12月12日の誕生花|シャコバサボテン

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

12月12日の誕生花は「シャコバサボテン」です。「シャコバサボテン」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

12月12日の誕生花

12月12日の誕生花は「シャコバサボテン」。

「シャコバサボテン」の花言葉は「美しい眺め」「ひとときの美」。

 

シャコバサボテンについて

科・属  サボテン科・スクルンベルゲラ属
和名  シャコバサボテン
英名  Christmas Cactus
学名  Schlumbergera
原産地  ブラジル
開花期  11月~2月

 

シャコバサボテンの特徴

シャコバサボテンは平たくやや厚みがあり、縁にギザギザのある葉が連なった姿をしている植物。クリスマスカクタスやデンマークカクタスという別名もあります。シャコバサボテンの花期は種類によって異なりますが秋~冬頃が多く、育てやすい植物です。

 

シャコバサボテンの種類

シャコバサボテンは種類によって花色が異なり、白、ピンク、赤、オレンジなど様々です。

 

▼シャコバサボテンの詳しい育て方はこちら

シャコバサボテン

  • シャコバサボテンは平たく、やや厚みがあり、縁がギザギザした葉が連なった姿をしている非耐寒性植物です。幾重にも連なった葉茎の先に、透明感のある反り返った美しい花を咲かせます。花色は赤、白、ピンク、オレンジ、黄色、複色などがあります。 シャコバサボテンは寒さに弱いので基本的に鉢植えで育て、室内の明るい窓辺で管理しましょう。春に屋外でたっぷり日に当てるとしっかりした株に育ちます。真夏の直射日光が厳しい時期には風通しの良い明るい半日陰くらいが好ましいです。涼しくなってきたら必ず室内に取り込み、再び日の当たる窓辺で管理すると状態良く育ちます。 和名の蝦蛄葉仙人掌(シャコバサボテン)は、その茎節の姿が海に生息する蝦蛄に似ていることからつけられたと言われています。 英名のChristmas Cactusは、シャコバサボテンがクリスマス頃に咲き、その姿がカクタス(サボテン)に似ていることが由来となっています。 学名のSchlunbergeraは、フランスの園芸家シュルムベルガーさんの名前にちなみます。 シャコバサボテンの花言葉「美しい眺め」「ひとときの美」は、開花するまではあまりぱっとしないけれど咲くととても美しく、才能が開花した時の素晴らしさをイメージしてつけられたと言われています。

▼シャコバサボテンの関連記事はこちら

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「12月12日の誕生花|シャコバサボテン」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【数量限定・送料無料】"世界で1つだけの苔玉” みんなで作ろう!ストアオリジナル・初めての苔玉DIYキット(ポトス・グローバルグリーン)【10/29発送】

販売価格:3,850円(税込)

【事前予約・11月上旬発送】チューリップ 球根 スラワ 5球入り

販売価格:660円(税込)

【限定販売・10/27〆切】寒さに強く・長く咲く!フリル咲きビオラ「ミルフル 3苗」栽培セット(鉢・土・鉢底石付き)

販売価格:1,980円(税込)

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A