悪い場所に置いてしまうと株元が蒸れてしまったり、根腐れを起こしてしまうことがあります。風が常に吹いている必要はないので、空気が流れるようなベランダかどうかを確認してください。

風通しが良すぎるベランダがある、という方は、乾燥と強風対策が必要になってきます。風通しが良いということはその分乾燥してしまうので、水やりの回数やタイミングを調整する必要があります。基本的に日が沈む夕方頃~夜にかけて水やりをすると、乾燥しにくくなりますよ。また、風通しが良いというのは風を遮る障害物がないということになります。普通の陽気であれば心配することはないのですが、台風などのときには注意が必要です。台風の猛烈な風がそのままベランダへ入り込んでくることになるので、鉢や植物棚が飛ばされないようにしっかりと固定しなければなりません。急な突風が吹いて鉢が倒れないか心配!という方はシステムトレーなどを導入してみてください。

 

4.近くの水場はどこにあるのか?

賃貸の小さな部屋では、ベランダに水場がついていないことがあります。  育ててるイメージで、水はどこから取るのか考えましょう。  キッチンや浴室から水を汲んで水やりをするのか、植物自体をキッチンや浴室に持って行って水やりをするのか、それだけでも大分変ってきます。  本来であれば水道から直接シャワーで水やりできれば一番楽ですが、場合によってはバケツに水を張ったりジョウロを用意する必要があります。  また、水やりをする時間帯も考慮しなければなりません。  戸建てや集合住宅の1階に住んでいる場合は特に気にする必要は無いでしょうが、2階や3階など階下に住人がいる場合は朝や昼間など洗濯ものを干している時間帯や、住人がベランダに出ている時は水やりをしないようにしましょう。  水やりをしたために洗濯ものを汚してしまい、トラブルになってしまっては楽しく植物を育てにくくなってしまいますよね。  水やりの道具として蓄圧式噴霧器(蓄圧式の霧吹き)や電動噴霧器といった道具が売られています。  プランターなどで多くのお花などを育てていると噴霧器では時間がかかってしまうと思いますが、植物によっては噴霧器で充分なものもあるので、事前に調べてみましょう。

gi_logo_grey

賃貸の小さな部屋では、ベランダに水場がついていないことがあります。育ててるイメージで、水はどこから取るのか考えましょう。

キッチンや浴室から水を汲んで水やりをするのか、植物自体をキッチンや浴室に持って行って水やりをするのか、それだけでも大分変ってきます。本来であれば水道から直接シャワーで水やりできれば一番楽ですが、場合によってはバケツに水を張ったりジョウロを用意する必要があります。また、水やりをする時間帯も考慮しなければなりません。

戸建てや集合住宅の1階に住んでいる場合は特に気にする必要は無いでしょうが、2階や3階など階下に住人がいる場合は朝や昼間など洗濯ものを干している時間帯や、住人がベランダに出ている時は水やりをしないようにしましょう。水やりをしたために洗濯ものを汚してしまい、トラブルになってしまっては楽しく植物を育てにくくなってしまいますよね。水やりの道具として蓄圧式噴霧器(蓄圧式の霧吹き)や電動噴霧器といった道具が売られています。プランターなどで多くのお花などを育てていると噴霧器では時間がかかってしまうと思いますが、植物によっては噴霧器で充分なものもあるので、事前に調べてみましょう。

 

5.ベランダに排水溝があるか?

ベランダの排水溝の位置というのは意外と重要なんです。  集合住宅で自分のベランダに排水溝があればよいのですが、両端のベランダにしか排水溝が無かったり、3戸に1個など全てのベランダに排水溝が無い場合があります。  もし自分のベランダに排水溝が無かった場合は非常に水やりをしにくくなってしまいます。  少量ならば特に気を使う必要はないでしょうが、バケツ一杯分であったり、ジョウロ数杯分の水を使う場合が意外とあります。  そうした時に気まずくなってしまうので、事前に排水溝の位置を確認しておき、水やりの仕方も考えておきましょう。

gi_logo_grey

ベランダの排水溝の位置というのは意外と重要なんです。集合住宅で自分のベランダに排水溝があればよいのですが、両端のベランダにしか排水溝が無かったり、3戸に1個など全てのベランダに排水溝が無い場合があります。もし、自分のベランダに排水溝が無かった場合は非常に水やりをしにくくなってしまいます。バケツ一杯分であったり、ジョウロ数杯分の水を使う場合が意外とあります。そうした時に気まずくなってしまうので、事前に排水溝の位置を確認しておき、水やりの仕方も考えておきましょう。

 

ベランダガーデニングの注意点

1.ルールを確認

避難はしごの上や防災用の蹴破り戸の前に物や鉢を置いたりはしないようにしましょう。アパートやマンションによっては植物を置くことが禁止されている物件だったり、鉢の数が制限されている場合もあります。必要な場合は植物を買う前に一度確認してみましょう。

2.マナーを守る

鉢が落下しないように手すりの上には置かないように。土や石などが排水溝に流れないようにしたり、近隣や上下階の方に迷惑がかからないように気をつけましょう。

 

家族みんなで育てる体験型、Kさん宅のベランダを紹介

足元には緑色の絨毯のように芝が広がる。人工芝を使うことで無機質なイメージのベランダがまるで庭のような空間に早変わり。「人工芝を敷いた理由は子どもと一緒に遊びたいという思いから敷いてみました」というKさん宅のベランダ。

 

棚上にはトキノシブ、株分けしたネオレゲリア、下にはギボウシなどの耐陰性のある植物が置かれています。

 

PICK UP PLANTS

チランジア(左上)

一番左側のチランジア(エアプランツ)は、種類の中でも人気の種類のキセログラフィカ。冬など気温が低い時期は室内に取り込んで管理。暑い季節の水やりは夕方以降の涼しい時間に行います。

▼キセログラフィカをもっと知る

 

ビカクシダ(右上)

左側のビカクシダが、ビフルカツムという種類。右側がグランデという種類です。高温多湿を好みます。

▼ビカクシダの板付け方法

 

塊根植物(左下)

左側のアデニウム、右側のシバの女王。個性的な樹形を楽しむだけでなく、どちらも可愛らしい花が咲くことも魅力のひとつ。冬は休眠するので水は断水します。

▼塊根植物と暮らそう

 

ブルーベリー(右下)

ツツジ科の果樹、ブルーベリー。春に花を咲かせ実をつけます。

▼ベランダで収穫しよう!

 

全体的に明るい印象のベランダは人工芝を敷いているため大人もゆったり自由に動ける空間に。棚やバーを利用することでデッドスペースを有効活用していてスッキリとしたすてきなベランダでした。

 

拝見!みんなのベランダ空間

LOVEGREENのインスタキャンペーン「花植物と暮らす~インテリアグリーン~ 」に、たくさんのすてきな写真を投稿していただき、ありがとうございました。編集部が選んだ実際に植物と暮らしている方のおしゃれなベランダ空間のお写真を紹介。

みんながベランダ育てている植物を紹介

こんな草花や植物を育ててみたいなと思える魅力的なベランダと植物たちを紹介します。

立派なリコポディウムとビカクシダが空間を彩るすてきなベランダ。@____luco さん提供

 

ジニアが咲くにぎやかなベランダ。お花がたくさんあるベランダは、癒されますね。@akemikea33119 さん提供

 

おまけでLOVEGREENオフィスのベランダもご紹介。多くのハーブを育てていますが、その中でも一番人気のローズマリー。獲りたてのローズマリーのいい香りがオフィス内に漂います。

▼おすすめのハーブをチェック!

 

ウッドタイルを敷いたベランダ空間

上から見ても美しい植物たちの姿。おしゃれなウッドタイルの上で、新鮮な風を浴びている姿は心地よさそうです。@exp0222 さん提供

 

ウッドタイルの上で、のびのびと暮らす植物たちを見ているだけでも癒されるすてきなベランダですね。@miiyy___ さん提供

 

理想のベランダづくりにチャレンジ!

ベランダ Before

今回、実際にベランダDIYに挑戦するTさん宅のベランダへお邪魔しました。変身前は鉢がいくつか並んでいる状態。「ベランダで子どもと遊びたいな。雨の日でも外で植物に触れることができて、自然を感じ、遊べる環境にできたらなあ…」。そこで、ホームセンターで手に入る材料を使って、レッツ! ベランダBefore After!

 

STEP 1 フロアデッキパネル

まずは土台になるフロアデッキパネル部分からスタート。敷く前に誇りやごみを取り除き、綺麗にしてから取り掛かります。今回は樹脂製のフロアデッキパネルを使用。樹脂製なので水にも強く手入れもしやすいのがポイント。

 

ジョイント式の場合、ジョイント部分をはめ込む前に並べて配置。

 

がたつきや歪みがないか確認してから、ジョイントをはめ込みます。

 

フロアデッキパネルを敷くことができない場所は砂利を敷いてカバー。面積を取る部分なので、テイストに合わせて石の色は選びましょう。今回は滑らかで丸みのある玉砂利をチョイスしました。

 

 

注意点!

避難はしごの部分は何も敷かないように。蓋がすぐ開けられるように隙間を作って配置します。排水口もふさがないようにしましょう。

 

STEP 2 壁をアレンジ

ベランダの壁面はラティスを使ってアレンジ。隠したい部分の目隠しにも便利。

 

2枚のラティスを蝶番で止めてパーテーション風にします。ラティススタンド等を使い、倒れないように土台はしっかりと固定してください。

 

S字フックでハンギングバスケットに植えた植物を吊るします。重すぎるものは避けましょう。

 

STEP 3 植物を配置

日当たりと風通しを見ながら植物を配置します。バラバラと点在させずグループにして配置することでまとまりがでます。一つ大きいサイズの植物を入れるだけでも明るい印象に。

 

STEP 4 ビオトープを置こう

玉砂利の上にはビオトープを配置。カルキが抜けるまで1週間ほど置いてからメダカを入れます。上から見て楽しめるビオトープがあるだけで、ベランダに出る楽しみが増えますね。

 

ベランダ After

フロアデッキパネルを敷いただけでも、ぬくもりのあるイメージに変身。白い鉢や砂利を選ぶことで、明るい印象のベランダになりました。

 

midolas
 
 

早速ベランダガーデニングに挑戦しよう

自宅のベランダをお気に入りの癒しの空間にして、楽しんでみませんか♪

 

▼関連記事をもっとみる

「ベランダガーデニングをはじめる前に見ておきたいポイント」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。