マリーゴールドの育て方! 種類、日々の管理や切り戻しなど花を長く咲かせるコツ

戸松敦子

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

コンパニオンプランツとしても活躍するマリーゴールドは、とても丈夫で育てやすく、オレンジやイエローの大きな花が目立つのでお庭などを華やかに盛り上げる花として人気があります。そんなマリーゴールドの花を春から秋まで美しく楽しむための「育て方」と「夏の切り戻し」などのちょっとしたコツをご紹介します。

ビタミンカラーの植物を育てて元気をもらいましょう。

目次

マリーゴールドはどんな植物?

マリーゴールドはキク科の非耐寒性一年草で、開花期は5~11月頃です。独特な香りがします。

日なたと水はけのよい用土を好む植物です。

4~5月頃の種まきと、挿し芽で増やすことが出来ます。

大きく分けて、フレンチマリーゴールドとアフリカンマリーゴールドに分けられます。

また、マリーゴールドはコンパニオンプランツとしても活躍しています。コンパニオンプランツとは、一緒に植えると互いの性質が影響し合って病害虫が抑えられたり、元気に育つようになる植物のことをいいますが、マリーゴールドは様々な植物と相性が良く、マリーゴールドを植えておくと植物の根を侵すセンチュウ被害を防げると言われています。

   フレンチ アフリカン
花期 5~7、9~11月  5~11月
花の形  一重咲き・八重咲き  ボール咲き・大輪
花の色 赤・橙・黄 橙・黄・白
草丈  20~30cm  30~100cm
耐暑性  猛暑にはあまり強くない  フレンチよりは強い

目次に戻る≫

マリーゴールドを育てる場所

屋外の、日あたりと風通しの良い場所で育てましょう。  マリーゴールドは、花壇に地植えしたり、寄せ植え、ハンギングバスケットにも使えます。

マリーゴールドは、屋外の、日あたりと風通しの良い場所で育てましょう。花壇に地植えしたり、寄せ植え、ハンギングバスケットにも使えます。

 

写真は、マリーゴールドとトマトなどの寄せ植えです。黄色いマリーゴールドはアフリカン、オレンジ色のマリーゴールドはフレンチです。

写真は、マリーゴールドとトマトなどの寄せ植えです。黄色いマリーゴールドはアフリカン、オレンジ色のマリーゴールドはフレンチです。

目次に戻る≫

マリーゴールドの水やり

土が乾いたらたっぷり水をあげます。水やりの際は、なるべく花に水がかからないように株元に水をあげるのが望ましいですが、気温が高くて乾燥する時期はハダニがつきやすいので、夕方以降の涼しい時間帯に葉にもたっぷりと水をかけてハダニを予防しましょう。

土が乾いたらたっぷり水をあげます。水やりの際は、なるべく花に水がかからないように株元に水をあげるのが望ましいですが、気温が高くて乾燥する時期はハダニがつきやすいので、夕方以降の涼しい時間帯に葉にもたっぷりと水をかけてハダニを予防しましょう。

目次に戻る≫

\マリーゴールドの育て方のコツ!後半へ/

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「マリーゴールドの育て方! 種類、日々の管理や切り戻しなど花を長く咲かせるコツ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

おすすめ