マリーゴールドの育て方|植物図鑑

植物名
マリーゴールド
学名

Tagetes

英名
Marigold
科名
キク科
属名
タゲテス属
原産地
メキシコ、中央アメリカ

マリーゴールドの特徴

マリーゴールドは草丈20~100cmの暑さには強く寒さには弱い一年草です。開花時期が長く初心者にも育てやすい花です山吹色、オレンジ色、クリーム色、黄色などの色があります。花の大きさは4~7cmくらいです。日当たりのよい場所であればよく育ちます。マリーゴールドには医療用と観賞用の二つの種類があります。医療用はカレンデュラ、観賞用はフレンチマリーゴールドと呼ばれています。カンデュラの語源はカレンダーの意味を持ちます。花が1か月もつことから月経のサイクルに例えられたともいわれています。

マリーゴールドは大きく分けて、フレンチマリーゴールドとアフリカンマリーゴールドに分けられます。

フレンチマリーゴールド

開花期5~7、9~11月で八重咲きと一重咲きがあります。色は赤・橙・黄で草丈は20~30センチ、 猛暑にはあまり強くない性質です。

アフリカンマリーゴールド

開花期5~11月でボール咲き・大輪のものが多いです。色は橙・黄・白で草丈は30~100cm、暑さにはフレンチ系より強いです。

 

マリーゴールドの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 20~100cm
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
花色 山吹色、オレンジ、クリーム、黄色、赤、白
開花時期 6月~10月

マリーゴールドはコンパニオンプランツとしても活躍しています。コンパニオンプランツとは、一緒に植えると互いの性質が影響し合って病害虫が抑えられたり、元気に育つようになる植物のことをいいますが、マリーゴールドは様々な植物と相性が良く、マリーゴールドを植えておくと植物の根を侵すセンチュウ被害を防げると言われています。

マリーゴールドの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
植え替え
剪定
肥料
開花

マリーゴールドの栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりが良く風通しの良い所で管理します。マリーゴールドは、花壇に地植えしたり、寄せ植え、ハンギングバスケットにも使えます。用途にあわせた品種を選びます。

温度

発芽適温は15~20℃です。

用土

園芸用の培養土、または赤玉土に腐葉土を混ぜて土を作っておきます。

マリーゴールドの育て方のポイント

日常の管理

枯れた花をそのままにしておくと、花が雨で濡れた時に腐ってしまったり、種ができて栄養が次の花にいかなくなります。枯れた花はこまめにカットしましょう。

水やり

土が乾いたらたっぷりお水をあげます。水やりの際は、なるべく花に水がかからないように株元にお水をあげるのが望ましいですが、気温が高くて乾燥する時期はハダニがつきやすいので、夕方以降の涼しい時間帯に葉にもたっぷりとお水をかけて予防しましょう。

肥料

真夏を除き、開花中は使用している肥料の説明書きの使用頻度にそって追肥します。

病害虫

灰色かび病:ボトリチス病とも呼ばれ、梅雨時期に特に発生します。花弁に褐色の小さなシミ状の斑点ができたり、茎や葉に灰色のカビが生えます。気温が度前半で雨が続くと発生しやすくなります。日当たりや風通しをよくすることが大切です。
アブラムシ:アブラムシは3月から5月に多く発生する害虫です。新芽や茎、若い葉や葉の裏にくっついて吸汁して株を弱らせます。春から秋に発生するので見つけ次第、駆除しましょう。
ハダニ:ハダニは気温が高いところや乾燥している場所に発生します。暖かい時期に発生しやすく植物の葉から栄養を吸収して弱らせます。また、弱った植物はハダニの被害に遭いやすく、被害も大きくなりやすいです。数が増えて被害が大きくなってくると、葉緑素の不足によって光合成ができなくなり、生長不良になったり、植物自体が枯れていきます。
ヨトウムシ:ヨトウムシはヨトウガの幼虫で、年に2回ほど発生します。ハスモンヨトウ、シトシタヨトウなどの種類も含めヨトウムシと呼ばれてます。昼間は土の中に隠れていて、夜になると一斉に出てきて活動します。幼虫は葉や茎部分を集団で食害するため、葉が気づいたら丸坊主になっていることがあります。一度に大量に産卵します。葉裏に大量に卵を産み付けるので、これが孵化しないうちに葉ごと処分をしましょう。こまめに葉裏もチェックするようにしましょう。孵化していた場合群生するため比較的見つけやすいです。見つけたら捕殺しましょう。

マリーゴールドの詳しい育て方

選び方

苗は花と葉が鮮やかな色をしていて茎がしっかりとしているものを選びましょう。また、ダニやアブラムシがついていないかチェックしましょう。

種まき

種は比較的大きめで蒔きやすい種です。種を一晩水につけ、トレーに赤玉土、バーミキュライトを入れて、ばらまきし、5mmくらい覆土し涼しい日陰で管理します。発芽したら日当たりと風通しのよい場所に置いて管理します。簡単に発芽する花なので、3~5日くらいで発芽します。本葉が2~4枚になったらポット苗に移植か定植します。ジメジメとした土を嫌うので、お水は乾いたらたっぷりとあげるようにして管理します。

植え付け

本葉が10枚くらいになったら、上から2節目の部分をハサミで切ります(摘芯)。
そこから脇芽ができるので、丈の低い茎数の多い充実した苗にする効果があります。

剪定・切り戻し

夏の切り戻し
暑すぎると生育がと止まるので半分の草丈に戻しておくと秋にまた花が咲きます。花が大きい品種は梅雨時に水を吸い過ぎて花が重くなり上から折れてしまうことがあります。そうなる前に花を摘んでおいたほうが無難です。

植え替え・鉢替え

1年草のため植え替えの必要はありません。多年草のタイプは、鉢植えの場合は少しずつ大きな鉢に植え替えます。

4月~10月に開花します。枯れた花をそのままにしておくと、花が雨で濡れた時に腐ってしまったり、種ができて栄養が次の花にいかなくなります。枯れた花はこまめにカットしましょう

収穫

花が咲いたら切り花としても楽しめます。

夏越し

夏の切り戻し
夏の猛暑で花数が減少したり、咲かなくなることがあります。そんな時は一度草丈を半分くらいにばっさり切り戻しましょう。秋に再び美しい花を咲かせてくれます。

冬越し

1年草タイプは、冬越しは必要がありません。多年草タイプは、地際でカットします。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

種か挿し芽で増やすことができます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング