ミニトマトの育て方 〜仕立て方編〜

古幡真恵

古幡真恵

公開日 :

ミニトマトの苗を買ってきたところまでは良いのですが、水をあげるだけで伸びるがままにしている方はいませんか?

そのまま育てていると、枝葉はボウボウになり病害虫が発生しやすくなってしまい、草ばかりが茂りミニトマトの実もなかなか充実しません。

こんなふうに家庭菜園でミニトマトを育てても、思った以上に収穫できず栽培をあきらめてしまう方へ、「ミニトマトの仕立て方」編は育てる枝を選びしっかり実を充実させて育てる方法です。

品種によっても、育て方によっても様々な仕立て方があるミニトマトですが、今回は一般的な2本仕立ての方法をご紹介します。どのようにしてミニトマトを2本仕立てにするのかみていきましょう。

目次

ミニトマトのわき芽とは

ミニトマトのわき芽かきの注意点

ミニトマトの基本的な仕立て方

ミニトマトの支柱

ミニトマトのわき芽とは

まずは、仕立て方をご紹介するうえで「わき芽」からご説明します。  わき芽とは、下の画像のように「葉や茎の付け根から出てくる芽」の部分のことをいいます。  このわき芽を放置してしまうと主枝の栄養分も奪ってしまい、充実した実が収穫できません。そのため、不要なわき芽を取り除き、甘くて美味しいミニトマトを作りましょう。

まずは、仕立て方をご紹介するうえでミニトマトの「わき芽」について説明します。

わき芽とは、上の画像のように「葉や茎の付け根から出てくる芽」の部分のことをいいます。

このわき芽を放置してしまうと主枝の栄養分も奪ってしまい、充実した実が収穫できません。そのため、不要なわき芽を取り除き甘くて美味しいミニトマトを作りましょう。

目次に戻る≫

ミニトマトのわき芽かきの注意点

わき芽かきをする時は、どうしても株を傷をつけてしまいます。特にミニトマトは、傷口から病原菌が入りやすくなりますので、次の点に注意しましょう。  ・指でかきとるか、消毒したハサミを使用する。  ・わき芽をとった後の切り口が乾きやすいように、出来るだけ晴天の日に行う。  1週間のうちに2~3回は注意してミニトマトを観察すると、わき芽が小さいうちに取り除くことができます。

わき芽かきをする時は、どうしても株を傷をつけてしまいます。特にミニトマトは傷口から病原菌が入りやすくなりますので、次の点に注意しましょう。

・指でかきとるのがベスト!かき取れないほどの太い枝は、消毒したハサミを使用する。

・わき芽をとった後の切り口が乾きやすいように、出来るだけ晴天の日に行う。

週に2~3日は注意してミニトマトを観察することで、苗に負担をかけることなく小さいうちにわき芽を取り除くことができます。

もしも、わき芽が大きくなりすぎたら…

大きく育ち過ぎたわき芽は無理に切り取らずに、仕立てる本数を増やしましょう。

もし、切り取ったわき芽が大きいものだったら、そのまま土にさしてお水をあげると根付いて新たに苗として生長しますのでお試しください。

目次に戻る≫

ミニトマトの基本的な仕立て方

さて、ミニトマトの一番ポピュラーな「2本仕立て」の方法をご紹介します。勿論2本仕立てにこだわらず、3本、4本とご自身で工夫されてみても楽しいですね。

2本仕立て

・主枝に咲く一番花のすぐ下のわき芽を伸ばして2本仕立てにします。  ・それ以外のわき芽は摘み取りましょう。放っておくとドンドンわき芽が出てきます。1週間に2~3回は苗のわき芽を確認してください。 ※大きくなりすぎたわき芽は無理に切り取らず、仕立ての本数を1本増やしてもかまいません。

・主枝に咲く一番花のすぐ下のわき芽を伸ばして2本仕立てにします。

・それ以外のわき芽は摘み取りましょう。放っておくとドンドンわき芽が出てきます。1週間に2~3回は苗のわき芽を確認してください。
※大きくなりすぎたわき芽は無理に切り取らず、仕立ての本数を1本増やしてもかまいません。

その他のミニトマトの仕立て方

「心(芯)止まり」といって、わき芽を育てて収穫量を増やすミニトマトやトマトの品種があります。

ミニトマトやトマトを育てていると、時々出てくるこの「心(芯)止まり」という言葉。一体どういう意味なのでしょう。

心(芯)止まりとは

茎となるべき新しい生長点が生育せずに、生長が止まってしまうことを心(芯)止まりといいます。

なかでもミニトマトやトマトには、花房が数段ほど着くと生長点がなくなる心(芯)止まり形質をもっている品種があります。ご自身が育てているミニトマトやトマトが、心(芯)止まりの品種かどうかで仕立て方も異なるので必ず確かめましょう。

ちなみに、現在販売されているほとんどのミニトマトやトマトの苗は、心(芯)止まりの品種の可能性は低く、通常通り1本仕立てや2本仕立ての対応で問題はないかと思います。

目次に戻る≫

ミニトマトの支柱

2本に仕立てたら、次は苗を支柱で支えましょう。  主茎や側枝に沿わせて、支柱を刺して苗を支えていきます。苗を支柱に誘引するときは、節の下に麻ひもを固定します。交差させることでズレずに固定することができます。  また、苗を痛めつけないように緩く結び、支柱の方で結びましょう。

2本に仕立てたら、次はミニトマトの苗を支柱でしっかり支えます。

支柱の数は、枝の数

主茎や側枝に沿わせて、支柱をさしてミニトマトの苗を支えていきます。苗を支柱に誘引するときは、節の下に麻ひもを固定します。交差させることでズレずに固定することができます。苗を痛めつけないように緩く結び、支柱の方で結びましょう

風が強い場所は合掌式

風がとても強い場所や畑でミニトマトを育てている場合は、強風から苗を守るためにも風に負けないしっかりした支柱を作りましょう。

 

両端に各2本支柱をバッテンに交差させるように土にさします。交差させた部分は麻ひもでしっかりと結わえます。

 

風が強い場所にはもう1本支柱を増やし補強します。

苗の両側に支柱を3本交差させ、上部を麻ひもで固定します。次に左右の上部に支柱を渡して麻ひもで固定します。

 

さらに左右の支柱の上部と下部に斜めに支柱をさし、筋交いのように麻ひもで固定しましょう。

 

いかがでしたか?

トマトは1本仕立てが基本ですか、ミニトマトは2本、3本…と育てる環境や人により仕立て方が様々あります。

たくさんミニトマトを収穫したければ、仕立てる本数を増やします。しかし、その反面ミニトマトの実の充実が遅くなります。

生長の様子をみながら、ご自身で育てているミニトマトの仕立て方をいろいろ研究してみて下さいね♪

目次に戻る≫

 

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ミニトマトの育て方 〜仕立て方編〜」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

おすすめ