家庭菜園特集

9月14日の誕生花|マルメロ(西洋カリン)

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

gi_logo_grey

9月14日の誕生花は「マルメロ(西洋カリン)」です。「マルメロ(西洋カリン)」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

9月14日の誕生花

9月14日の誕生花は「マルメロ(西洋カリン)」。

マルメロ(西洋カリン)」の花言葉は「幸福」「魅惑」。

 

マルメロ(西洋カリン)について

科・属  バラ科・マルメロ属
和名  西洋かりん
英名  marmelo
学名  Cydonia oblonga
原産地  イラン
開花期  4月~5月

 

マルメロ(西洋カリン)の特徴

マルメロ(西洋カリン)はバラ科の植物で、春先に白やピンク色の可愛らしい花を咲かせます。

ポルトガル語の「マルメレイロ」が変化して「マルメロ」とつけられたようです。カリンに似た実がつくことから西洋カリンとも呼ばれています。カリンとは別属の植物になりますが、果実酒として使えたり、香りが良いことからカリンとの共通点も多いといわれています。

マルメロ(西洋カリン)の育て方など詳しい情報はこちら

マルメロ

  • マルメロは、バラ科マルメロ属の落葉低木です。カリンやボケと混同されますが、同じバラ科の別属です。セイヨウカリンと呼ばれることもあるようですが、セイヨウカリンもまたバラ科の別属です。日本の一部では、マルメロのことをカリンと呼ぶ地域もありますので、余計に混同されがちですが、マルメロとカリンは別属になります。

    マルメロとカリンの見分け方は、マルメロは葉が卵型で葉の縁もなめらかであるのに対し、カリンは葉の縁がギザギザとしています。マルメロの花は白から淡いピンク色ですが、カリンの花は濃いピンク色をしています。マルメロの果実は表面にうっすらと産毛が生えており、食用にする際は洗い流す必要があります。カリンの果実は無毛です。

    カリンの果実は非常に硬く、食用にはなりません。主に果実酒などとして利用されます。マルメロの果実は柔らかく甘みも強いので、ジャムやお菓子として食用にされています。

    マルメロは冬に落葉しますが耐寒性が強く、樹高も3m程度と管理しやすい上に、香りの良い可愛らしい花を咲かせるので庭木としても人気の樹木です。

関連ワード

「9月14日の誕生花|マルメロ(西洋カリン)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ