ホオズキ(鬼灯)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

ホオズキ(鬼灯)夏に赤い提灯のような実をつけるナス科ホオズキ属の多年草。ホオズキ(鬼灯)の花言葉と種類についてご紹介。

 

ホオズキ(鬼灯)の花言葉

「ホオズキ(鬼灯)」の花言葉は「自然美」「心の平安」。

 

ホオズキ(鬼灯)について

科・属 ナス科 ・ホオズキ属
和名  鬼灯
英名  Chinese lantern plant
学名  Physalis alkekengi
原産地  東アジア
開花期  6月~7月

 

ホオズキ(鬼灯)の特徴

ホオズキ(鬼灯、酸漿)は、ナス科ホオズキ属の多年草で、草丈は60cmから80cm位になります。初夏から夏にかけて優しいクリーム色の小さな花が咲きます。ホオズキ(鬼灯)の特徴的な提灯のように見えるオレンジ色の袋の中には、丸い赤い実が一つ入っていて、お盆頃に赤色になっていきます。萼(がく)が大きく発達して、提灯のような形になるようです。この提灯のような袋の中にある赤い実の中には、多くの種子が入っています。

 

ホオズキ(鬼灯)の種類

ホオズキ(鬼灯)は観賞用となるホオズキと食用となるホオズキの2種類に大きく分けられます。観賞用ホオズキは実を包む袋も実もきれいな赤・濃いオレンジ色というイメージがあると思いますが、食用のホオズキは黄色い実です。実が完熟するまで育てるので、まわりの袋は枯れたように退色していうものが一般的です。

▼ホオズキ(鬼灯)の育て方など詳しい情報はこちら

ほおずき(鬼灯・ホオズキ)

  • ナス科ホオズキ属の一年草で原産地では乾燥した草原や荒れ地にも生育しています。葉にはやわらかい毛が生え、花は淡い黄色で内側に黒い模様があります。4~5cmほどのホオズキの形の袋の中に、ミニトマトのような2~3cmの丸い実がはいっています。甘酸っぱい味と柔らかい食感から別名ストロベリートマトやオレンジチェリーと呼ばれています。ヨーロッパ、特にフランスやイタリアでは盛んに栽培されポピュラーな食材としてデザートや料理の付け合わせとして使われています。日本でも秋田県の上小阿仁村や山形県の上山市などで特産品としての食用ほおずきの栽培に力を入れています。

▼ホオズキ(鬼灯)の関連記事

 

▼関連ワード

「ホオズキ(鬼灯)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

おすすめ