秋の花23選~季節の花散歩・秋編

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

秋の花23選!秋は初夏から咲き続けている草花が返り咲いたり、日ごとに美しく変化する紅葉など、植物の見ごろがいっぱいの季節です。お散歩にもうってつけの秋、季節ならではの表情を見せてくれる秋の花を探しにお出かけしてみませんか?

秋の花23選目次

秋桜(コスモス

秋桜(コスモス)  漢字で書くと秋の桜と記されるキク科の一年草のコスモス。最近はピンク系濃淡の他、黄色、サーモンピンク、白、など色合いがとても豊富な草花になりました。色の他、咲き方も一般的な咲き方の他、八重咲き、ストロー咲きなど、続々と新品種の秋桜(コスモス)が登場しています。

秋桜(コスモス)

漢字で書くと秋の桜と記されるキク科の一年草のコスモス。最近はピンク系濃淡の他、黄色、サーモンピンク、白、など色合いがとても豊富な草花になりました。色の他、咲き方も一般的な咲き方の他、八重咲き、ストロー咲きなど、続々と新品種の秋桜(コスモス)が登場しています。

▼秋桜(コスモス)は種からも簡単に育てることができます。

キバナコスモス

キバナコスモス  キバナコスモスは、キク科の一年草、メキシコ原産で暑さに強い花。秋のガーデンにはとてもよく植栽されている花です。  キバナコスモスは、コスモス属でコスモスの仲間ですが、葉の形状や花色など、コスモスとは違う植物です。コスモスより草丈が低めで、花の開花時期もコスモスよりは少し早い6月頃から秋までの開花です。もともとのオリジナルの花の色は、花の名前に使われている黄色でしたが、今では赤やオレンジなど種類が豊富になりました。一株でたくさん花がつく多花性で、セミダブルの花で華やかな雰囲気。コスモスより標高の低い地域に自生する草花のため、暑さに強いのが特徴です。性質が強くこぼれ種でも増えるので、環境に合えば毎年開花します。

キバナコスモス

キバナコスモスは、キク科の一年草、メキシコ原産で暑さに強い花。秋のガーデンにはとてもよく植栽されている花です。

キバナコスモスは、コスモス属でコスモスの仲間ですが、葉の形状や花色など、コスモスとは違う植物です。コスモスより草丈が低めで、花の開花時期もコスモスよりは少し早い6月頃から秋までの開花です。もともとのオリジナルの花の色は、花の名前に使われている黄色でしたが、今では赤やオレンジなど種類が豊富になりました。一株でたくさん花がつく多花性で、セミダブルの花で華やかな雰囲気。コスモスより標高の低い地域に自生する草花のため、暑さに強いのが特徴です。性質が強くこぼれ種でも増えるので、環境に合えば毎年開花します。

チョコレートコスモス

チョコレートコスモス  チョコレート色の花がシックで人気のキク科の多年草。花を触ると、ほんのりとチョコレートの香りがします。開花期間は5月~11月くらいと秋遅くまで咲く花です。鉢ものの他、切り花としても流通しています。

チョコレートコスモス

チョコレート色の花がシックで人気のキク科の多年草。花を触ると、ほんのりとチョコレートの香りがします。開花期間は5月~11月くらいと秋遅くまで咲く花です。鉢ものの他、切り花としても流通しています。

 

チョコレートコスモス・ノエルルージュ  チョコレートコスモスの欠点の夏の暑さに弱いこと、うどん粉病に弱いことを改善した新品種、「ノエルルージュ」(フランス語でクリスマスの赤)。チョコレートコスモスとキバナコスモスの交配によってできたルージュ色のチョコレートコスモスです。

チョコレートコスモス・ノエルルージュ

チョコレートコスモスの欠点の夏の暑さに弱いこと、うどん粉病に弱いことを改善した新品種、「ノエルルージュ」(フランス語でクリスマスの赤)。チョコレートコスモスとキバナコスモスの交配によってできたルージュ色のチョコレートコスモスです。

秋明菊(シュウメイギク

秋明菊(シュウメイギク)  秋明菊(シュウメイギク)は漢字で書くと「秋明菊」となり、菊に似た白やピンクの花を咲かせる宿根草です。キンポウゲ科の宿根草で、花の形はアネモネに似ています。英名ではJapanese anemoneと呼ばれています。  秋明菊(シュウメイギク)は「貴船菊」、「秋牡丹」などの別名でも呼ばれ、背丈もあるので見栄えがすることから、秋のボーダーガーデンには欠かせない植物となっています。ちなみに秋明菊(シュウメイギク)の花はがくが花びら化したもので実際には花びらはありません。

秋明菊(シュウメイギク)

秋明菊(シュウメイギク)は漢字で書くと「秋明菊」となり、菊に似た白やピンクの花を咲かせる秋の宿根草です。キンポウゲ科の宿根草で、花の形はアネモネに似ています。英名ではJapanese anemoneと呼ばれています。

秋明菊(シュウメイギク)は「貴船菊」、「秋牡丹」などの別名でも呼ばれ、背丈もあるので見栄えがすることから、秋のボーダーガーデンには欠かせない植物となっています。ちなみに秋明菊(シュウメイギク)の花はがくが花びら化したもので実際には花びらはありません。

 

秋明菊(シュウメイギク)は最近は苗ものの他、切り花としても流通しています。品種は白、ピンクの他、濃いピンクもあります。咲き方も八重咲き種など、新品種も次々と登場しています。

秋明菊(シュウメイギク)は最近は苗ものの他、切り花としても流通しています。品種は白、ピンクの他、濃いピンクもあります。咲き方も八重咲き種など、新品種も次々と登場しています。

シュウメイギク(秋明菊)

  • シュウメイギクは漢字で書くと「秋明菊」となり、菊に似た白やピンクの花を咲かせる宿根草です。キンポウゲ科の植物で、花の形はアネモネに似ています。

    シュウメイギクは「貴船菊」、「秋牡丹」などの別名でも呼ばれ、欧米ではボーダーガーデンや日本風のガーデンには欠かせない植物となっています。英名や学名も日本の植物のように表記されていますが、実は中国が原産となる帰化植物で、野山に多く自生しています。

    シュウメイギク(秋明菊)は一枝でも見栄えが大変良いため、華道の素材としてや秋の茶花としても大変喜ばれます。シュウメイギク(秋明菊)の花はがくが花弁化したもので実際には花弁はありません。最近では八重咲のものや矮性のシュウメイギク(秋明菊)もあります。

キク

ガーデンマム(洋菊)  日本の秋の花の代表と言えば菊。現在では和菊から洋菊まで品種がとてもたくさんある花です。菊は生花としては通年出回る花ですが、本来は秋の花。「ポットマム」、「ガーデンマム」は菊の園芸品種。最近は寄せ植えに使いやすい菊も多数あり、秋の寄せ植え、花壇にとてもよく使われています。

ガーデンマム(洋菊)

日本の秋の花の代表と言えば菊。現在では和菊から洋菊まで品種がとてもたくさんある花です。菊は生花としては通年出回る花ですが、本来は秋の花。「ポットマム」、「ガーデンマム」は菊の園芸品種。最近は寄せ植えに使いやすい菊も多数あり、秋の寄せ植え、花壇にとてもよく使われています。

菊の節句、重陽の節句についてはこちらをご覧ください。

ホトトギス

ホトトギス  ホトトギスは晩夏から秋に咲くユリ科の多年草。花の斑点がホトトギスの羽毛の模様に似ているため、ホトトギスという鳥の名前が付いたそうですが、種類によっては模様のないものもあります。楚々とした風情のある咲き方が人気の秋の山野草です。

ホトトギス

ホトトギスは晩夏から秋に咲くユリ科の多年草。花の斑点がホトトギスの羽毛の模様に似ているため、ホトトギスという鳥の名前が付いたそうですが、種類によっては模様のないものもあります。楚々とした風情のある咲き方が人気の秋の山野草です。

孔雀草(クジャクソウ)

孔雀草(クジャクソウ)  孔雀草(クジャクソウ)は、別名クジャクアスター、宿根アスターとも呼ばれ、種類(品種)がとても多いキク科の多年草です。開花期は夏から11月頃くらいまで。花丈も種類によって様々ですが、小さい花ながら一株からたくさんの花が咲くので、秋の庭でとても目を引きます。

孔雀草(クジャクソウ)

孔雀草(クジャクソウ)は、別名クジャクアスター、宿根アスターとも呼ばれ、種類(品種)がとても多いキク科の多年草です。開花期は夏から11月頃くらいまで。花丈も種類によって様々ですが、小さい花ながら一株からたくさんの花が咲くので、秋の庭でとても目を引きます。

目次に戻る≫

 

 

\まだまだ続きます!/

続きを読む

Pages: 1 2 3
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「秋の花23選~季節の花散歩・秋編」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

『花』デイリーアクセスランキング

おすすめ